ネタ帳5

「毎日ブログを更新して
ネタは どうしているのか?」
気になっている方もいらっしゃると思います。

正直、厳しい日もあります。
しかし、カテゴリーで細かく分けることによってコントロールしています。
何かなしに毎日書き込んでいるようですが
一応、レギュラーカテゴリがあり
あとは、準レギュラーとスポットになっています。

ちなみに
レギュラーは 「雑談」 「川島あい」
準レギュラーは「技術」 「スポーツ」 「月末的回想」
スポットは 「車」 「画像展覧」 「社会」

こんな感じですかね。
書き込み回数ではなく
ネタのストックが多いのがレギュラーになっています。

まあ、ストックが多いとは言っても
更新画面を開くまで、何を書く決まっていないことの方が多いのですが・・・
しかも、書き上げてからカテゴリを選んでいるので重症です(笑)
書く前に「これを書く!」と、決めてしまうと案外書けないもので
以前は、それが原因で長期休止状態になっていました。

サンキュー!(初回生産限定盤)


明日を信じて・・・

花冠5

カローラが販売40周年を迎えたそうです。
世界生産台数3045万台。
いや〜凄いですね。

しかも、40年のうち33年間は国内販売代数1位であるから
その偉大さがわかると思います。

しかし、それは4車種の総合であり
02年に、トップを明渡したフィットは、単独でカローラを抜きました。
当時、僕は「歴史が変わった瞬間か!」と、思いましたが
翌年から再び、カローラがトップになっています。
まあ自社登録など、実体はどうなのかわかりませんが
結局のところ、カローラシリーズは日本の道路事情に合っているでしょうね。
大きすぎず、小さすぎず・・・。
フィットでは、もう少しのところがカローラにはあると思います。
例えば

・全体のクオリティ
・走行安定性
・デザイン
・20〜50代、それ以上まで乗れる(セダン・ワゴン・ハッチなどのバリエーション)
・価格

この条件をフィットで満たすには少々厳しいはずです。
ターゲットやジャンルが違うと言えばそれまでですが(笑)

そう言えば、我が家の前の車もカローラ(ワゴン)でした。
モデルで言うと7代目です。
ちょうどこの頃から、トヨタ車のクオリティが大幅にアップしたようで
デザインやキャビンは、なかなかのものでした。
エンジンも、11年12万キロ走破しましたが
一度も故障することなく調子が良かったです。

しかし、流石に11年も乗るとガタが出始め
最後は、パワーステアリングのオイル漏れで廃車に・・・。

カローラと同年代の車がどんどん廃盤になっていくなか
10代目となるモデルも「カローラ」と付けられるそうです。
廃盤になったモデルの為にも
一日でも長くトヨタの顔であってもらいたいと思います。

[トヨタはいかにして「最強の車」(カローラ)をつくったか]
これは、僕も読みました・・・。



カローラ物語―ベストセラーカー2000万台の軌跡

期待の新人5

最近話題になっている航空会社
「STAR FLYER」

一度は、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかと思います。
黒い機体に、機内は全て本革シートで
通常より座席数を減らし座席感覚が広い機内。
その他詳しいことはHPへ。

それよりも、使っている機材が面白い。
エアバスのA320で
画期的なフライ・バイ・ワイヤーを採用している超ハイテク機です。

フライ・・・?

本来
操縦桿やスロットルは
ワイヤーや油圧ラインで
直接フラップやエンジンと結ばれています。

しかしこのシステムでは、操縦桿などの操作を
いったん電気信号に変換して、信号線を通じてフラップに伝えています。
基本的に油圧なんですが、それまでを信号線にすることで
軽量化と整備簡単化に貢献しています。

この他にも、従来より操縦系統の自由度がたかまったり
2名運行や誤操作を防止することにも貢献しているそうです。
しかし、コンピュータの介入が多くなった分、パイロットの認識不足や
整備に従来機より高度な技術が必要など、デメリットもあります。

ある雑誌で、整備に携わっている方のインタビューが載っていました。
      (スターフライヤー)

「作業着を着て スパナを持ち出さないといけない緊急整備が発生したら
 この機は 飛ばないのと同じです」

つまり、機材が新しく完成系に近いだけに
定期メンテナンスだけをしていればほとんどメンテフリーだとか。
まあ、コンピュータから故障診断が出されて
それを的確に対処出来ればのはなしですが・・・。

それより、「フライ・バイ・ワイヤー」。
電気信号に変換する時点で、僕がやっている電子工学系の臭いがします(笑)
広義では、そうだと信じています。
こうして考えて見ると、奥が深いですね〜
深く行き過ぎると、戻って来れないかも?(笑)

スター.

チン.チン5

身近にあるのに全然知りませんでした。
意外にも本数が多く
こうして撮っている間にも
数本、出発していきました。
場所は、だいたい画像を見たら想像できると思います。

ヒント:右端にかすかに見える鉄塔は・・・!

路面

ノラ5

最近、近所の野良猫が増えたような気がします。
中には、小型犬より大きな奴も・・・。

外をうろついているならまだしも
庭に堂々と入ってきて、あろうことか昼寝をする始末。
画像を見る限りでは、家の猫のようですが
奴は、野良猫です。
種類としては、シャムみたいで、良い猫のようですが・・・。

何でも、この場所がお気に入りらしく、毎日やってくるみたいです。
朝のうちは左端
昼下がりは右端。
基本的に平和主義者なので、叩き出したりしませんが
家によっては、捕まえられて三味線業者に売られるかも(笑)

シャム

告知5

あまりネガティブなことは、ここでは書きたくないので
葬式ネタは、昨日までにします。

さて
「見えない翼」に続いて
来月の24日にアルバム「サンキュー」が発売されます。
「サンキュー」、堀内孝雄みたいですね(笑)

なんと初回には、復刻版のアルバムが付いてきます。
確か・・・当時、取り敢えず19枚だけ作って売った幻のCDみたいで
アッと言う間に完売したらしいです。

まあ、この他にも様々な武勇伝がありますが
初回版は、また、予約買いですね(笑)
しかし、値段が少々高い・・・。
趣味や嗜好品は金が掛かるものなので
仕方無いのかも・・・。

詳しくはこちらへ

帆船模型製作技法

葬祭

昨夜からお通夜です。
しかし、これから寝ます。

80歳を超えた祖母の通夜でも、物悲しいものがありますが
若い人の通夜ほどではありませんね。
普段、会わない親戚がやってきて、終始お別れ会のような雰囲気でした。

今日は、告別式です。
みんなで見送りに行こうと思います。
本人は居なくなっても
僕たちの心の中には、永遠に生き続けているので
案外、それが一番大切なことなんでしょうね。

所で、昨日と今日は、学校は慶弔扱いになるのですが
アルバイト先には、連絡したものの上手く伝わっておらず
何やら大変なことになっていたようです。
今日、合間を見付けてちょっと顔を出してきます。
2回も電話をして、行けないと伝えたんですが・・・。







真空管に萌え5

いや〜凄いですね〜
これ、真空管アンプです。
キットやメーカー品しか見たことが無かったので、衝撃が走りました。

本当のマニアになると、既製品では満足出来ずに自作すると聞いていましたが
それは、本当だった様です。
まあ、工業科の教諭が作ったものなので
実習教材も兼ねていると思うのですが
とてもそうには見えませんでした(笑)

スピーカーに耳を当てながら
教「う〜む」
バ「何やってるんですか?」
教「自作したアンプの定格出力の限界点を音で聞き分けている所だよ」
バ「音で解るんですね〜」
教「よし これならいける 忘れないうちに図面に起さないと」
バ「実習で使うんですか?」
教「・・・ん? まあ、使う場合もあるね」

95%、趣味に走っていると痛感した瞬間でした(笑)

この他にも、見た目はキットの既製品なんですが
中身が自作で、全くの別物だというのもありました。
そんな感じのアンプが結構な台数あったので
卒業式の日に、1台もらいに行こう思います(笑)

真空管

今日の円相場は5

株関連の雑誌コーナーに
「これからはFX」なんて見出しの本が並んでいました。

FX?
カローラFX?
FXneo?
・・・etc

FXが付く物はいろいろありますが
これは「外国為替保証金取引」のことです。
難しいように思いますが
ようは、1砲120円の時に円を買って125円の時に売ることです。

この取引の魅力として
24時間取引が出来て、動きが早い事や
10万円で100万円の取引ができるのも魅力です。
つまり、10万円を保証金にして100万円を借りるようなものです。
しかし、100万円分の取引をすると
円高になれば、すぐに10万円の保証金は無くなり
追証や取引停止になります。

雑誌によると
初心者から上級者まで簡単に利益が出そうなことが書かれていましたが
決してそんなことはありません。
むしろ株より難しい。

株なら下調べをして、分散投資をすることでリスクをある程度回避できますが
FXは、そんなことはできない。
それしかないのだから(証券会社によっても異なる)。

まあ100人いれば1人、わずかな利益が出るくらいでしょう。
勉強して出来るものではなく、センスの問題です。

だから皆さんも、安易にこんな物に手を出したりしないように
気を付けましょう。
うっかりすると、財産が・・・ってことも・・・。

今すぐ始めるFX―5人の個人投資家が明かす勝利のルール

戦友5

先日、友人から電話が掛かってきました。
かれこれ
1年半振りくらいだろうか・・・。

どうしているんだろうと思っていたが、あまり変わっていなかった。
まあ、メールで粗方しっていたが
それよりも、他の友人の近況がわかり、驚きました。
なんと、就職した会社で、食料品のバイヤーになると言っていた友人が
「お好み焼き屋」に転身していたとは・・・。
一体、何があったのか!?

「お好み焼き屋」が悪いわけではないが・・・。

それより、早速、ブログについて突っ込まれました。
F1関連の内容が悪いだの
暇人だの
生活が筒抜けだの
・・・etc

F1フリークの友人からすれば、内容は物足りないかも知れない。
一応、全体に向けているので、そこんとこは、理解して欲しい・・・。

しかし、こうやって反応を示してくれるのは嬉しいです。
読んでくれる人のためにも、独り善がりで書いてはいけませんね。

裏ハローワーク―就職情報誌に出てこない裏稼業の実態を知る


武士道
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ