2009年06月

SSD

HDDからSSDへの載せ換え自体は簡単なんですが
現在使ってる環境をコピーしたり
再設定するのが面倒でした。

しかし最近は
事前にUSB接続をして、付属の引越しツールを使って
現在の環境や設定を、そのままSSDへコピーしておき
その後、載せ換えるだけで完了と言う
随分手軽な物となりました。

値段も32GBなら12000円と
少し前なら考えられない程、安くなっています。
ネットブックとして使うなら十分ですし
これと、メモリ増設を合わせて行えば
劇的に速くなると思います。

SSD

日野 コンテッサ1300

サフ吹きをして
ホイールを抜きました。

やはりタミヤの1/35と違って
スケール感がでませんが
気にしないようにしようと決めました。

そう言えば
フジミから、新型「フィアット500」が出ているようです。
これは買いたい一台なんですが
これを買うと、旧型も揃えたくなるんですね〜。

サフ

ダンパー

一台分のダンパーです。
箱に入っているのがフロント用で
袋に入っているのがリア用です。

スプリングは、ディーラーで注文済みで
たぶん、入荷していると思います。

527

日本文化センター

「日本文化センター」のテレビショッピングと言えば
婦人/紳士服や寝具、台所用品などの地味な商品ラインナップで
悪く言えば、年寄向けではないでしょうか?

しかし、最近は
「楽ラク操作ポータブル液晶TV」なんて言う
ワンセグテレビや
商品名がそのままの「地上デジタル液晶テレビ」と言う
ポータブルテレビなどが
ラインナップされています。
これまでの伝統にとらわれず
最新機器がラインナップされている事に、時代の流れを感じながらも

「シニアに優しいデジカメセット」
をラインナップしている所に
やっぱり年寄向けだな〜と思いました。

文化センター

ディーラー車検

車検の見積りを取りました。
いつもは、修理工場で出していたんですが
車検が終わるまで、代金が分からないと言う不透明さから
今回は、ディーラー車検にしようと思います。
内訳は

※車検 整備(クラスI)
 ・定期点検及び継続検査
  24ヶ月定期点検(クラスI):20,779
  検査機器測定 使用料:5,775
 ・基本セット
  ブレーキクリーニング:2,425
  ブレーキフルード取替:4,095
 ・カローラ奈良おすすめ整備
  発炎筒取替:714
  エアコンフィルタ取替:3,150
※点検結果に基づく整備
 ローダウンキット取付け:21,000
  ストラットマウンティングベアリングL/RH:1,218
  フロントスプリングインシュレータUPR L/RH:756
  リアスプリングシート LWR:818
  リアスプリングシート UPR:1,092
  ローダウンスプリング:24,150

合計:152,980

になりました。
高額になる事は予想していましたが、15万を超えるとは・・・。
また、ダンパーは持込みなので金額に含まれていませんが
4本で5万円近く掛かっています。
まあ趣味は
金が掛かるものなので、仕方無いと言えばそれまでですが・・・。

ちなみに、ローダウンと言っても
純正ダンパーに20mm程車高を落とすスプリングを組込みだけです。
5万キロ近く走っているので
ついでにダンパーも新しくしようと言う事から
それに付属するベアリングやインシュレータも交換する羽目になってしまいました。

日野 コンテッサ1300

思い切って、長い部分を切断しました。
見た目は悪いですが
塗装すれば、イイカンジになると思います。

一応、ボディーの加工はこれで終わりです。
残りはホイールの加工と
内/外装パーツの塗装です。

コンテ

JR奈良駅

去年の6月に撮影した場所の約1年後です。
ほぼ同じ場所から撮影しましたが
線路は無くなり
残り半分の高架は完成しています。

1年で随分変わりましたね〜。

1年後

エコポイント

エコポイントの交換商品が発表されました。
商品券やプリペイドカードが多いのは良いですね。
一例を挙げますと

●公共交通機関カード:20件
●一般商品券:78件
●地域型商品券:109件
●特産品 / エコ商品:64件

です。

個人的には
取り敢えず「全国百貨店共通商品券」に交換して
金券ショップで換金ですね。
「地域型商品券」や「特産品/エコ商品」なんて
有り得ません。
ニュースのインタビューで「やっぱりこんな物ですね・・・」
などと、期待外れだった様に答えていた人がいましたが
あれは、ワザとだったのかもしれない・・・。

金券

ヒット商品番付

上半期の日経MJヒット商品番付が発表されました。
今期の東/西横綱は
インサイト&プリウス / ファストファッション
です。

確か、12月に発表された下半期の東の横綱は
ユニクロ・H&Mだったので
低価格衣料品が2期連続でトップを飾った形になりました。
しかし、「990円ジーンズ」は、実はユニクログループの
g.u.から販売されています。

また、前頭以降は
「日本鉄道旅行地図帳」や「sweet(ファッション雑誌)」など
少し前までは、一部の人向けだった物が番付に入るなど
消費が伸び悩む中で、ニッチ市場のメジャー化が図られていると思います。

番付

アマルフィ

「ターミネーター4」を見てきましたが・・・
「クロニクルズ」の方が作り込みが良かったです。
「T2」や「クロニクルズ」で出てくる
審判の日以降の世界と、少しズレがある様に感じました。
予定では「T5」まで制作が決まっているので
そのズレを縮めて来るのかもしれません。

先日見た「ハゲタカ」は
ドラマそのままのスピード感やテンポの良さが再現されていて
面白かったです。
そして次回の候補は
7月18日公開の「アマルフィ 女神の報酬」です。

アマルフィ

日野 コンテッサ1300

バンパーやトランクのパテ埋めを行いました。
これで、窪みや段差は消えたんですが・・・
どうも
リアの形状が実車とは異なるようなので
もう少し加工が必要みたいです。

パテ

シロッコ

フォルクスワーゲンのラインナップに
ゴルフをベースにした
「シロッコ」が復活しました。

初代は74〜81年まで生産され
二代目は82〜92年まで生産され
その後、ラインナップから消えていました。
それから10年以上空いて
今回の復活です。
デザインもゴルフがベースとは思えない
流麗なクーペで、エンジンは
1.4/2.0TSIの2種類をラインナップしています。

「TSI」とは
直噴エンジンとインタークーラー付ターボチャージャーを組み合わせた
パワーユニットで
1.4TSIなら、自然吸気の2.4リッターエンジン並みの
出力を発揮できます。
また、2.0TSIは、2.8リッター並だそうです。
小排気量でありながら
これ程の出力があれば、エコカーと言えるのではないでしょうか?

2.0TSI

コマツ PC200-8Hybrid

ハイブリッドカーの種類は
高級車や大衆車、トラックなどの産業向けなど
初代プリウスが登場した時からすれば
考えられない程増えました。

そして、車に限らず
最近は、建設機械にもハイブリッドの波が押し寄せています。
コマツが開発した PC200−8Hybrid は
世界初のハイブリッドパワーショベルです。
流石に、電気だけでは動きませんが
旋回減速時のエネルギーを回生して蓄電池へ溜め
土砂等をすくう時には
エンジンのアシストとして、モーターを併用します。

このハイブリッド化によって
ユーザーによる実測データでは、燃費が41%も改善されたそうです。
基本的にエンジンは回しっぱなしなので
ホンダのインサイトと同じ考え方だと思います。

しかし、産業用機械は、殆どが電気で動いているのではないでしょうか?
工場を見ても、エンジンで動いているプレス機はありません。
また、フォークリフトや固定式クレーンなども
随分前から電気式が採用されています。

200Hibrid

夏物

時期的にポロシャツが主に置いてあ服屋で
ポロシャツを選んでいると
「何かお探しですか?」
と、言われたので
「ポロシャツを・・・」
と、応えると
店員は
「あ あぁそうですか・・・」
と、何だか気まずい雰囲気になってしまいました。

しかし、あの状況で
「ポロシャツを・・・」
と応えるしか無かったように思います。
少なくとも、僕は悪くないと思う反面
「何かお探しですか?」
と、聞く店員も悪くないように思います。

日野 コンテッサ1300

模型は「好きな様に作る」を簡単に実践出来るので
今回は、いすゞべレットのパーツを流用して
作ろうと思います。

流用パーツは
ホイール、フロントシート、ミラー等を予定しています。

しかし、仮組みしてみましたが
古い金型で成型されているので
フロントマスクとボンネットとの隙間が1.5mm位開いているのを始め
トランク部の窪みや、バンパーの段差など
切断やパテ埋めなど、ボディー整形に
思いの外、時間が掛かりそうです。

べレット

ハマー

映画「ハゲタカ」に良く似た買収劇が起こりました。
それは
中国の建設機械メーカー、四川騰中重工機械による
ハマーブランドの買収です。
果たして、本当に自動車メーカーとしての「ハマー」が欲しかった微妙です。

中国の軍費は、今や7兆円に達しようとしています。
今後、原子力空母の建造を始め
紛争地域や海賊対策などへも積極的に軍隊を派遣させています。
そこで「ハマー」です。

ハマーはご存知の通り軍用車で
世界各国へ派遣される米軍の為に
あらゆる環境下でも耐えられる信頼性が必要となります。
それらのノウハウが、彼らは欲しかったのでしょう。

ちなみに
ハマー = 軍用車(ハンビー) と言うのは
生産が終了したH1だけです。
それでも、100%軍用ではなく、あくまでも民生仕様です。
その他H2やH3は
フルサイズSUVをベースに
ハマー風に仕上げただけです。

四川騰中重工機械・・・
役員は、中国共産党の幹部が占めているんでしょうね〜。

H1

USB3.0

USB3.0が年末には製品化されるみたいです。
これまでの2.0よりも
通信速度が約10倍の5GB/秒だそうです。

この高速通信は
これまで1組のケーブルで送/受信を行っていたものを
2組のケーブルにして
送/受信を分ける事で実現しています。
また、2.0では常に通信を行っていたのを
通信要求を出した時だけ通信する方式にした事で
消費電力の削減にも繋がっています。

通信速度が速くなった事よりも
2.0との互換性がある事の方が嬉しいですね。
流石に、2.0を3.0の通信速度で使うことは出来ませんが…。

6

日野 コンテッサ1300

今回は
日野コンテッサ 1300
を作ろうと思います。

モデルは、1965年から登場した2ドアクーペで
67年まで生産されました。
このモデルを最後に
ルノーとの提携も解消され
生産も終了しました。

実はこの車
ミッドシップなんです。
しかし、このキットはバリや歪みが多く
作るのに苦労しそうです。
今回も、ジオラマ化を考えていますが
今の時点で、完成予定は・・・。

コンテッサ

劇的ビフォーアフター

昨日の「大改造 劇的ビフォ→アフター」は
番組構成にやられました。

放送内容は、アフターのアフターと言う物で
リフォーム後、どの様になってるのかを紹介していました。
全部で3件の家が紹介され
3件目を紹介している時に、事件は起きました。

下宿屋を営んでいる家族で
5年前の映像には、お婆ちゃんの姿があるのに
5年後の現在は、終始、夫婦だけでお婆ちゃんの姿がありませんでした。
見ていた人の大半は、5年と言う年月の中で・・・
と、思っていたはずです。
しかし、最後の最後で
新入生を歓迎するバーベキューを行っている時に
なんと、お婆ちゃんが登場しました。
これは、明らかに狙っていたとしか思えません・・・。

7
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ