2006年05月

010101

CDのピックアップ
上から見る限りでは、一つのレーザー光に見えますが
実は、3本出ているのです。

元の半導体レーザーは、1本なんですが
それを屈折させて5〜7本に分散し
そのうちの3本を使います。

では、なぜ3本必要なのか?
3本のうち2本で溝を挟み、真中の1本で
データを読み取るからです。

ちなみに、屈折させる部分は、薄いレンズになっていて
単体で見ていると、とても綺麗に屈折させるようには見えませんでした。
しかし、このレンズのお陰で
半導体レーザー1個で
済んでいるわけです。

本体の裏側に、メーカー名が刻印されていました。
それは、「ペンタックス」です。
レンズ=カメラ
の繋がりでしょうか・・・。

画像が無いので残念ながらアップできません。
近いうちにアップできると思います。

レーザー基礎の基礎―レーザーとは何か?第1歩からやさしく

家のが一番

しばらく洗車をする時間が無かったので
今日、無理やり洗車しました。

その気になれば2時間強で出来ることに関心しながら
洗車後の艶にウットリ・・・。
少なくとも、今週一杯は天気が続くようなので
この綺麗さが続くでしょう。

週末にしても良かったんですが
何というか・・・
「今日に出来ることは、今日にしてしまう」
って奴ですね。

その後、買い物に出かけて
ちょうど同じ車種を駐車場で発見。
しかし、あまり手入れをしていないらしくお世辞にも綺麗ではなかったので
あえて、見える所へ駐車。(流石に、隣には駐車する勇気が無かったので(笑))
見比べると
ちょっとした優越感を味わいました。

パッソオーナーサイト




プロがこだわるクルマの手入れ―洗車・ワックス・補修・メンテナンス…とっておきのテクニックとアイデア!

グレイスケリー

第64回 モナコグランプリ。
最近、再びF1関連のブログが単調になりつつあるので
今日は、ちょっと指向を変えてみます。

シュマッハのポールが一転
まさかの最後尾のピットスタートとは・・・。
アロンソとの直接対決も今回はお休みでしたね。

まあ今回は、彼に変わってK・ライコネンやM・ウェーバーなどが
上位に顔を出して面白くなるかと思いきや
両者ともブロー。
SCが入り、レースが仕切りなおしに・・・。
気付けば、シューマッハが6位まで順位を上げ、最終的に
トゥルーリがリタイアして5位に。

昨年のK・ライコネンのように優勝まで出来なかったが
物凄い執念を感じました。

所で、前戦のスペイングランプリを元に
ドライバーの番付を考えました。

< 番付     東        西  >
 
  横綱    シュマッハ    アロンソ
  大関    ライコネン     バトン
  大関    バリチェロ     クルサード
  大関    R・シューマッハ モントーヤ
  関脇    ウェーバー    マッサ
  小結    ハイドフェルド  フィジケラ
 前頭筆頭  トゥルーリ     クリエン
 前頭2枚目 ビルヌーブ    佐藤琢磨
 前頭3枚目 ロズベルグ    アルバース
 前頭4枚目 リウィッツ     モンテイロ
 前頭5枚目 スピード      モンタニー  

ウ〜ン
こんな感じかな?
誰が凄いのかが、これを見れば一目瞭然です。
世界広し言えど、相撲の番付に当てはめているのはここだけで
まさに、世界初!!

モナコ

ダグラス

面白いと聞いたので「アテンションプリーズ」を見ました。
昔にやっていた物の復刻版だそうですが
コメディドラマとしては、まあまあですね。
しかし、実際に使用するセットや訓練内容は本物に準じている(一部本物も)
ようで、AEDの使用風景など結構リアルでした。
実際に、機内で心臓発作の患者が出た場合は
本当に、ああするんでしょうね〜。

所で、誰しもパイロットや客室乗務員に憧れていた頃があると思います。
僕もその一人で
その頃の名残でしょうか、航空機に若干の興味があります。
代表的なものは、皆さんもご存知の
B-747やDC-10、B-777やA-320などありますが

僕は、MD-90が好きです。
飛んでいるのを下から見たときの
あのスマートさが格好良い。
通常は、主翼にエンジンが付いているのが一般的なのですが
この機材は、俗に言う尾っぽに付いています。
DC-10もそうですが、あれは3発なので基本的に違う。

一度、乗ってみたいのですが
どの路線を飛んでいるのか解らないし
海外行きなら、乗ることもことも出来ない・・・。
しかも乗客は、乗る機材を選択して乗ることが出来ないという
大きな壁が立ちはだかっています。

せいぜい下から見るか、画像を見る
また、空港まで行って、駐機しているのを見るくらいですね。

MD−90

店着日5

川嶋あいさんのアルバム
「サンキュー!」を、早速、買いました。
もう、店着日にCDを買いに行くことは無いだろうと考えていましたが
川嶋あいさん関連で二回目です。

今回は、アルバムの初回版で3800円もしました。
高かったな〜と思いつつ
特典として、1stミニアルバムの
「この場所から・・・」が手に入って嬉しかったです。残念ながら、このアルバムはすでに廃盤になっていて、たぶんもう手に入らないと思います。
しかし、路上時代の音源だけあって、声が若い(今も若いが・・・(笑))。
当時からすると、現在は格段に声の厚みが増したように思います。
こうしてCDを逆にたどっていくと良くわかります。
まさに、原石が転がっていたんですね〜。

所で、ザット全体を通しただけで
まだジックリと聴けていません。
明日から、メモリに入れて聴き始めようと思います。
なかなか家で、ジックリ聴く間がなくて・・・(笑)

サンキュー!(初回生産限定盤)


見えない翼(初回生産限定盤)

オヤジギャグ5

ある日のオヤジとの会話。

車の残光照明見ながら

オヤジ「残光になっているから 間にタイマーを噛ましてあるのか〜」
バイク「コンデンサを入れて 回路を組めば残光になるよ」
オヤジ「今時 そんなアナログ的にはしていないでしょ」
(注意:関西弁を標準語にして打ち出しています)

ここまでの会話に、ギャグが入っているのがわかりますか?
わからない人にとっては、全く面白く無いギャグです。
答えは、僕が言った「コンデンサー・・・」の所です。

ようは、ルームライトは単体で点灯しているのではなく
キーレスやイグニッション、イモビなどと回路が繋がって点灯しています。
だから、コンデンサを入れて単体で残光にするのは、有り得ないことなのです。

しかし、入っていないとは言いません。
つまり、統合して一つのシステムになっているので
チップ化され、その周辺に組み込まれています。
(タンタルコンデンサなどの、特殊なタイプ)

おや?ここでも、チップが出てきましたね。
ちなみに、我が家の車は小型車なのでそうではありませんが
これが高級車になると
以前紹介したPICのようなチップが
数百単位で使用されているそうです。
まさに電子の塊りですね。

抵抗&コンデンサの適材適所―回路の仕様に最適な電子部品を選ぶために


日本の半導体・自動車産業は復権するか―知識経済の衝撃

昨日も出たのよ5

面白いCMの企画を考えました。
夏に向けた殺虫剤のCMで
出川氏を起用内する容になっています。

ストーリー

何気ない夕食風景
お爺ちゃんがいきなり叫ぶ
「な 何と言うことだ!!」
驚いた家族は
お爺ちゃんの目線の先を見ると
出川ふんするハエの大群が迫っていた。
しかしその瞬間、孫が殺虫剤を噴射。
あえなく出川氏は「ヤバイヨ ヤバイヨ」と叫びながら去って行き
家族皆が「良かったね、お爺ちゃん」
と言ってCMが終わる。

面白い得点として、大群が去っていく頃には、お爺ちゃんが・・・。
なんて、笑えないギャグを交えるロングバージョンも製作し
関西地区限定での放映を考えています。

これで、僕も晴れてプロデューサー仲間入りです。
「コムロさんに リスペクトされて〜」なんてね(笑)

後は、この企画をテレビ局と企業に売り込むだけです。
採用されるかな(笑)
出川氏は、喜んで引き受けてくれそうだが・・・。

日本人はアジアの蚊帳の外


枕革命 ひと晩で体が変わる―頭痛・肩こり・腰痛・うつが治る

まいりました。5

PSPを持っているのですが
ゲームソフトを一本も持っていないので、「一本くらいは買おうかな」
と、思い覗いてきたんですが・・・
高いですね。
大体、一本4500円ほどする割には、内容が寂しい。
「ジェットでGO」など、離陸と着陸しかプレイできない簡易的な物のようでしたし
なにより、ソフト全体が少なすぎる!
完全に、DSに負けましたね。
PSPは、一部のコアなマニア向けの様な存在のようです。

それを証明するかのように
PSPを出すと、一瞬、盛り上がるのですが
その1分後には、場の空気が7割冷めていて
それでも食いついるのは、マニアな奴くらいです。

なので、結局、買うのをやめました。
もともと、動画再生用に買ったし〜・・・
よく考えると、移動中にゲームをするほどゲーマーでも無かったと思います。
しかも、テレビ番組をPSPに落とすのはタダですしね(笑)

まあ、タダとは言うものの、実際はPSPで再生できる形式に変換するのに
1時間番組なら1時間ほどかかるので
それなりに手間がかかり、面倒臭いものです。
ソニー製のHDレコーダー等は
PSP用の形式で録画できるモードがあるようですが・・・。



PSP プレイステーションポータブル バリューパック ブラック(PSP-1000K)




ニンテンドーDS Lite 本体 エナメルネイビー

もう一年か〜5

携帯電話を持ち始めたのは高校2年の秋くらいからで
その頃から
だいたい年に一回、機種交換をしてきました。
今使っている携帯電話も、もう一年ちょい経つので、機種交換しても良いのですが
最近は、あまり換えようと思わなくなりました。

ワンセグを受信できるモデルや高解像度のカメラ付が出ているので
興味は引かれるるんですが・・・。
あの頃の熱い思いは、どこへやら。

ちなみに今、使っているのはドコモの「prosolid」です。
しかも、フォーマではなく、ムーバの。
カメラや颯▲廛蠅睇佞い討い泙擦鵑
シンプルなデザインと薄さが気に入り、当時は購入したのを覚えています。

あれから一年。
交換したい気持ちが沸き起こらないのは
シンプルさゆえの飽きの来ないデザインのせいだと思います。

しかも、どうせワンセグ対応機を買っても
PSPを持っているので、いずれはそっちで見られる様になるだろうし
何より、分厚い。
基本的に、パンツのポケットに入れているので、あの厚みでは・・・。



放送システム




デジタル放送が変える!視聴スタイルとビジネスモデル

どっちも同じ5

ダイハツ工業から新型車「クー」が発売されました。
しかし、この車
実車をご覧になった方はわかると思いますが
トヨタ自動車の「bB」です。
そう つまりOEM供給されたモデルです。

基本的に、トヨタ自動車が作っているのではなく
ほとんどのモデルが
グループ企業の工場で作られているので
正式なトヨタ自動車のOEMとは言えませんが・・・。

しかし、最近、増えましたね。

ダイハツ名    トヨタ名

・クー        bB
・ブーン      パッソ
・ビーゴ      ラッシュ
・アルティス    カムリ

と、気が付けばダイハツで売られている乗用車は
全部、トヨタと共有になってしまいました・・・。
しかし、その分、軽自動車のラインナップが増え
商用車を含めると、15車種のフルラインナップになっています。

一応、ダイハツもトヨタのグループ企業なので
あえて、独自の乗用車を出さずに
軽自動車の分野に経営資源を集中させたのでしょう。

一部の噂では、ノア等は、ダイハツが作っているそうです。



革新トヨタ自動車―世界を震撼させたプリウスの衝撃



肉体疲労5

体中が痛いです・・・。
原因は、昨日の苗代。
我が家の親父は次男なので、あまり関係ないのですが
建前上、行かない訳にわ行かないので、仕方なく行く羽目に。

知らない人も多いと思うので、苗代とは
田植えをする苗を作る作業のことでです。

最近は、都会の人が
田舎を体験する一環として、田植えを喜んで体験しに行くそうですが
気が向いたときにするから楽しいのであって
兼業農家では、楽しむ以前の問題です。

苗代が終わると田植え
田植えが終わると稲刈り
稲刈りが終わると臼挽・乾燥

と、これから半年以近くこれにかかります。

まあ、我が家は苗代だけしか参加しませんが・・・(笑)

それにしても野良仕事は、しんどいです。
特に普段使わない内股の筋肉が、今日一日攣っていました。
運動不足が原因かも知れませんが・・・(笑)

農で起業する!―脱サラ農業のススメ


かゆいところに手が届く農家の機械整備便利帳

サグラダファミリア5

F1代6戦 スペイングランプリ。
それは、アロンソの母国グランプリでもある。

ポールを取ったのは、ルノーの2台。
アロンソとフィジケラ。
過去2戦、作戦で負けていたルノー勢であったが
今回の作戦は、ほぼ完璧だった。
スタート直後
フィジケラが2番手に入り、シューマッハとマッサを抑えた。

しかし、ここからが面白い。
フィジケラが1回目のピットインしている間にシューマッハが約22秒の差を稼ぎ
余裕でフィジケラの前へ。

よくF1中継は、「ただ走っているだけでしょ?」
と、言う人がいるが
この辺りが前半の見所の一つでもある。
次回からは、まず、一回目のピットがどうなるのか注目して見てもらいたい。
これが解ってくると
解説も含めて、作戦の内容などが理解できてきて、面白くなるはずです。

ただ、せっかく前へ出てもその後のペースが上がらず
アロンソにポールトゥーインを許してしまった・・・。
しかも、母国で・・・。

所で、最近はタバコの広告が世界的にも厳しく
フェラーリのメインスポンサーである「マールボロ」の広告が一切
消されている。
あの、ユニフォームやマシーンの白い部分がそう。
しかし、ルノーの「マイルドセブン」は、消されずに付いてた。
マールボロに比べて少し小さいので、規制の対象から外れているのだろうか・・・。

スペイン

夏草や〜5

「奈良ドリームランド」が閉園するらしい。
県内には、あと「生駒山上遊園地」や「あやめ池遊園地」がありましたが
あやめ池は、確か一昨年に閉園してしまいました・・・。
両方とも思い出深く
ドリームランドなど、高校の遠足でも行ったほどです。

新聞によると、開園は昭和36年1月で
当時の人気は凄く、ピーク時には年間百六十万人も訪れていたそうです。
しかし最近は年間四十万にまで落ち込み、閉園が決定決定しました。

そういえば、僕も高校を最後に行ってないですね〜。

所で、ドリームランドの運営会社は、ずっと近鉄だと思っていました。
しかし、実際は「ダイエー」が運営していて
最近は、リストラの一貫で、奈良市内にある不動産会社に売却されていたようです。

残念ですが、閉園するのは仕方ない無いのかも知れませんね。
企業としては、収益が出ないものをいつまでも養って行く訳にもいきませんし・・・
8月の31日が最後のようなので、ちょっと覗きに行こうと思います。

こういう話を聞くと、必ず
中島みゆきさんの「時代」が頭の中で流れます。

そんな〜じだいも〜あ〜ったねと〜♪

これは、オッサンへの第一歩なのかも(笑)

ドリーム





時代‐Time goes ar

オールコンプリート!!5

缶コーヒー「WONDA」のおまけになっていた
「奇跡の名車コレクション」のフェラーリを全部集めました。

嬉しいことに、僕の権限をフルに生かして
一銭もお金を使わずにですよ(笑)
コンプリート










解らない人のために、一番左から
Enzo  F50  F40  Testarossa   512BB  Dino246GT  250GTO
です。
流石に、二本一組のおまけだけあってリアルです。
しかも作っているのが「ホットウィール」。
その道では結構有名みたいで、日本橋にあるショップでは
「京商」も含めて、いろんな車種がラインナップされています。
結構出来栄えが良く
前から一台買おうと思っているんですが、少々値段が・・・。

ちなみに、画像の「512BB」は、俗に言うシークレットです。
100円ショップで、買ってきたホビーケースに入れてテレビの上に置いているのですが
なかなかイイカンジです。



【KYOSHO】 1/43 トヨタ ハイエース 2004 京商営業車仕様(京商ミニカー15周年企画モデル)ショー限定




【KYOSHO】 1/18 スカイライン GTR 1973 (KPGC110 Ken & Mary/ワイドホイール)ホワイト

邦画5

「LIMIT OF LOVE 海猿」見てきました。

時間的にも厳しかったんですが
今日しか行く日が無さそうだったので行って来ました。

ヤヴァかったです。
テレビで放映されていた続編なんですが
あのリアルさは凄いです。
近年の、日本映画の進歩は目を見張るものがあります。

エキストラやロケ地は、フィルムコミッションがあるので何とかなるにしても
舞台となったフェリーは、どうしているのか気になるところです。
100%CGではなく、一応、本当の船で撮ったみたいですし・・。

所で、こんな僕でも、海上保安庁に就職できる可能性がありました。
無線の授業があり、死ぬ気で勉強して関連した上級資格(一級陸上特殊無線技術士)
を取れば、海上保安大学校への受験資格がもらえるそうです。
まあ、海保と言っても幅が広く
行けるのは、地上業務か海上業務の無線係りです。
ちょっと地味ですが、見た目は同じ海上保安官。
しかし、残念ながら取れず、幻に終わりましたが・・・(笑)

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

5月場所5

大相撲が開幕して3日目。
無敵と思われた朝青龍が途中休場で
期待の栃東は二敗目・・・。

朝青龍が一人勝ちすると、相撲人気が低下すると言われていますが
欠場していても
栃東が今ひとつの調子では・・・。

まあ
サッカーや野球、K-1やゴルフのようなエンタテインメント性はありませんが
じっくり見ていると、意外に面白いものです。
しかし、相撲中継を始めから終わりまで見ませんが・・・。

見所として
立合いで、力士同士がぶつかった瞬間の迫力。
相撲中継では、「ドスッ」という音まで伝わってきます。
あとは
普段陽気な力士のアスリートとしての真剣な眼差し
脂肪で太っているように見える体が
実は筋肉質で土俵を機敏動き相手を惑わしたりと

見所は意外に多いものです。
ただ残念なのは、横綱が一人しかおらず
外国人力士が多いのがっちょっと・・・。
ハングリー精神の問題なんでしょうね(笑)

大相撲力士名鑑平成18年版


大相撲ミニ事典

有線⇒無線5

流行の無線LANを構築しようと、覗いてきたんですが
一般的なのは、通信距離が見通しで8m以内だそうです。

ちなみに我が家は、モジュラーコンセントからPCまで結構離れていて
ドアーや壁があり、とても8mの物では通信できそうにありません。
しかも、距離が長くなればそれだけ通信速度も遅くなるわけで・・・。

まさか、こんなに短い距離しか出来ないとは知りませんでした。
まあ、別売の中継器を追加すれば家中できるそうなんすが
PC1台とPSPのためにそこまでするのもどうかと思うし・・・。

諦めて、帰ろうとした時
見通し40mまでいけるタイプを発見しました。
これなら十分使えるんですが
値段が倍近くに・・・。
完全に予算オーバーです。

しかし、天井に沿わしてあるLANケーブルが見苦しく
部分的に剥がれつつあるので
貯金を下ろして買うかな〜

でも、今のままでも十分使えるし〜

何か妥協案がないか模索中です。



BUFFALO IEEE802.11g/b 無線LAN AirStation BroadBandルータ エントリーモデル無線LAN イーサネットコンバータセットモデル WHR-G54S/E


バッファロー CardBus用無線LANカード WLI2-CB-G54L

皇帝復活か!!5

F1第5戦 ドイツ ニュルブルクリンク。

今年から復活したノックアウト方式により、予選から熱い戦いが始まっていた。

決勝グリッドは
1:アロンソ
2:シューマッハ
3:Fマッサ

まるで、前戦のサンマリノを彷彿させられるようなフロントロー対決。
オープニングラップを制したのはアロンソ。

作戦は、ほぼ同じだろうと考えられていたので
どちらが先にピットインするかに焦点が当てられていた。
そこで、先に入ったのはアロンソ。
1回目は何とか抑えたが
2回目はシューマッハが逆転。

その後は、シューマッハが逃げ切り
通算86度目の優勝を果たした。

その逆転を支えたのは、信頼性の高い
エンジン・タイヤ・ピットクルー(ピット作業)
の、お陰だったと思う。

レース後のインタビューで
「シューマッハを追いましたか?」

の質問に、アロンソが

「次戦に備えて エンジンを温存した」
と言っていた。負け惜しみかな?(笑)

しかし、フェラーリと対照的なのはホンダ。
だいたい同じ周回辺りでマシーンが壊れるのは
ある意味、精度が高いのかも知れないが・・・。
今回は、ラルフシューマッハもリタイヤしているので
もう少し、日本勢にも頑張って欲しいところだ。

06 ニュル

Autoburn5

京奈和道が一部開通したので
早速走ってきました。

まだ開通区間は一部で、走った区間は高架部分の
南郡山インター〜大和高田間です。

一応、制限速度は80舛覆鵑任垢
夜で、車も少なく130曾箙劼出来たので気持ちよかったです。
結構起伏があり、夜の夜景に向かって行くような錯覚に陥り
日常の中にある
非日常を味わえました。

しかし、もし、捕まっていれば免停(取消かも・・・)になっていたと思います。
こうしてブログの更新も、気分的に出来なかったかも(笑)
皆さん、スピードは控えめに(笑)

ちなみに
130舛如嵌麁常」に近いですが
ドイツのアウトバーンは、速度が無制限で
追い越し車線は200祖兇亮屬矢のように走っています。
(大型車は制限速度が100舛蕕靴ぁ

事故が起こらないのは不思議ではなく
マナーを守り、ルールを遵守しているからです。
一番右は高速車線
真中がは走行車線
一番左は登板車線
・・・etc

原則的に日本と同じですが
日本で無制限にすると、多分とんでもないことになるはずです。

でも、一度で良いから走ってみたいですね〜
走るなら、Sクラスではなく7シリーズで・・・。

ここで詳しく紹介されています。結構面白い!

アウトバーンの栄光BMW

ネタ帳5

「毎日ブログを更新して
ネタは どうしているのか?」
気になっている方もいらっしゃると思います。

正直、厳しい日もあります。
しかし、カテゴリーで細かく分けることによってコントロールしています。
何かなしに毎日書き込んでいるようですが
一応、レギュラーカテゴリがあり
あとは、準レギュラーとスポットになっています。

ちなみに
レギュラーは 「雑談」 「川島あい」
準レギュラーは「技術」 「スポーツ」 「月末的回想」
スポットは 「車」 「画像展覧」 「社会」

こんな感じですかね。
書き込み回数ではなく
ネタのストックが多いのがレギュラーになっています。

まあ、ストックが多いとは言っても
更新画面を開くまで、何を書く決まっていないことの方が多いのですが・・・
しかも、書き上げてからカテゴリを選んでいるので重症です(笑)
書く前に「これを書く!」と、決めてしまうと案外書けないもので
以前は、それが原因で長期休止状態になっていました。

サンキュー!(初回生産限定盤)


明日を信じて・・・

花冠5

カローラが販売40周年を迎えたそうです。
世界生産台数3045万台。
いや〜凄いですね。

しかも、40年のうち33年間は国内販売代数1位であるから
その偉大さがわかると思います。

しかし、それは4車種の総合であり
02年に、トップを明渡したフィットは、単独でカローラを抜きました。
当時、僕は「歴史が変わった瞬間か!」と、思いましたが
翌年から再び、カローラがトップになっています。
まあ自社登録など、実体はどうなのかわかりませんが
結局のところ、カローラシリーズは日本の道路事情に合っているでしょうね。
大きすぎず、小さすぎず・・・。
フィットでは、もう少しのところがカローラにはあると思います。
例えば

・全体のクオリティ
・走行安定性
・デザイン
・20〜50代、それ以上まで乗れる(セダン・ワゴン・ハッチなどのバリエーション)
・価格

この条件をフィットで満たすには少々厳しいはずです。
ターゲットやジャンルが違うと言えばそれまでですが(笑)

そう言えば、我が家の前の車もカローラ(ワゴン)でした。
モデルで言うと7代目です。
ちょうどこの頃から、トヨタ車のクオリティが大幅にアップしたようで
デザインやキャビンは、なかなかのものでした。
エンジンも、11年12万キロ走破しましたが
一度も故障することなく調子が良かったです。

しかし、流石に11年も乗るとガタが出始め
最後は、パワーステアリングのオイル漏れで廃車に・・・。

カローラと同年代の車がどんどん廃盤になっていくなか
10代目となるモデルも「カローラ」と付けられるそうです。
廃盤になったモデルの為にも
一日でも長くトヨタの顔であってもらいたいと思います。

[トヨタはいかにして「最強の車」(カローラ)をつくったか]
これは、僕も読みました・・・。



カローラ物語―ベストセラーカー2000万台の軌跡

期待の新人5

最近話題になっている航空会社
「STAR FLYER」

一度は、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかと思います。
黒い機体に、機内は全て本革シートで
通常より座席数を減らし座席感覚が広い機内。
その他詳しいことはHPへ。

それよりも、使っている機材が面白い。
エアバスのA320で
画期的なフライ・バイ・ワイヤーを採用している超ハイテク機です。

フライ・・・?

本来
操縦桿やスロットルは
ワイヤーや油圧ラインで
直接フラップやエンジンと結ばれています。

しかしこのシステムでは、操縦桿などの操作を
いったん電気信号に変換して、信号線を通じてフラップに伝えています。
基本的に油圧なんですが、それまでを信号線にすることで
軽量化と整備簡単化に貢献しています。

この他にも、従来より操縦系統の自由度がたかまったり
2名運行や誤操作を防止することにも貢献しているそうです。
しかし、コンピュータの介入が多くなった分、パイロットの認識不足や
整備に従来機より高度な技術が必要など、デメリットもあります。

ある雑誌で、整備に携わっている方のインタビューが載っていました。
      (スターフライヤー)

「作業着を着て スパナを持ち出さないといけない緊急整備が発生したら
 この機は 飛ばないのと同じです」

つまり、機材が新しく完成系に近いだけに
定期メンテナンスだけをしていればほとんどメンテフリーだとか。
まあ、コンピュータから故障診断が出されて
それを的確に対処出来ればのはなしですが・・・。

それより、「フライ・バイ・ワイヤー」。
電気信号に変換する時点で、僕がやっている電子工学系の臭いがします(笑)
広義では、そうだと信じています。
こうして考えて見ると、奥が深いですね〜
深く行き過ぎると、戻って来れないかも?(笑)

スター.

チン.チン5

身近にあるのに全然知りませんでした。
意外にも本数が多く
こうして撮っている間にも
数本、出発していきました。
場所は、だいたい画像を見たら想像できると思います。

ヒント:右端にかすかに見える鉄塔は・・・!

路面
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ