2012年07月

愛知県庁

建物模型と言えば
城や鉄道模型用の ストラクチャー ですが
最近は スカイツリー や愛知県庁など
現代の建築物が模型化されています。

愛知県庁は ファインモールド から リリース されている 1/500キット で
塗装済の スナップキット ながら帝冠様式の屋根や レンガ の モールド など
非常に精密に再現されており ヒット 商品となっています。

塗装済の スナップキット なので
そのまま組んでもある程度形にはなりますが
やはり塗装して簡単な ウェザリング をして仕上げたいですね。

愛知県庁

フィットEV

試験販売が中心だった ホンダ の EV も
いよいよ量産販売の時期に来たようです。
国内では当面は企業や自治体向けの リース 販売が中心になりますが
米国では既に一般向けへの納車が始まり
2013 年初頭には 6 州まで販売 エリア を拡大するそうです。

米国仕様は急速充電器に対応していないものの
それ以外は国内仕様と性能は同じで
1 回の充電で 225Km の走行が可能です。
最高速度は 144Km/h で
急速充電器を使用する場合は 20 分
また 200v 電源を使用する場合は 6 時間で フル 充電が可能です。

国内では国土交通省から
国内最高の電費性能の認可を取得し
米国でも環境保護庁の米国での最高電費の認可を取得しています。

FIT_EV_DENPI_0102


GPU クーラー

CPU 用の簡易水冷 キット も各社から リリース され
スペース さえあれば水冷も視野に入れるのが普通になりました。
また最近では リテール 品も登場し
漏水の心配もほぼ無くなったのではでは無いでしょうか?

さて CPU の簡易水冷に続いて GPU の簡易水冷 キット も リリース されました。
基本的に CPU 用と同じ仕組になっていますが
俗に言う水枕側にも ファンユニット が追加されています。
高性能 GPU となれば
空冷でも巨大な ヒートシンク を搭載していた訳ですが
しかしこの ファンユニット は
まるで戦隊物の変身 グッズ みたいですね(笑)

仮に CPU と GPU を簡易水冷で水冷化した場合
ケース 内に 30cm 近い吸気 スペース が必要なので
あまり現実的では無いですね・・・。

accelero-hybrid-arctik0uhl

西名阪自動車道 大和郡山インターチェンジ

今回は 7 月 22 日分の投稿です。

積まれている砂利は
解体した橋梁の コンクリート を
コマツ の ガラパゴス で粉砕した物だと思います。
ガラパゴス とは「大型自走式破砕機」のことで
前回の記事に画像があります。

ところで対岸から見ると
堤防のすぐ裏で新たに橋脚建設用の足場が
組まれているのがよくわかります。
古い部分を解体出来ないのは
堤防と一体になっているからなんでしょうね〜。

大和郡山IC大和郡山IC大和郡山IC

Z32

ビートル が完成したので
次のお題に移りたいと思います。
今回は Z32 です。

Z32 は タミヤ と フジミ からリリースされていますが
エンジン まで再現されている タミヤ の Tバールーフ 仕様を作ります。
かつては コンバーチブル も含め数種類 リリース されていましたが
現在は絶版となり購入できるのは Tバールーフ 仕様のみとなっています。

ちなみに Tバールーフ とは
フルオープン では安全基準を クリア 出来なかった時代に考案され
ルーフ の中央に T 字形のフレームが通っているのが特徴です。
ガラス が取外せるなど
クーペ と オープン の良い所取をしたような感じですが
経年による雨漏りや ボディー 剛性の低さから
不人気の部類に入ります。

P1030372P1030371

3ディスプレイ化

F1 が地上波から BS へ移行したことを機に
数ヶ月掛けてPC 周りを増強しました。
チューナーボード を入れるか 外付 チューナー にするか迷いましたが
既に 地デジボード が入っているので
PC を起動せずに観られるよう
地デジ/BS チューナー を購入しました。

外付け チューナー にすると
PC 画面との併用が出来ないので
一番古い ディスプレイ を視聴専用にして
新たに アイ・オー・データ のディスプレイを PC 用に追加しました。
この結果見た目上は 3ディスプレイ となってしまいました。
GB を追加すれば PC 画面を 3 面出力出来るので
今後の課題にしたいと思います。

またこれを機に
サブウーファー も導入しました。
アンプ に ウーファー 出力がありながら
サイズ や値段の問題でなかなか導入出来ずにいましたが
サンワダイレクト で丁度良いのを発見したので
勢い余って購入してしまいました。

やはり低価格ではあるものの
サブウーファー の威力は絶大で
価格以上の価値はあると思います。

P1030802チューナーP1030813

ダース・ベイダー クリスタルパズル

以前は パズル といえば二次元的に 組んで行く物が
最近は三次元的に組む物が多くなり
「これはパズルなの?」という様な複雑なものまで
リリースされています。

今回 リリース された
ダース・ベイダー クリスタルパズル も
そんな三次元 パズル で
全 60ピース を組上げると
クリアーブラック の ダース・ベイダー が完成します。

以前から ダース・ベイダー の頭部はいろいろリリースされていますが
三次元 パズル は初めてではないでしょうか?

ダース・ベイダーダース・ベイダー



プラウディア / ディグニティ

三菱自動車から
プラウディア/ディグニティ が復活することになりました。
プラウディア とは
1999 年当時提携してた ヒュンダイ と共同開発された デボネア の後継車種で
エンジン などの一部を除き
共通部品は韓国から輸入して組立てられていました。

その プラウディア を リムジン 仕様にしたのが ディグニティ で
秋篠宮家公用車として納入された以外は
三菱グループの重役専用車の印象が強く
2000 年に投入されたものの 2001 年には
プラウディア と合わせて生産が終了しました。
生産台数は僅か 59 台で
限定車を除いて日本車で最も生産台数が少ない乗用車となっています。

今回の新型は
日産自動車から フーガ/シーマ を OEM 供給を受ける形で販売され
三菱自動車としては久し振りの高級車となります。
もっとも
生産終了から約 11 年経過しているので
三菱グループ用に納入した プラウディア/ディグニティ の
更新に合わせた投入だと思います。

ディグニティディグニティディグニティ

外付けグラフィック

基本的に現在主流の ノートPC は
グラフィックボード の交換が出来ず
性能を向上させる為には新しいのを買うしかありません。

しかし インテル が開発した Thunderbolt を使用すれば
グラフィックボード が外付けにでき
デスクトップPC のように自由に交換することが可能となります。

それを可能にしているのが
USB3.0 の 2 倍に相当する 10Gbps の転送速度や
最大 10w の電源供給能力などで
すでに MacBookPro など一部の高性能 ノート に搭載され始めています。

またこの規格は
USB3.0 の発展型ではなく
PCI Express 2.0 の発展型で
グラフィックボード 以外にも ネットワークカード や SSD が接続でき
簡単に性能を アップグレード することが可能となります。
近い将
グラフィックボードケース なんて製品が
普通に売られる時代が来るんでしょうね〜。

l_kn_ivyad03_05l_kn_ivyad03_09l_kn_ivyad03_07

66年型ビートル

ビートル 今回で完成です。

94 年から発売されている キット ですが
根強い人気なのは分かりますね〜。
素組でもこれだけの完成度が出せます。

ちなみに
ボンネット や ドア の モールド は
塗装より簡単で見た目が綺麗な
ハセガワ の アルミフィニッシュ で再現しました。

ビートルビートルビートルビートルビートルビートル

MRJ

米国 スカイウエスト 社から
MRJ 100 機の受注を獲得したそうです。
今回の受注は約 1 年振りで
合計受注機数は 230 機となり
350〜400 機とも言われている採算ラインに
一歩近付きました。

YS-11 の受注機数が 182 機なので
実績が無く試験飛行も終わっていない現状からすると
まずまずではないでしょうか。
しかし今後の課題として YS-11 でも問題になった
サービス 体制の構築ですが
ボーイング 社と提携する契約を結んでいるものの
どこまで信用できるか・・・。

ところで航空科学博物館には
型式取得用の試作 1 号機が屋外展示されています。
出掛けた日は中を見ることは出来なかったのですが
今後 MRJ の試作機も展示されるんでしょうね〜。

航空科学博物館航空科学博物館航空科学博物館航空科学博物館航空科学博物館航空科学博物館

3D 化

この価格(1980円)で iPhone の画面が 3D になるのかと
衝撃を受けましたが
詳しく説明を読むと・・・

YouTube で公開されている YT3D 動画のみに対応し
YT3D に対応していない動画は
観られないと言うことが判明しました。

この値段で iPhone で 3D を観ようする志は評価出来ますが
しかしこの大きさは・・・。
この スコープ に足を付けたら
まるで ニンテンドー の バーチャルボーイ ですね。

400-CAM021_02400-CAM021_03400-CAM021_04

西名阪自動車道 大和郡山インターチェンジ

今回は 7 月 8 日分の投稿です。
6 月は天候不良などが重なり
結局 1 度も現場へ行くことが出来ませんでした・・・。

その間に
旧道の盛土部分には
新たに橋脚の基礎が築かれ
7 月 4 日にはスマート ETC のレーンが開通しました。(大和まほろぼスマートIC)
現在は名古屋方面だけですが
13 年度末には大阪方面にも設置される予定となっています。

所で予定では
8 月 10 日で今期の工事が終了となっており
工事の進み具合が 80% を超えました。
と言うことは
この投稿も来月で一区切りとなります。
それまで先月の反省も踏まえて
出来るだけ現場へ足を運ぼうと思います。

大和郡山スマートIC大和郡山コマツ大和郡山大和郡山

新型 ES

新型 ES の生産が
トヨタ自動車九州で始まりました。
ES とは ウインダム という名で 4 代目まで
カローラ 店で販売され
その後 カムリ に統合されました。

海外では販売が継続され
今回の新型で 6 代目となります。

6 代目は GS から始まった スピンドルグリル を採用し
プラットフォーム は カムリ から アバロン に変更されました。
しかし今回から加わった ハイブリッド 仕様は
カムリ と共通のシステムを搭載し
平均 17Km の燃費を実現しています。

国内で販売されていた 4 代目は
カムリ との違いが微妙で不人気だったのは分かりますが
その反省からか 5・6 代目は一気に デザイン が良くなったので
日本にも入れて欲しいですね〜。

ESES


超小型車

自動車の歴史は
安全基準の強化と共に大型化し
現在ではコンパクトカーと呼ばれる車種でも
欧州車を中心に3ナンバーが当り前となっています。

所で乗用車の走行距離は
10Km 以内が 6 割で
乗車人数も 1〜2 人だそうです。

そんな事情を踏まえて
買い物など近距離の移動向けに
「超小型車」の公道走行を認める動きが活発になってきました。
現在開発されている「超小型車」は主に環境負荷の小さい電気自動車で
区分とし
軽自動車と第1種原動機付き自転車(四輪)の中間になる見込みです。

しかし主なターゲットが高齢者で
高齢者の事故が増えてるだけに
スクーターや自転車感覚で公道をチョロチョロ走行されると・・・。
免許制度や講習会なども検討されていますが
不安が残ります。

超小型車区分

ペンタックス K-30

デジタル一眼レフ=黒
と言う考えを一新したのがペンタックスの K-x です。
ボディ20色/グリップ5色 の中から自由に組合わせてオーダーでき
その上レンズキットが 69800円 と比較的現実的な価格なのも魅力的です。

さてそんなペンタックスから K-30 がリリースされました。
もはや CCD の有効画素数は 1628万画素 と
購入する際の比較要素に有効画素数はもう入らないと思います。

それよりも
18色 から選べる K-x 譲りのカラーバリエーションや
防塵/防滴構造/耐寒性能 など
他メーカーには無い付加価値の方を
比較要素として検討した方が良いのではないでしょうか?

ちなみに アマゾン 価格は
レンズキット が 80820円 でした。 ※クリスタルホワイト

bod_img_02


モバイルモニタ

USB 接続の液晶 ディスプレイ が多数リリースされていますが
殆どの ノートPC には ディスプレイポート が装備されているので
いまいち使い道が分かりませんでした。

しかし モバイルタイプ のモニタは
USB 給電が可能で
ノートPC の背面に取付けて ダブルモニタ として使用したり
プレゼン で使用したりと
ようやく使い方が見えて来ました。
また タブレット や スマートフォン と接続出来たりと
それなりに応用も可能なことがわかりました。

まあ使い道が分かった所で
個人的にはあまり必要無いのですが
非力なマシーンでも手軽に ダブルディスプレイ が構築出来る点は
評価出来ると思います。

 ON-LAP1302


4ドアクーペ

メルセデス : CLS
アウディ : S5/A7
BMW : 6 グランクーペ
ポルシェ : パナメーラ
  ・
  ・
  ・
現在欧州では 4ドアクーペ が ブーム となっており
プレミアム な位置付けとして
各社 ランナップ を揃えています。
この ブーム の先駆けは
メルセデス が2004年に発表した CLS で
Eクラス(W211) の派生車として誕生しました。

日本において 4ドアクーペ と言えば・・・
アテンザ くらいでしょうか?

しかし 4ドアクーペ の ジャンル のを開拓したのは
日本車であることはあまり知られていません。
当時日本では
カリーナED センティア カローラセレス/マリノ など
小型セダンから大型セダンまで
幅広く販売されていました。
センティア なんかは
現在欧州で販売されている4ドアクーペと比べても
十分勝負の出来るデザインだと思います。

K0000287675

MRJ

世界最高の燃費を誇るとされている MRJ は
2度にわたる初号機の納入延期や
1年近く新規受注が獲得出来ないなど
低空飛行が続いています。

しかし先日
搭載されるエンジンの飛行試験が開始されました。
開発しているのは プラット・アンド・ホイットニー社 で
画像のように 747SP に搭載して行われています。
通常は翼の下に搭載されますが
小型エンジンだからか
このような方法がが採られています。

ちなみこのエンジンは
エンジンとコンプレッサーの間に変速機を設置した新設計で
世界最高燃費の要となるパーツです。

120503_PW1200G3-640
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ