新型CBシリーズ

ホンダ も排 ガス 規制の影響で
一気に車種が減った訳ですが
しかし徐々に減った分が補われ
徐々に ラインナップ が回復して来ています。

先日も CB1000R/250R/125R
の 3 車種追加されました。
この 3 車種は 1 年近く前に タイ で発表された物で
現地では 125R が 150R になってるくらいで
基本的に現地で販売されている モデル と同じだと言われています。

どの メーカー も国内だけでは採算が厳しく
グローバルモデル が多くなっていて
排 ガス や騒音規制もそれに順じた物となっている様です。
また バイク の場合 ハンドル に左右は関係ないので
規制さえ クリア 出来れば グローバル 展開は容易な気がします。

P1180055

南紀白浜空港

本州最南端にある南紀白浜空港は
1968 年に開港し 50 周年を迎えました。

現 ターミナル は 1996 年に完成し
2000 年には滑走路を 2000m に延長するなど
着実に進化しているものの
定期便は 1 日 3 便と言う地方空港ならではの
お寒い状況となっています。

私が空港を訪れた時も
私しか客は客はおらず貸し切り状態だった訳ですが
しかし流石は日本の空港だけあって
レストラン は開いており注文すれば
ちゃんと料理が運ばれて来ました。

南紀白浜空港

南紀白浜空港南紀白浜空港南紀白浜空港


サニー

サニー なんて懐かしいですね。
かつては カローラ / ファミリア / サニー / ジェミニ などがあって
当時のまま今でも残ってるのは カローラ くらいですね。
そもそも いすゞ なんて乗用車部門から撤退しましたし・・・。

サニー は台湾では セントラ で販売されてたようで
5 代目までは現地で生産もしていたそうです。

最終的に 9 代目まで モデル を重ね
海外向けも含めて 2006 年の生産終了で サニー は消滅しました。
近所の オバサン が 7 代目と 9 代目を乗り継いでいていたのが
今でも記憶に残っています。

DSC_7149

奮起湖弁当

電車の旅の楽しみの 1 つに
現地で御当地の弁当を食べるのがありますが
それは台湾でも同じで嘉義県の奮起湖まで行ったら
奮起湖大飯店で売られている奮起湖弁当を食べるのが
台湾観光の王道とも言えます。

しかし奮起湖へ行くのは
それが目的でないと アクセス が大変なので
ついでに寄る・・・と言うのは難しいと思います。

でも奮起湖大飯店と コラボ した弁当が
駅の売店で売られています。
基本的に本家と同じ内容の弁当で味付などは
本当に美味しいんですけど売店で販売する上で
どうしても作ってから時間が経っていて
ご飯に具材の油がしみて柔らかくなっているのが残念でした。

しかし
この弁当を食べたからこそ
本家の方を食べたいと言う欲が出て来たので
また 1 つ台湾へ出掛ける口実が出来ました(笑)

奮起湖弁当

奮起湖弁当奮起湖弁当

田原本線100周年

田原本線が開業して
今年で 100 周年を迎えるそうです。
それを記念して 4月1日 から
820 系を イメージ した特別塗装の車両が
運行されています。

現在は 3両1編成 での運行ですが
7 月には更に 1 編成加わる予定でしかも塗装が異なるそうなので
調査に出掛けるきっかけが出来ました。

所で 100 周年の事を知る前にちらっと車両を見たことがあって
マルーンレッド に シルバー の ライン と言えば
今でも運行されている鮮魚列車があるので
田原本線に鮮魚列車?と違和感を感じていました。

DSC_7519


奈良基地

今年も 4月8日 に奈良基地の一般開放が行われ
例年この開放は基地内の桜が メイン なんですが
今年は流石に葉桜となっていました。

ほぼ毎年来てるとは言う物の
食堂で食事を摂った事が無かったので
今年は カレー を食べてみました。
残念ながら ミリ飯 では無く普通の カレー でしたが
ご飯が強めで私好みでした。

また 6月 にも開放があって
こっちは基地祭なので奥の グラウンド まで行けるので
行けたら行こうと思います。

奈良基地


鵝鑾鼻

"ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE" は
台北駅→鵝鑾鼻 を路線 バス で目指すと言う内容で
確か高鉄左営から路線 バス に乗ったと思います。

鵝鑾鼻は墾丁国家公園の一部で
航海の難所である事から鵝鑾鼻が設置されています。
また軍事的要所でもあり最近も
先の バシー 海峡を中国海軍の空母が通過するなど
注目が集まっている地域です。

所でこの バス の系統を調べてみると
路線 バス のようで終点の鵝鑾鼻まで行くのに
100 以上の バス 停に停車するみたいです。
停まってたのが 20 時頃だったので
この時間帯からだと終点に着くのは・・・明け方くらいですかね(笑)

DSC_7095

空港線

話が前後するんですけど
桃園空港→台北駅 は バス を利用して
台北駅→空桃園港 は地下鉄の空港線を利用しました。
前回利用したのは新幹線の 桃園駅→桃園空港 までなので
台北から利用するのは今回が初めてです。

台北駅→桃園空港 は
急行に相当する直達車は約 40 分で
普通に相当する普通車は約 50 分です。
これは逆でも同じで
それに 15 分間隔で交互に運転されているので
来たのに乗れば大丈夫だと思います。

空港線が出来る前は バス を利用するのが一般的でしたが
しかし空港から バス を利用する場合
経路がいろいろあるので
地下鉄で台北駅まで向かうのが楽な選択だと思います。

DSC_2826


新型モンキー

排 ガス 規制の問題もあり
倍以上の 125cc となって復活する モンキー は
一部で 7 月には販売が始まると言われています。

大きくなった事に批判も出ていますが
しかし跨った感覚では 50cc の頃より乗車姿勢が楽で
排気量 アップ した事も含めて
お尻が慣れてくれば
そこそこの遠出も出来そうな感じがします。

125cc 化で キャストホール や ディスクブレーキ など
豪華装備が搭載されましたが
しかし海外での販売を視野に入れると
価格を抑えつつも利益が見込めるんでしょうね。

モンキー


500系エヴァ

JR 西日本が500系エヴァ の運行を
5月13日で終了する事を発表しました。
2015 年の運行開始当初から見に行こうと思いつつ
結局運行終了間際になってしまった訳ですが
でも見られて良かったです。

次は ハローキティ になるそうで
HP で デザイン 案などが公開されています。

しかし エヴァ の運行最終日は日曜日なので
ホーム は ギャラリー で一杯になるでしょうね。

500系


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ