右側面

えっ!先日修理終わったんじゃ無いの?

そうなんです。
せっかく元に戻った矢先
家の近所で右側面に車が ヒット しました。
今度は右側面全部です・・・。

概算の見積もりでは
修理に 50 万は掛かるそうで
Aピラー まで歪んでいると
60 万くらい行くそうです。

せめてもの救いは
今回も怪我をしなかった事と
事故割合が 1 割な事ですかね・・・。

デミオデミオ

御在所

御在所岳は ロープウェイ が整備されており
山頂公園駅まで 12 分で結んでいます。
開業は 1959 年で
三重交通傘下の御在所 ロープウエイ 株式会社が
運営を行っています。

山頂は スキー 場になっていて駅に リフト が併設されています。
この リフト は夏期でも運行されていて
駅から スキー 場側の頂上までを 8 分程度で結んでいます。

今回はこの山頂まで行かなかったのですが
しかし流石に 1000m を越えて来ると
普段 ジム で走っていても
少し動くと息切れすると言う情けない事になりました・・・。

DSC_3549

御在所御在所御在所



共同通信会館

共同通信の発行部数は約 1800 万部あり
読売や朝日の 3 倍の発行部数を誇っています。

しかし
あまり ピン と来ないのは
メディア に記事を提供する通信社なので
表立って新聞を発行している訳では無いからです。
地方紙になると
ほぼ全てが記事の提供を受けているそうです。

共同通信の前進は同盟通信で
戦後に解体されて現在に至る訳ですが
その本社があったのが
この共同通信会館です。
現在は オフィスビル として活用されており
1F には DHシアター が入っています。

共同通信会館

金魚電話ボックス

大和郡山は金魚の養殖で全国に知られており
金魚すくいの全国大会が開催されるなど
金魚を生かした地域の活性化を図っています。

そんな大和郡山には近鉄と JR の駅があり
その中間地点に "金魚電話ボックス" がります。
その名の通り電話 ボックス が水槽になっていて
そこで金魚が飼われています。

話は変わりますが CS に "魅惑のアクアリウム" と言う番組があって
この番組は ジュークボックス や冷蔵庫など
何でも水槽にして アクアリム を作る内容なんですが
しかし実際にそう言う アクアリウム が目の前にあると
何とも変な感じです。

これは実物を見た人にしか解らない感覚だと思います。

金魚電話ボックス


フェスティバルタワー

2013年4月 に開業した フェスティバルタワー (東地区)は
フェスティバルホール の跡地に建設された オフィスビル で
フェスティバルホール は 2~7F に入居しています。

あまり知られていないのですが
13F の スカイロビー は平日限定で一般に無料開放されており
そこから夜景を見る事もできます。

ここは柵が低く アクリル の ガード も無いので
撮影しやすい場所だと思います。

フェスティバルタワーフェスティバルタワー


1ヶ月点検

1 ヶ月点検で入庫したついでに
下回りを見せてもらったら
やはり エンジン 下部は カバー で覆われており
何の面白味も有りませんでした。

昔は オイル 交換くらいは自宅でしたものですが
ここまで カバー で覆われていると
車載 ジャッキ では片側だけ上げて点検口を探す必要があるので
ちょっと手間が掛かりますね・・・。

しかし オイル だけなら上抜きする ポンプ があるので
何とかなるものの フィルタ は上からは取れない構造なので
どうしても ジャッキアップ する必要があります。

また オイル を吸わせても
燃える ゴミ に出せない自治体もあるので
やはり量販店か ディーラー で交換するのが無難ですね。

CX-3CX-3

ヤナセ

ヤナセ は キャッチコピー として
"車は作らない・・・" を使用ていますが
1915 年の創業当初は トラック や バス を製造していました。

自動車の輸入事業を始めたのは 1919 年からで
胡蝶蘭の生産など多角化した時期もありましたが
現在は全て撤退し メイン の自動車の輸入車事業も
フォルクスワーゲン や アウディ などの輸入権を手放し
間近の販売台数に占める中古車の割合が 45% にも達しています。

先日の報道で伊藤忠の子会社になる事が発表されましたが
しかし 2003 年から伊藤忠の傘下で経営再建を行っていました。


LED化

最近は国産車でも純正採用が増えてきた LEDウインカー
まだ マツダ 車での採用は無いので
汎用品の LED を使って LED 化しました。

この フィリップス の製品は アクセラ の時も使っていて
光量や耐久性は電球並だったので
今回も使用しました。

納車整備の時に ディーラー で取付けてもらったので
特に取付け画像などはありません。

CX-3 LEDウインカー


オドメーター

早くも 1000Km を走破しました。

最近は慣らしの必要無いと言いつつ
5〜6 速や バックギア の入りが渋いので
もう少し走れば当たりが付いて渋さも解消されると思います。

こう言うのも MT ならではですね〜。

CX-3

ヘッドライトウォッシャー

4 駆 モデル は
標準で ヘッドライトウォッシャー が付いているのですが
私の 2 駆 モデル には オプション すら設定されていないので
ウォッシャー の カバー だけを取り寄せて
両面 テープ で貼り付けています。

純正 パーツ だけあって
バンパー の カーブ に フィット する反面
裏に ツメ が出ているのでそれを切る必要があります。

しかし樹脂製なので ニッパ で簡単に切れるので
切った後は ヤスリ で均しておけば大丈夫です。
ちなみに以前乗っていた オーリス
プリウス 用のを流用していました。

DSC_3438DSC_3271
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ