2009年04月

軽装甲機動車 第9回

隊員の塗装が7割程出来ました。
残りは小物と微調整だけなので
明日にも完成させられそうです。

長い道のりでした・・・。

隊員

ハゲタカ

NHKで放送されていたドラマ「ハゲタカ」の映画が
6月6日に公開されます。

内容は
大手自動車メーカー「アカマ自動車」を
中国系ファンドの買収から救うと言う物で
そこから始まる世界金融危機までを描いています。

ギャグドラマ全盛の中で、そのクオリティの高さは郡を抜いていただけに
劇場版は、より期待出来そうです。
また
久し振りに見たい日本映画だと思います。

534

ジェットエンジン

ラジコンの航空機と言えば
2サイクルエンジンとモーターが主流だと思いきや
最近は、ジェットエンジンも一般的になりつつあるみたいです。

基本構造は、実機と同じで
燃焼制御など電子制御化されているので、送信機から
ほぼ全ての操作が行えます。
下にF−22の動画を貼り付けましたが
エンジン音は正に実機です。

しかし、一般的になりつつあっても
敷居が高いのには変わりは無く
エンジン単体の価格は30万円からです。
また燃料には、灯油系のケロシンを使用し
始動用に、ライターでも使われている
プロパンブタンガスを用いる必要があります。

ここまで来ると
ささやかな趣味のレベルを超えていますね〜。

軽装甲機動車 第8回

いよいよ最終工程である隊員の製作を始めました。
今回は、装備品の取り付けです。
見た目では分かりませんが
結構部品点数があり
下塗りまでする予定が、ここまでになってしまいました。

まあ、全工程筆塗りなので
下塗りをしたとしても、乾くのに時間が掛かるので
それ以上は、進めなかったでしょう。

隊員

クライスラー

日本において、クライスラーはマイナーな輸入車で
単に「アメ車」の一つと言う認識が一般的だと思います。

正規輸入しているヤナセでは
一応、全部ランドを取り扱っていて
フルラインナップに近い状態です。

chrysler
 ・PT Cruiser
 ・PT Cruiser Cabrio
 ・300C
 ・300C Touring(ワゴン)
 ・GRANDVOYAGER(ミニバン)
Jeeep
 ・Cherokee
 ・Grand Cherokee
 ・Wrangler
 ・WranglerUnlimited
 ・Commander
 ・Patriot
DODGE
 ・CALIBER
 ・NITRO
 ・AVANGER
 ・CHARGER
 ・JC

しかし、これだけ取り扱っているにも関わらず
実際に見掛けるのは
チェロキーとPTクルーザーばかりで
稀に300Cやボイジャーを見るだけです。
現在の日本では
輸入車と言えば欧州車で
主にドイツ車が主流となっていますが
日本の交通事情を考えると
ドイツ車を始めとする欧州車になるのでしょう。

フォルクスワーゲンのポロや
メルセデスのAクラスなどは
日常の取り回しが楽ですからね〜。

画像は300Cです。

300c

CR笑ゥせぇるすまん

不意打ちの映画化と思いきや
パチンコ台のポスターでした。

「CR天才バカボン」や「CRエヴァンゲリオン」
いかりや長介のCMが強烈な「フィーバー ドリフだよ!全員集合」
などの中で
「CR笑ゥせぇるすまん」は地味な部類に入る様な気がします。

そう言えば、CMも流れてなかった様な・・・。

笑う

リボ払い

毎月、クレジットの引落しが近付いて来ると
必ずリボ払いの案内が届きます。

各社、最近は利用拡大を狙って、リボ払いを促進している様ですが
どうなんですかね〜
金額は柔軟に設定できますが
例えば¥50000のカードを切ったとして
毎月¥2500の支払い設定をすれば
完済するのに20ヶ月も掛かってしまいます。
おまけに15.0%の金利が上乗せされてしまいます・・・。(僕のカード場合)

毎月の金額が少なく済む分
全体の金額が見え難くなってしまうので
個人的にリボは、眼中にありません。

ポイントが5倍になる等いろいろ書かれていますが・・・。

リボ

軽装甲機動車 第7回

ダイソーで仕入れた「木粉粘土」を使ってベースを造成しました。
手元にあった塗料を使って地面を塗装したので
少々色が濃かった様な気が・・・。

所で
画像を見て、端っこまで粘土が乗っていない様ですが
ケースを被せるので、そこまで見えません。

取り敢えず
機動車とベースが完成したので
隊員を作れば、完成します。
そうすれば、殺風景なベースも、臨場感が増してくると思います。
いや
臨場感が出てくれないと困ります。

lokh

新型 ウィッシュ

トヨタ・ウィッシュがフルモデルチェンジしました。
今回のモデルチェンジに合わせて
カローラ店のシエンタが消滅して、入れ替わる予定だったそうですが
新車販売が激減する中
まだ売れているシエンタを残して、様子を見る事になったそうです。

不況になる前から販売台数の落ち込みは問題になっていましたが
今回のモデルチェンジはどうですかね〜
確かにデザインは、一身されましたが・・・。

対抗のストリームの方が格好良いですね。

ウィッシュ

HID化

ヘッドライトをHID化しました。
フェラメンと式のハロゲンランプと比べて
低消費電力、長寿命、高照度
等と言われていますが
本当の所は、どうなのかなと思っていました。

しかし圧倒的に明るく、違いは歴然です。
もっと早くにHID化しておけば良かったと思う反面
値段が下がったのは最近ですからね〜。

作業は、全部で3時間程掛かり
費用は
HIDフルキット:¥49800
作 業 工 賃:¥21000
です。

工賃が高いと思いつつ、技術的に自分では取り付け出来ないので
仕方有りません。
ちなみに、画像は左側で
同じ物が右側にもあります。

HID

鑑真和上展

奈良国立博物館で
4月4日〜5月24日まで
「国宝 鑑真和上展」が行われています。
あの教科書で見た像が、実際に見られるので
行って見る価値はありそうです。

所であの像は、ジャンル的に言いますと、彫刻になりますが
主な材質は、漆と麻布です。
様は、木製の骨組みに粘土で肉付けをして
その上に漆を染み込ませた麻布を張り重ねて成型する技法で
「脱活乾漆造」と言われています。

現在で言うFRPの成型方法と似ています。

歴史の時間に、こう言う事も教えてくれると
もっと興味が沸いて、勉強に取り組めたのかも知れない・・。

鑑真和上

コンビニ文庫

最近、コンビニのコミックコーナーで
俗に言う「サイコ形」の漫画や文庫本の多さに驚かされます。
あるコンビニには

・警察の正体
・放送禁止〜封印解禁〜
・UFO!@宇宙人ミステリー
・ホストが見た裏社会
・潜入!!怖〜い村
・実録!刑務所の中 女囚
・2012年 地球滅亡の危機

以上7種類が2〜3冊ずつ並んでいて
場所の4割を占めていました。
一応全部に目を通しましたが
内容は、お馴染みの都市伝説や心霊写真、NASAの陰謀など
特に目新しい物はありませんでした。
ただ、7種類も読むと
内容が内容なだけに、精神的に参ってしまい
非現実的な世界へ行きそうになりました。

コンビニの書籍は、オーナーや店長の趣味で発注を掛けるのですが
ちょっと偏り過ぎな気がしないでもありません。
まあ、最近は「サイコブーム」とか言われていますが
少し前まで、こういう内容の書籍は
夏前〜お盆にしかなかった様に思います。

ソメイヨシノ

ソメイヨシノの寿命は60年とも言われていますが
取り合えず、今年も見事に咲きました。

そもそも
満開の桜の下で、宴会をする理由が分かりません。

595

軽装甲機動車 第6回

ボディーと車体を合わせました。
これで車両は完成です。

次は・・・
ベースでも作りましょうかね〜。
まあ、一瞬で出来るんですけど・・・。

6

スカイプロムナード

ミッドランドスクエアの46階(地上230m)から
名古屋駅を見下ろしてみました。

下から見上げている時は、あまり意識していませんでしたが
いざ、上から見下ろすと、その大きさに驚かされました。

画像は綺麗に見えていますが、フォーカスなどの微妙な修正を加えています。
なるべくそのまま使用することを心掛けているのですが
展望デッキの柵からガラスまで遠いのと、ガラスが曇っていたのとで
そのままでは、とても使用出来る代物ではありませんでした・・・。
どちらかと言うと、景色を撮影するよりも
景色を見る方を優先して造ったようです。

スクエア

twenty4-7

2〜3ヶ月前にCMで流れていた曲で
耳ざわりが良かったので、曲名を探すこと1ヶ月
ようやく判りました。

それは
「twenty4−7」で「GET A Life〜Again〜」
です。
PCで閲覧されている方は、下のリンクから動画を見る事が出来ます。
どうやら、映画の主題歌になっていたみたいですが
全く知りませんでした。
オリコンチャート96位が最高位だったのも原因かも知れません・・・。
しかし、ジャンクフード化しているJ−POPの中で
それなりに完成度が高い様に思います。

所で、曲名を調べるのに
たまたまコンビニで、この局が流れていたので
HPでその時間帯の局を検索しようとすると、そのサービスが終了していました。
結局、電話で問合せる事が出来たので、それで良かったのですが
何ですかね〜
いちいち、電話で
時間、店名、ジャンル、男・女性歌手
を伝えて調べてもらうのは、面倒臭いのに付け加えて、恥かしかったです。



PAC-3

テポドンの補助ロケット迎撃の為に
PAC−3が秋田県へ集められましたが
性能上、日本を飛越える長距離弾道ミサイルの迎撃には向いていませんし
一機で20Kmしかカバー出来ず
あの台数では、穴だらけです。
「張子の虎」とでも言いましょうか・・・。

所で「PAC−3」とは、弾頭の形式で
システム全体の事ではありませんが、言わば一身胴体の様な物なので
一括りにパック3と言われています。
あまり知られていませんが

・射撃管制車輌
・レーダー車輌
・アンテナ車輌
・情報調整車輌
・無線中継車輌
・ミサイル発射機トレーラー
・電源車輌
・再装填装置付運搬車輌
・整備車輌

など、思いの外、大掛かりなシステムとなっています。
しかし、一度設置してしまえば、管制車両意外は無人です。

ちなみに、レーダーは、イージス艦にも搭載されている
「フェーズドアレイレーダー」です。
若干形式は異なりますが
平面に設置した多数の小型アンテナで、電波の位相を電気回路で制御して
その電波を合成することで、観測を行う点は同じです。

PAC-3

ローダウンスプリング

車のショックアブソーバは、消耗品なので
そろそろ我が家のパッソも5年目を迎える事から
新品と交換して
コイルは、ローダウン仕様にしようと考えています。

そこで、共販に値段を確認すると
フロントは、キャリパーと一体で1本15600円
リアは、単体で5900円
でした。
これに、スプリングが約40000円で
取替え工賃が約30000円です。

これを高いと思うか
安いと思うか・・・。
しかし、今回交換したとして
これから5年乗ったら4〜5万キロ走る訳で
個人的には、そんな物だと考えています。
しかし、一気に全部揃えると痛い出費になるので
8月の車検までに
揃うよう、頑張ってみます。
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ