2006年10月

ブラジルGP

ようやく最終戦 ブラジルGPを見ることが出来ました。
結果や試合状況を知っていましたが、つい、興奮して見入ってしまいました。
それにしても
シューマッハは魅せてくれましたね〜。

縁石をギリギリまで使ったスタート
ライコネンのオーバーテイク
最後尾からの怒涛の追い上げ

最後にして、最後まで諦めない彼の姿勢に感動しました。
スター選手は、引退のタイミングが難しいだけに
ある意味、今、引退したのは正解かも知れませんね。
成績が振るわず、仕方なく引退するよりも
美しさすら感じます。

シューマッハ

FMC

すでに良く見かけますが
ダイハツ ムーヴが新しくなりました。
95年の発売からこのモデルで4代目です。
気付いた人もいるかも知れませんが、Aピラーからボンネットにかけて
初代のイメージを彷彿させていると思いませんか?

3代目は、発表からすでに4年ほど経過していますが
今見ても、あまり古さを感じませんでした。
そこへ、今回のモデルチェンジ。
ムーヴのイメージを損なわず、ワンモーションフォルムへ進化したデザインは
更なる挑戦への意気込みを感じます。

同じジャンルで
ワゴンRが良く挙げられますが、ヒットした初代の呪縛から逃れられず
保守的なデザインなので、個人的にはムーヴ派です。

ちなみに、今回のモデルチェンジで
プラットフォームからエンジンまで、全て一新されました。
ここまで来ると、エンジンの大きさを除けば
コンパクトカーとの違いが全くあまりありませんね〜

ムーヴ

火が着きそうです

普段は「こち亀」と「ジパング」くらいしか読まないのですが
最近「カウンタック」が面白いと言う噂を聞きました。

何でも、ヤングジャンプに連載されているようで
その名の通り、カウンタックがメインの内容となっています。
早速、コミック本を近所の本屋へ探しに行きましたが
残念ながら、最新刊しか置いていませんでした。
コンビ二にも置いていましたが、同じく最新刊のみ・・・。

こう焦らされると、読みたい気持ちに火が着きそうです(笑)

所で、以前「頭文字D」にも挑戦しましたが、絵の荒さから挫折。
しかし、「カウンタック」はそれと比べると、まだ良い部類に入ります。

カウンタック 1 (1)

カウンタック 1 (1)

不本意な結果に

ブラジルGPの予選結果が出ました。

01:F.マッサ
02:K.ライコネン
03:J.トゥルーリ
04:F.アロンソ
06:R.バリチェロ



10:M.シューマッハ

マッサのタイムからすると
燃料系のトラブルで、不本意な予選結果になりました。
このまま行けば、アロンソの連覇が確定します。
今年で引退するだけに、ポールをとって欲しかったんですが・・・
ある意味10番手からトップでゴールすると、それはそれで
歴史に残るかも?

取り敢えず、今晩の25時50分からの決勝は
出来るだけ最後まで見るように努力します。

日本未入荷★!レゴ ブロック lego Enzo Ferrari エンツォフェラーリ

日本未入荷★!レゴ ブロック lego Enzo Ferrari エンツォフェラーリ

無法地帯

話題のYouTubeですが
遂に3万件の投稿動画を削除したことが発表されました。
これまで黙認状態でしたが、「24時間テレビ」の問題シーンがアップされてから
どうも風当たりが強くなったように思います。

削除が発表された後は
前日までヒットしていた「戦艦大和」がヒットしなくなりました。
しかし、全体の投稿数から考えると
その量は僅かで、今まで見ていたほとんどの動画が今もヒットします。
例えば・・・

一休さん
川嶋あい
白夜行
ファンタ

などは、今も見ることが可能です。
容量の制約から長くても10分位までしか投稿でず画質も悪いので
著作権の侵害は、十分に理解していますが
少しは、大目に見て欲しい所です。
CDやDVDのデジタルコピーとは訳が違いますし・・・

ファンタCM

ゾウの機能

ゾウの鼻は凄いです。
もともと、人間で言う手の役割を果たしているのですが
あの大きさからは想像できない繊細な動きが可能です。

リンゴやバナナなどの大きな物から、ピーナッツなどの小さい物まで
あの鼻先でつかむ事が可能です。
また、その他にも地面の段差も鼻先で探るそうです。

ちなみに地球上で、ゾウの種類は
アフリカ象が2亜種、インド象が4亜種
存在しているそうです。
しかし現在は
アフリカに生息するアフリカゾウと、インドおよび東南アジアに生息するアジアゾウ
の2種類しか残っておらず、絶滅危惧IB類に指定されています。

知能が高く、哀愁が漂うあの目
果たして、これから先も動物園ではなく
野生で生息し続けられるのでしょうか?
僕たちの、未来への課題ですね〜。

ゾウ 仔(2701-29)

ゾウ 仔(2701-29)

北を脱出せよ!

北朝鮮に関連して
脱北者や元外交官などの証言が放送されていますが
その中には、変わった人物もいます。

それは、金正日の元専属料理人の藤本健二氏です。
何でも彼は寿司職人で単身平壌へ。
そして、将軍様に気に入られ13年も過ごしたそうです。
しかし、13年の北朝鮮生活も
最後の方になると軟禁生活となり、01年に日本へ脱出。

壮絶ですね〜。
彼自身が出版した本も出版されていますが
謎の男と言えるでしょう。

金正日の料理人

金正日の料理人

LED化

ルーム
ルームライトをLED化しました。
HPで紹介されていたのをそのまま作ると面白くないので
僕なりに、チップLEDを使用しました。

しかし
使い込んだコテ先に3mmのチップLEDは、きつかったです。
ある意味、もうしたくありません(笑)

電圧が変動する物には、CRDを使用しないといけないのですが、抵抗で作っています。
取り敢えず、試運転を兼ねて電源装置に繋いでみると(上の画像)、それなりに明るかったので
そのまま搭載しました(下の画像)。
色が白くなった分、若干の暗さを感じますが
まあまあの光量が得られるので、満足しています。

後は、マップライトを・・・。

カタログ

先月の19日に発表になった
レクサス「LS460」のカタログがようやく届きました。

以前から雑誌などで紹介されていたので
あまり目新しい内容ではありませんでした。
しかし、お金が掛かったハード仕様で、書店で販売すると1000円位しそうです。

新車効果が薄れてきて、販売台数が伸び悩んでいる時期だけに
LSの投入は、起爆剤になりそうですが・・・果たして・・・

LSだけでみると、予約が9000台ほど入ってるので
取り敢えず、滑り出しは良好なようです。

カタログ

ラスト鈴鹿

抜き難い鈴鹿だけに、「勝負あったか!!」と思いきや
こんな事が起こるなんて・・・。

フェラーリだけに、全くメカニカルトラブルの事は考えていませんでした。
ここまで、全力でアロンソを追いかけてきて
その背中を捕らえようとした時、メカが息切れしてしまったように思います。
人間は、気力・体力ともに万全だったんですが・・・

次回のブラジルがあるとは言え、シューマッハにはかなり厳しいですね。
たとえ優勝したとしても、アロンソに1ポイントでも取られれば
連覇を許すこととなります。

しかし今回と同じことが、アロンソにも起こるかも?

アロンソ   126P
シューマッハ 116P

スズカ

オロチ

凄いデザインですね〜。
本来、光岡自動車は市販車をベースにしたカスタマイズカーをメインにしていますが
この「大蛇」は、エンジンとブレーキ系以外は、全部光岡製です。
何でも、シャーシから製作したのは10年振りだそうで
その意気込みは、一目見ただけで伝わってきます。

ちなみにエンジンは、トヨタ製で、アメリカで販売されているクルーガーに搭載されている物で
ブレーキは、ホンダ製だそうです。

このクローズドボディーの他に、ショーではオープンのガルウィング仕様も発表されていました。
こちらの販売は未定ですが
クローズドモデルは4年400台の限定生産で価格は1050万円です。
車両だけでは採算が合わないので、その他のアフターサービスで採算を合わせるそうです。

しかし、なによりATである所が嬉しいですね〜
町乗りをメインにしたコンセプトだけに、日常生活でも問題なく使えそうです。
ただし、手に入ればの話ですが・・・(笑)

大蛇

告知

カテゴリの中にある「雑談」を
mixiに投稿することになりました。

こっちは、残りのカテゴリで運営していきますので
これからもヨロシクお願いします。

しかし、「雑談」が抜けることにより
ますます濃い内容だけになるような・・・。

上海グランプリ

F1上海グランプリ。
楽しみにしていたのに、昼のヤフートピックに結果速報が出ていました。
ファンとして表現すると
推理小説の結末を聞いてしまったのと同じくらいショックでした・・・。

それより、今グランプリのフェラーリとホンダのカラーリングに気づきましたか?
フェラーリは、マールボロの広告が復活していました。
そして、ホンダは
去年と同じように特別カラーを用意してきました。
去年の解説によると、どうやらブランド戦略の一環だそうです。

結果は、シューマッハの通算91勝目の優勝で
アロンソと同率の1位。
勝率で換算すると、シューマッハが逆転しました。
奇跡とうか執念というか・・・
残り日本とブラジルの2戦を残し、最後の最後までわからなくなりました。
取り敢えず日本グランプリでシューマッハが勝てば、確定するわけですが
果たしてそうなるかな?(笑)

上海GP
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ