2011年12月

しんかい6500

バンダイのガンプラは
タミヤに並ぶ世界的ブランドで
同社の多色一体成型ランナーは
オンリーワン技術です。

また
バンダイ = ガンプラ のイメージですが
最近では「大人の超合金」シリーズがリリースされ
ガンプラ以外でもその成型技術が高い評価を得ています。

さてそんなバンダイから
理工系プラモデル『Exploring Lab.(エクスプローリング・ラボ)』が
新たにシリーズ展開されました。
第一弾は「1/10 ISS船外活動用宇宙服」で
第二段は「1/48有人潜水調査船しんかい6500」です。
キットはガンプラでお馴染みのクイックファスナ式で
塗装済パーツをランナーから切り離して順番に組むだけで
クオリティの高いモデルが完成します。

「しんかい6500」はハセガワからもリリースされていますが
1/72スケールとバンダイより一回り以上小く
同様のクオリティを出すには
それなりのテクニックが必要となります。

2011-12-07-1530562011-12-07-153029


エコカー補助金

エコカー補助金の復活と減税の期間延長で
4月頃に乗替えを考えているだけに
良い風が吹いてきました。

そこで早速ディーラーで詳しく聞くことにしました。
候補の1つに考えているのが ポロ コンフォートライン で
補助金:10万円
減税額: 約12万円
ということでした。
これに 10〜15万円 の値引きが加わるので
30万円 以上購入費用が抑えられます。

一時期は フィットRS に心が動いていましたが
ポロ に引戻されつつあります。
まあまだ少し時間があるので
ポロ がハイオク仕様 である点をどうクリアするか考えます。

VW

東京モーターショー 2011

今回で画像は一通りアップ出来ました。
動画もYouTubeへ数本アップしているので
近いうちにまとめてこっちへもリンクを貼りたいと思います。

今回のメインは
やはり ザ・ビートル です。
モーターショーでは
導入するグレードなどが発表され
4月頃から予約が始まり
8月頃には販売が始まります。

搭載されるエンジンは1.2L TSI で
それに 7速DSG トランスミッションが組合わされます。
フォルクスワーゲンは全グレードに
高効率の小排気量エンジンとターボ/スーパーチャージャーを組合わせた
TSI エンジンを設定し
低燃費と高出力の両立を図っています。

DSC_0432DSC_0440DSC_0446DSC_0448DSC_0453DSC_0454DSC_0469DSC_0470DSC_0475

東京モーターショー 2011

今回の入場者数増の一翼を担ったのは
海外勢の出展だとも言われています。
しかし
GMやフォードなどの米国勢は出展しておらず
今一歩の所だったと思います。

レクサスブースに出展されていた
黄色の LFA (ニュルブルクリンク・パッケージ)は
世界限定500台の内の50台しかされない仕様で
固定式のウイングや571psを発生するヤマハ製V10/4.8Lエンジンなど
スーパーカーと言える部類に入っています。

アウディブースに展示されていたのは
ル・マンで総合優勝した R18TDI です。
DI とはディーゼルエンジンという意味で
長距離を走る耐久レースでは
低燃費という点で有利に働きます。
また TDI に対抗する為
トヨタがハイブリッドカーで参戦する事を表明しており
久し振りの日本の参戦に
今後の動向が気になる所です。

DSC_0388DSC_0390DSC_0391DSC_0399DSC_0411DSC_0412DSC_0415DSC_0417DSC_0425DSC_0428DSC_0430DSC_0439DSC_0429

ThinkPad

家族用に
2万円の中古ノートを買いました。
一応Core2Duoを搭載し
低価格ネットブックよりも快適に動作しますが
メモリが1GBなので
やはりモタツキ感があり
4GBまで(2GB×2)増設しました。

残念ながら4GBまで増設しても
XPは3GBまでしか認識しないという問題もありますが
それでも起動以外は
レスポンスの向上を体感することが出来ました。

これで問題無く使えると思いきや
私が使っているフルノートを取られてしまい
こっちを私が使うことになりました。
自分用で使うのなら
HDDをSSDへ換装して更なる高速化を・・・などと
良からぬ構想が頭の中で膨らんでいます。

P1030016P1030026P1030027

レクサス GS

レクサスGSシリーズの価格が発表されました。
最低価格は510万円で
現行モデルの552万円から引き下げられ
割安感を演出している・・・そうです。
来月26日から発売されます。

グレードの内訳は以下の通りとなり
あらたに2500ccのグレードが追加されました。
またそれぞれのグレードに
「FSPORT」の設定もあります。
・GS250
・GS350
・GS450h

国内では
ARISTO時代に絶大な人気を誇ったものの
GS移行後は目立たないオッサンカーとなってしまいました。
流石にARISTO時代のような人気にはならないと思いますが
BMW5シリーズにどこまで対抗出来るか期待しています。

DSC_0399DSC_0394DSC_0393


週刊GT-R

〇〇を作るシリーズと言えば
デアゴスティ〜ニ♪ で
毎回リリースされる魅力的なシリーズに
触手を抑えるのに苦労させられます。

しかしその デアゴスティ〜ニ に対抗するシリーズが
ハーレクイン からリリースされることになりました。
そのシリーズとは
GT-R開発責任者の水野和敏氏監修による「週刊 GT-R」です。
まあ内容は
デアゴスティ〜ニ と同じで
全号(100号)集めると2011年モデルのGT-Rが完成するという物です。

しかしそのスケールは
実車のCADデータを元に
500点以上のパーツから構成された
1/8サイズというビッグスケールです。
2000GTの1/10スケールでも結構な大きさなので
完成後の置き場所に
一層悩みそうです・・・。

Racer_web_opening_image

西名阪自動車道 大和郡山インターチェンジ

今回は11月26日分の投稿です。

4月28・30に橋梁が設置された部分は
その前後も盛土も完了し遮音壁の設置が始まりました。

遮音壁の設置が終わると
いよいよ外からは見えなくなるので
一度橋梁部分を歩いてみようと考えています。

P1020972P1020977P1020979P1020974

ウォークマン Zシリーズ

4~5年前
音楽が聴けて動画が再生出来てWEBブラウジングが出来るのは
iPodTouch しかありませんでした。
あの当時ウォークマンはかなり出遅れており
性能やデザイン面で全く選択肢には入っていませんでした。

所で先日
4.3型の大型液晶を搭載し
基本ソフトにアンドロイドを採用した
ウォークマン Zシリーズ が発売されました。
スマートフォンのようなデザインで
アンドロイドならではの様々な圧縮形式に対応し
ミニタブレットとしても機能しそうです。

ネットワークへの接続は無線LANのみで
アンドロイド版 iPodTouch と言っても良いでしょう。
4~5年前 iPodTouch を買う時に
これがリリースされていれば
間違い無くこの Zシリーズ を買っていたと思います。


奈良ドリームランド

ツイッターで
「奈良ドリームランド」の呟きを目にしたので
ちょっと行って来ました。

YouTubeやブログなどを検索すると
結構な数がヒットするものの
2006年8月31日の閉園以来
すぐに行ける場所にあるにも関わらず
どうなっているのか全く知りませんでした。
いや
すっかり忘れていました・・・。

取り敢えず正面周辺を散策しようと思いましたが
トンネルを潜らないといけない構造で
「千と千尋の神隠し」ではないですけど
ここを潜ると
もう俗世界へは戻れないような
そんな気分になったので諦めました・・・。
まあ一応私有地で
通報されると厄介ですし・・・。

※動画はYouTubeからのリンクです(uxt1135 さん撮影)

P1030003P1030004P1020997


東京モーターショー 2011

今回は第3回目です。

素材メーカーと並んで出展が多かったのがパーツメーカーです。
結局
素材メーカー
それを元にするパーツメーカー
それを組み上げる自動車メーカーという形で
自動車産業全体が出展する形となっていました。

パーツメーカーのジャトコは
トランスミッションの製造メーカーで
日産車だけでなくGMやスズキなどへも供給しています。
最近は主にCVTを製造し
中心部品のスチールベルトなどが展示されていました。
このベルトの構造を見ると
切れても不思議では無いと感じました。

欧州メーカーでは
MINIのブースがMINIらしいブースで話題を集めていました。
MINI初の4ドアのMINIクロスオーバーが発売されて
話題になったばかりなのに
ニューモデルのMINIクーペが存在感を見せ付けていました。

またこれは欧米メーカー全体に言えることですが(米国は出展無し)
展示ブースでの見せ方が
国産メーカーと違って
やっぱり上手いなと感じました。
それは考え方の違いで
車のデザインにも関係あるのではないかと思います。

DSC_0328DSC_0329DSC_0332DSC_0354DSC_0355DSC_0360DSC_0365DSC_0370DSC_0373DSC_0375DSC_0379DSC_0381DSC_0364DSC_0339

オリンパス PEN EE-3

同じ鳩でも
手前の二羽と奥の一羽とでは色が違うように見えます。

誰かが撒いたエサの残りを
食べているのかな?

IMG25

東京モーターショー 2011

今回は第2回目です。

自動車メーカーのコンセプトカーや
市販間近の新型車の展示だけでなく
素材や部品メーカーの出典も多数あり
今後採用が増えるであろうカーボン素材のトップメーカー
東レのブースでは
オリジナル電気自動車の「TEEWAVE」が展示されていました。

プラットフォームはカーボンを使用し
外装パネルにはCFRPを用いることで
975Kgという車両重量を実現しています。
同サイズの電気自動車は平均1520Kgなので
大幅な軽量化を実現しています。

スバルブースでは
今回の一番の話題であるBRZへ
実際に乗り込むことも出来ました。
わずかな違いですが
個人的には86よりもこっちのデザインの方が好みです。
しかし誰でも買えるスポーツカーということで
低価格を打ち出していますが
展示車両はオプション満載だったと思います。
この車両は買うと300万円位するのではないでしょうか・・・。

DSC_0236DSC_0248DSC_0247DSC_0252DSC_0251DSC_0258DSC_0263DSC_0265DSC_0278DSC_0298DSC_0300DSC_0318DSC_0271DSC_0289

東京モーターショー 2011

今回の東京モーターショーの入場者数は
前回より20万人増の
84万2600人だったそうです。
平成3年の200万人から比べると
右肩下がりですが
今回で歯止めが掛かったとの憶測が流れています。

しかし前回は
リーマンショックの影響で
欧米メーカーが軒並み出展を取りやめ
国内メーカーが中心だったことを考えると
歯止めが掛かったと考えるのはどうかと思います。

さて
東京モーターショー関連の記事は
画像を中心に3〜4回アップしようと思います。
今回は
発売間近のアクアや
オールスカイアクティブのCX-5が主役です。

変わりだねでは
関東自動車工業の
ハイブリッドコンセプトFSや
日野自動車の
ダカールラリー2011年参戦車のレンジャーです。
FSはセンチュリーのコンセプトモデルだと思います。

DSC_0123DSC_0128DSC_0140DSC_0191DSC_0208DSC_0216DSC_0221DSC_0222DSC_0223DSC_0225DSC_0227DSC_0228DSC_0171DSC_0189DSC_0213

フェラーリ F60

完成です。
せっかくなので一眼レフで撮影すると
アラが消えて一層完成度が増しますね。

これで車両は完成しましたが
今度はピットクルーの製作が残っています。
こっちの方は
空いた時間にまとめて作って行こうと思いますので
完成次第
画像をアップしたいと思います

DSC_0002DSC_0041DSC_0044

ヒット商品番付

今年も日経MJの
「ヒット商品番付」が発表されました。
どうやって番付を決めているのかは考えないようにして
やはり横綱は
「アップル」と「節電商品」でした。
この番付でアップルは常連ですが
節電商品が横綱に入ったのは世相を反映していますね。

また変わりだねでは
前頭に入っている「はちみつレモン」です。
思わず
は〜ちみつレモン♪
という懐かしいフレーズが出てきますが
サントリーが12年振りに発売した復刻版で
巷では再ブレークしているそうです。

ちなみに2010年の横綱は
東:スマートフォン
西:羽田空港
でした。
スマートフォントいうことは
今回のアップルやアンドロイドに共通する部分があり
連覇ということになりますね。

m_201120hits

西名阪自動車道 大和郡山インターチェンジ

11月6日分の投稿です。
今回の線表は間違っていないようです(笑)

しばらく行かない間に
反対側の一部は道路の土台部分が
完成していました。

この現場のリポートを始めて
11月で1年になりますが
1年も経つとかなりの部分の形が見えてきました。
どこまで作るのか分かりませんが
工事終了までリポートしたいと思います。

P1020910P1020914P1020915P1020918P1020921P1020990

予備バッテリー

これまで普段社外品の
1400mAh を使っていたんですが
残量表示が未対応で
専用充電器でしか充電出来ないなど
何かと不便だったので

新たに
2640mAh の大容量かつ
残量表示対応で純正充電器にも対応した物を購入しました。
最初から付いて来た純正バッテリーが
725mAh なので
軽く3倍強の容量です。

ただ容量に比例して体積も大きくなるので
液晶が折り畳めなくなりました・・・。
ちなみにアマゾン価格で ¥1520 でした。
純正品だと
この価格の5倍はすると思います。

P1020987P1020988P1020989

フェラーリ F60

ミラーや給油リッドなどの小物を取り付けたので
あとは
エンジンフードとタイヤを取り付ければ
ほぼ完成です。

ちなみにタイヤのロゴは
スライドマークではなく塗装で再現しました。

P1030482P1030459P1030458

バーキン

先日来日したブータン国王夫妻
国王の容姿だけでなく
王妃の美しさも話題になりました。

しかし話題になれば
それだけ批判もある訳で
国会を訪れた際に王妃が持っていた
バーキンに対して「バーキンはいかがなものか」と言う意見が
一部であがっています。

バーキンはケリーと同様の人気を誇るエルメスのブランドの1つで
英歌手のジェーン・バーキンに提供されたことが
「バーキン」の由来となっています。

いくら「国民の幸福を・・・」と言っても
あくまでも王妃であり
国賓として来日するからには
上下21という訳には行かないと思います。
それにエルメスから提供された可能性もあります。

o0450037011626805982

手袋

宇宙服は熱がこもらないよう
内部にホースを張り巡らせ
水を循環させることで体を冷やしています。
なぜか?
真空は熱を伝え難く体温が逃げずに溜まってしまうからです。
簡単にいうと
魔法瓶が冷え難いのと同じです。

さてこれからの季節
「首」の付くところを締めると
保温効果が上がるそうです。
サンコーレアモノショップを覗くと
USB給電のあったかグッズの特集が組まれていました。
そんな中で
乾電池で使用できる
「どこでもあったか手袋2」なる商品が掲載されていました。

手首から指先までヒーターが張り巡らせてあり
単三アルカリ乾電池で7時間も使用出来るそうです。
アイデアは素晴らしいと思いますが
宇宙服のグローブのようなデザインは
どうにかならなかったのでしょうか・・・。
また乾電池は本体に収納出来るものの
左右で3本ずつ必要など
今一歩な感じです。

untitleduntitled2

東京モーターショー

いよいよ一般公開が今週の土曜に迫ってきました。
前回はリーマンショックの影響で
海外メーカーの殆どが出展を取止め
国内メーカーの努力で何とか会場を埋めたのが
欧州メーカーを中心に出展が戻ってきました。

今回は会場まで遠征することを決め
これで大阪・名古屋・東京と
国内主要会場を制覇したことになります。

今回の注目は
やはりFT86/BRZで
それを中心に
・アクア
・CX-5
・ミラージュ
・スイフトスポーツ
・ザ・ビートル
・ミニクーペ
など既に市販間近のモデルや
世界初公開のモデルを見てこようと思います。

IMG_000IMG_001IMG_03P1020983
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ