新型特急

近鉄が 2020 年春に新型特急車両を
難波―名古屋 間に投入する事を発表しました。

新型は赤を基調とした外装に
車内は "しまかぜ" と同様の ハイデッカー 構造で
戦闘車両は全面展望を取り入れるなど
今流行りの車両となっています。
製造は近畿車両が担当し
14 編成 72 両製造する予定となっています。

会見では アーバンライナー が降格になる事も発表されており
そうなると汎用特急の 12233F 系などが
順次廃車になると言う事なんでしょうね。
しかし アーバンライナー には
アーバンライナーnext が 2 編成 12 両あり
こっちは降格にならずに維持されるんでしょうね。

キ

針テラス

旅行口 コミサイト の トリップアドバイザー が実施した
"旅好きが選ぶ!道の駅ランキング 2017" で
針テラス が 29 位に選ばれました。

針テラス は ツーリングライダー の中継地や
集合場所としても人気の場所で
全国にある道の駅の数を考えると
ベスト30 に入れたと言うのは
ライダー 票の影響もあったんでしょうね〜。

ちなみに近畿の最高位は
兵庫県にある 道の駅あわじ の 7 位でした。

針テラス


大阪港第三突堤第七岸壁 ( ナナガン )

撮影 スポット として有名な大阪港第三突堤第七岸壁
通称 ナナガン が閉鎖になると言う ツイート を見たので
急遽出掛けて来ました。

何度か画像は見た事があるんですが
いざ出掛けてみると思いの外狭い範囲だったのと
ギャラリー が多かったのとで
撮れる絵と言うのは限られていました。

しかし景観が良くて
一般人が車や バイク で乗入出来る岸壁は限られるので
閉鎖にと言うのは非常に残念ですね・・・。

CX-3

DD51756

国鉄時代の ディーゼル 機関車 DD51 は
1962年〜1978年の間に 649 両製造されました。

しかし最終型でも製造から 40 年く経ち
新型機関車の DF200 なども登場していますが
残念ながら置き換えが進んでおらず
DD51 の更新工事を実施して当面は継続使用する事になっています。

この京都鉄道博物館の DD51756 は
1972 年に日立製作所製で製造された 700 番台で
JR 貨物から譲渡された車両です。

DSC_6219


LEDバルブ

CX-3 の カスタム の一環で
ナンバー 灯の LEDバルブ は
カーメイト の製品を使用しています。

約 1 年近く使用していますが
特に問題無く使えています。

6700K とかなり白いですが
ナンバー を照らすだけなので
まあ雨に溶けた所で問題無いですね。
今でも・・・量販店で手に入ると思います。

KIMG0353KIMG0354

Gクラス

登場以来 40 年近く
フルモデルチェンジ しなかった Gクラス が
遂に フルモデルチェンジ するそうです。

新型は 1月15日 から開幕する
デトロイトショー で発表される予定で
既に偽装された画像や
予想 CG が出回っています。

しかしどれを見ても
基本的に大きな変更は無いようで
角ばった無骨な デザイン は キープコンセプトなようです。
確かに NATO へ納めている都合上
大きく変えてしまうと
パーツ や整備に問題が起こるんでしょうね。

20180106-10281146-carview-003-2-view

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館が開館して約 2 年になるそうですが
以前の梅小路蒸気機関車館の頃に出掛けているので
なかなか足が向かず
やっと出掛けたと言う感じです。

梅小路の頃とは言っても
過去の記事を見ると 2010年7月4日 になっているので
もう 7 年も前になり何だか悲しくなりました。

機関車などの動体展示は
梅小路の頃と変わらず屋内の展示の リニューアル が
メイン と言う感じがしました。
屋内は 500 系など新幹線の展示は
どこでにもあって目新しさは感じなかった反面
ディーゼル 機関車の展示はここだけだと思うので
運転台と一緒に見ると一層臨場感が味わえます。

ちなみに私はの石北本線の動画で予習してから出掛けました(笑)

DSC_6238


謹賀新年

今年は正月の奈良の様子から スタート です

今年も月間 15 回くらいの更新を目標に
続けて行こうと思います。

今年のまとめ

終盤は セーブ したんですが
年間で見ると昨年同様に出掛けましたね〜

来年も前半の予定が入り始めているので
今年と変らないくらい出掛けそうな予感がします。

こう言う生活を 5 年くらい続けていると
出掛けるのが普通になっていて
逆に 1 日家にいると罪悪感を感じてしまいます。


323系

大阪環状線 リニューアル の一環で
2016 年から導入が始まった 323 系は
2018 年までに 168 両が納入される予定となっています。

車両の製造は
近畿車両と川崎重工が担当し
近畿車両の車両から納入が始まりました。
2017 年現在大阪環状線のみの運用で
大和路線などへは入っていません。

今後更に導入が進めば
大和路線直通の区間快速での運用も始まるでしょうね。

20171214_大正駅
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ