2007年12月

0系

友人が新幹線の 0系 を乗りに行くと言うので
ぱっと浮かんだのが交通博物館の 0系 でした。
てっきり営業運転は、終っていると思っていました。

しかし、現在でも
6編成36両が、グリーン車の無い山陽新幹線「こだま」として
運行されています。
まあ、量産車の最終型ですが・・・。

ちなみに、N700系が投入された事で
2008年11月には
500系が山陽新幹線「こだま」に置換わる予定です。

営業運転中の 0系 を見るのは
来年が最後でしょう。
これは、5月の連休か夏休みを返上してでも見に行く価値がありそうです。
所で、画像をオリジナルのままPCへ送ってもらう予定でしたが
携帯電話に送られて来ました・・・。
これでは小さ過ぎて使い物になりません。

0系

iPod touch

遂に4年近く使ったメモリープレーヤーから
iPod touch に乗り換えました。

乗り換えの条件として、外せなかったのが動画再生で
PSP や gigabeat でも可能ですが
大きさや動画変換方法から touch になりました。

ちなみに、全操作がタッチパネルであることから
これまでの感覚では、少し使い難い点もあります。
まあそれは Pod に慣れていない事も原因でしょうけど・・・。
しかし、それを覗けば
画面が大きいのに軽く
iTunes を使ったコンテンツの一括管理など
不満はありません。

タッチ

一休さん

「一休さん」をオンタイムで見ていたと思っていましたが
実は、そうではないみたいです。
オンタイムで放送されていたのは
1975年10月15日〜1982年6月28日
だそうです。

1982年・・・
そう言えば、まだ生まれていません。

そんな事よりも
「一休さん」は、いまだに根強い人気らしく
必ずどこかの放送局で再放送が行われています。
ちなみに
現在はBS朝日が再放送を行っていて
12月26日の放送は
第35話「悪代官とお化け寺」です。

タイトルから懐かしさが込み上げてきます。

一休さん

劇的

引越し以来、仮設置状態だったディスプレーを
やっと本設置しました。

これで
アンプ・PC類とディスプレーを集約する事が出来て
狭い部屋を少しは広く使えそうです。
しかし
台を変えただけなんですが
見た目の印象が随分変わりました。
これを「ビフォ→アフター」風に言うと

「あの 二つに分かれていた収納ラックが
 何と言う事でしょう
 まとめてディスプレーの下に収まったではありませんか」

こんな感じですかね〜?

劇的

トイカメラ

ここ1〜2年のデジタルカメラの進歩は目覚しく
プロ用でも、ほとんどが
デジタルになりつつあります。
特に新聞やネット配信のニュースでは
記事をパソコンで作るので、デジタルカメラが
もともと適していたようです。

そう言えば、デジタルカメラが店頭に並び始めた頃は
35万画素が主流でした。
しかも有効画素は更に低く、30万画素位だったでしょうか・・・。
そんな時代から考えると
コンパクトデジタルカメラでも700万画素を超えているので
データ用として使う分には、オーバースペック気味です。

そんな時代に逆行するかのようなカメラがあるのをご存知でしょうか?
まずは下の画像を見てください。
なかなかいい味が出ていますね〜。
これは
一部では有名な「トイカメラ」で撮影したものです。
「トイ」というだけであって、露出が低すぎたり、ピントが甘過ぎるなど
普通のカメラとしては使い辛い面があります。
しかし、それが返って「味」となり
プロの中でも愛好家が多いそうです。

まあ最近は、品質も良くなり
買ってくると、すぐに使える物が大半なので
趣味としてチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。
さすがにピンホールドカメラは敷居が高過ぎますからね〜。

ホルガ

E.YAZAWA

日本武道館100回公演を記念して
あの「E.YAZAWA」が切手になっていました。
しかも
10月12日〜12月19日までの限定発売で
今日が最終日だったみたいです。
もっと早く気付いていたら・・・。

まあ気付いていても、買わなかったでしょうけどね(笑)

ちなみに、全部で3種類あり
その内容は

・矢沢永吉オリジナルフレーム切手1枚
・ポストカード 10枚
・レプリカポスター1枚
・専用ハードカバー1部

で、価格が5500円です。
これも完全民営化された影響なんでしょうね。

矢沢

ビルディング

以前紹介したビル
複合レジャー施設「ナンバヒップス」だそうです。
ちなみに
あの窪んだ部分には
フリーフォールが入っていました。

6人乗りのゴンドラが
地上74mから一気に60mも降下します。
秒速22m・・・。
体がバラバラになりますね〜。

123

人体の・・・

現在
「人体の不思議展」が
梅田で開催されています。

殆どの人は知っていると思いますが
展示されている全ての標本は
本物の人間です。
学校にある標本模型から考えると
学術的には非常に有能な標本なんですが
それなりに問題もあるそうです。

それは、死体を展示すると言う倫理的な事よりも
死体をどうやって入手しているのかと言う所にあります。
この標本は中国の工場で作られ
その元となっているのが大量の死刑囚であると言う黒い噂も・・・。


毎年恒例の「今年の漢字」が
清水寺で発表されました。

今年は「偽」です。
これ以外では「食」「嘘」「疑」
となっており、希望が全く感じられません。

そう言えば
「不二家」の問題は今年の初めだったんですね。

偽

千日前デパート

千日前へ行くたびに
「千日前デパート」はどこにあったのか気にっていました。
そこで調べてみると、すぐに答えが出ました。
その場所と言うのは
現在、ビックカメラの建っている場所です。

「千日前デパート」と言えば
1972年5月13日に118人が亡くなる
大火災を起こしたビルです。
ちなみに、デパートとは言っても
スーパー(ニチイ)やゲームセンター、キャバレーなど
それぞれ経営者が異なるテナントが入居していたので
雑居ビルと言った方が良いかも知れません。

しかし、これほど目立つ場所なのに気付かなかっとは・・・。
まあ、当時のビルを使っている訳でもありませんし
時代と共に風化していくと言う事なんでしょうね。

それよりも「118」と言う数字には因縁があります。
それは・・・
江戸時代、この場所には罪人の処刑場があり
そこで処刑された人数が、ちょうど118人だったそうです。

ビック

イルミ@名駅

季節ですね。
名古屋駅でイルミネーションが賑わっています。
ここから見ただけでは分かりませんが
マリオットホテルの方までこれが続いています。

ちなみに
シャッター速度を1秒にして
三脚を使用して撮影しました。
流石に1秒で手ブレをせずに撮影するのは不可能です。

名

サプライズ

凄いカラフルな洋式便器です。
これを設置するトイレの壁は
紫か緑でしょうね。

一応、ショールームに展示されていたので
買おうと思えば買えると思います。
他人とは違った物を・・・。

客人へのサプライズとしては最高ですね(笑)

toi

グランツーリスモ

PS3も価格改定で、ずいぶん安くなり
ビックでは39980円で販売されています。
ここまでは「へ〜」位にしか思っていませんでした。

しかし、12月13日に発売の
「グランツーリスモ5プロローグ」
の動画を見て、思わず欲しくなってしまいました。
あのリアルさは、半端ではありません。

値段的には買えるんですが
PSPやPS2を購入するも売却した過去から
今回もそうなりかねないので、ここは我慢の所なんでしょうかね〜。

gt5

はかるくん

近鉄に「はかるくん」
なんて車両があるようです。
正式には「電気検測車」と言うらしく

・電車線の磨耗
・電車線の位置
・パンタグラフの接触状態
・パンタグラフの状態
・ATSの周波数

などの検査を走行しながら行うことが出来ます。
これまでにも同じような車両はありましたが
時速30Km/hでしか検査する事が出来ませんでした。
しかし、この「はかるくん」は
時速110Km/hで走行しながら行えます。

ちなみに、この車両は新たに新造したのではなく
1968年頃から登場した2410系を改造した車両です。
まあ元の面影は全く残っていませんが・・・。

はかるくん

強度不足

「白い恋人」や「赤福」など
最近は食品の偽装が大きく報道され
耐震偽装の問題が、すっかり報道されなくなりました。

そんな中、久し振りに報道されたのが
東京都港区で開発中の高層マンションの強度不足です。
9階まで施工した時点で、鉄筋の種類を間違えた事が判明したそうです。
なんでも
地下階で使用する鉄筋を、8階のはりに使用したそうです。
同じ場所で管理していたので、単純な取り違えだと発表されていますが
鉄筋には、それぞれ判別するための印が刻印されているので
素人で無い限り、間違う事は無いとか・・・。
今回の問題で、強度が不足している8階は工事をやり直す事が決定しました。

しかし、一昔前ならそのままマンションは完成していたでしょうし
報道もされなかったでしょうね。
一連の欠陥や偽装問題に関する報道は行き過ぎた所がある反面
少しは、役に立っているようです。

テプラ

テプラでラベルが簡単に作る事が出来ますが
10〜20枚単位になると、面倒臭い作業だと思っていました。

しかし、USBでPCとリンクさせれば
何と言う事でしょう
エクセルやテキスト形式のデータをそのまま
ラベルにする事が出来るではありませんか。
たかがテプラと思っていましたが
凄い進化に驚かされました。

しかし、使ったテプラが少し古いタイプだったのか
カートリッジにラベルが無くなっても印字を続行する欠点も・・・。
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ