花蓮空港

花蓮空港は 1936 年に
花蓮港北飛行場として開港しました。
第二次大戦後は中華民国に接収され
中華民国空軍の基地となっていましたが
1962 年に軍民共用となり現在の ターミナル は
2004 年に完成しました。

しかし民間用 ターミナル も
あくまでも軍の敷地の一角にある感じで
屏の向こうでは戦闘機が エンジン を吹かしていました。

主に国内線が就航する第二種空港で
日本からも不定期の チャーター 便が就航しています。
太魯閣渓谷の最寄り空港として外国人の利用も多いそうですが
出掛けた時は定休日かと思うくらい閑散としていました・・・。

空港への アクセス は
花蓮駅から バス と タクシー があり
タクシー だと 15 分くらいで料金は 200 元です。
バス は・・・時刻表を見てもらえると
駅→空港 は停まる バス 停が多く 4〜50 分程度掛かる反面
空港→駅 は 15 分くらいです。
料金は 25 元くらいだったと思います。

花蓮空港

花蓮空港花蓮空港花蓮空港


普悠瑪号

普悠瑪号こと TEMU2000 型は
TEMU1000 型の後継として 2013 年に登場しました。
製造は日本車両が担当し 2015 年までに 152 両製造されました。

台鉄は普悠瑪号押しで
その上設備が良く速いので チケット も取り難くなっています。
せっかく出掛けるんだからと
花蓮→台北 は普悠瑪号を選んで取ったんですけど
何か ミス ったようで発行された チケット は太魯閣号でした・・・。

でも予定通り工程が消化出来たので良かったんですけど
こうなると次に訪台する理由が1 つ出来ましたね〜。

普悠瑪号

花蓮駅

カレン と言えば 1994〜98 年まで生産されていた・・・
ではなく花蓮県にある台湾鉄路の駅です。
旧花蓮港駅は 1910 年に開業しましたが
現在の花蓮駅は花蓮港駅廃駅後の 1979 年に開業しました。

北廻線の終点であり台東線の起点となり
北廻線は起点の蘇澳新駅から 79,2Km の地点に位置しています。

花蓮県は出掛ける 2 週間くらい前に大きな地震が発生し
高層 マンション が傾くなど
日本でも被害が報道されていましたが
実際に現地に行くと特に被害は感じられませんでした。

花蓮駅

花蓮駅花蓮駅花蓮駅


太魯閣号

太魯閣号こと太魯閣列車は
2007 年から導入されている車両で
日本で言う特急に相当します。
車両は日立製の TEMU1000 型で
振り子台車など JR九州の 885 系と共通となっています。

2016 年から エバ―航空×サンリオ×台鉄 の コラボ 企画で
ハローキティ の ラッピング 車両が運行されています。
元は エヴァ― 航空が始めた企画で
2008 年に一旦終了するも好評だった事から
2011 年に就航 20 周年を記念して
再び キティ などの サンリオ の キャラクター を塗装した
サンリオジェット を飛ばしています。

JR西 も 500 系を
キティ に ラッピング する企画を始めると発表して
デザイン 案を公表していますが
イメージ としては太魯閣号みたいな感じになるんでしょうね。

DSC_7275DSC_7260

台東駅

今回の訪台は在来線の
屏東線→南廻線→台東線→北廻線→宜蘭線
を巡るのが目的なので高雄から スタート しました。
正確には台北から スタート しているのですが
台北→左営 は新幹線で一気に南下したので省こうと思います。

高雄を出て最初の乗換駅として選んだのが台東駅で
台東駅は 1982 年に卑南駅として開設されました。
その後 1992 年の南廻線全通に伴い新台東駅へ改称となり
2001 年に台東駅となりました。

元の台東駅は市街地にありましたが
現在は市街地から外れた場所にあり
街を散策するには旧駅の方へ行く必要があります。
しかし徒歩で向かうには厳しく
それに次の電車まで 2 時間位だったので
今回は駅周辺を一回りしたあと
ベンチで駅弁を食べて引き上げました。

台東駅

台東駅台東駅DSC_7255


ベリータ

マーチ の ボレロ だと思ってら
フロントマスク や リア 周りの形状が
若干違うような気がしたので調べてみました。

そうすると
やはり ベース は K11マーチ で
なんでも台湾日産(裕隆日産汽車)が
2007 年まで生産していた ベリータ だそうです。
日本では現行型の K13 にも ボレロ がありましたが
ベリータ は K11 だけだったみたいです。

また ベリータ の他にも台湾日産が独自に開発した
マーチセダン もあったそうなので
次回出掛けた際には是非お目に掛かりたいと思います。

ベリータ

高雄駅

今年の高雄駅の様子です。
駅前にある美麗島駅を イメージ した カラフル な
バス 停の屋根が取り壊されていました。

駅舎は特に変わり無かったのですが
ホーム は 3〜6 番以外は線路も剥がされており
順調に新駅への移行が進んでいるいるようです。

予定では 2018 年末に
ホーム が地下へ完全移行する予定なので
地上の ホーム から乗車するのは今回が最後になりそうです。

高雄駅

高雄駅高雄駅高雄駅

高雄国際空港

高雄国際空港は 1942 年に
旧陸軍の "小港飛行場" として開港しました。
終戦後は中華民国空軍が接収され
1965 年から民間空港となりました。

台湾南部の空の玄関として
日本からも 3 社乗り入れている国際空港ですが
24 時間空港では無いので 22 時も過ぎると
3 階の チェックインカウンター は閉店し閑散としています。
また 3 階には国際線 ターミナル と国内線 ターミナル を繋ぐ通路に
展望台があり滑走路が見渡せるようになっています。
ただ営業時間が 06:30〜 21:00 なので
出掛けた時は既に閉まった後でした・・・。

市内への アクセス が良く
直結の地下鉄は乗り換え無しで新幹線が発着する
左営まで 40 分くらいで行く事が出来ます。

高雄国際空港


エミレーツ航空

UAE の 2大 フラッグキャリア と言えば
エミレーツ 航空と エティハド 航空です。
関西から中東へ行く場合
関空へ就航している エミレーツ を利用するのが
便利だと思います。

中東の航空会社と言えば豪華な内装の
最新機材をそろえて・・・と言う イメージ があり
実際 エミレーツ は A380-800 を
2017 年現在で 101 機保有しています。

エミレーツ の拠点は ドバイ 国際空港で
そこには A380 専用 コンコース があり
更に全長645m 全幅90m の巨大な ターミナル には
A380 が 20 機駐機出来るそうです。
しかし高価な A380 を
7〜8 で リタイヤ させるとか流石ですね〜。

エミレーツエミレーツ

アバルト124GT

現行型の NDロードスター も
海外では アフターパーツ の ハードトップ が
リリース されていますが
まだ日本には入って来ていません。

しかし先日の ジュネーブショー で
フィアット が ハードトップ を装着した
アバルト124GT を発表しました。
材質は カーボン で重量が 16Kg と
RF の メタルトップ 機構の 45Kg と比べると
30Kg 弱軽量となっています。

NDロードスター と 124GT は
基本的に ボディー の形状は同じなので
そのまま装着出来そうな気がするので
FRP 辺りで ロードスター の純正 オプション に加えて欲しいですね〜。

124GT_180301_002
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ