2013年06月

SLR 722

ボディー に サフ を吹きました。
最近は艶消しの マット な感じも流行ですが
この上に色を乗せて クリアー で艶を出したいと思います。

SLRSLR

一眼/一眼レフ

Nikon や Canon は フィルム 時代からの レンズ 資産を
そのまま生かせるなどの利点から
デジタル 化した現在でも デジタル一眼/デジタル一眼レフ 市場では
世界的な二強と言えます。

しかし デジタル一眼 市場では
ソニー や パナソニック などが シェア を伸ばし
海外ではより低価格な製品を サムスン などが販売しています。

そんな サムスン が先日
アンドロイド を搭載した デジタル一眼(GALAXY NX) を発表しました。
まさに デジタル一眼 に スマートフォン をくっ付けたような デザイン で
撮影した画像を 3G /LTE や無線 LAN 経由で
ネット で共有する・・・と言う楽しみ方を提案しています。

確かに日本国内でも
アンドロイド を搭載した コンパクトデジカメ が発売されており
すぐに画像を共有出来るという点は面白いと思います。
ただ
デジタル一眼/一眼レフ を使用する目的は
コンパクトデジカメ では撮れない高画質な画像を撮ることであり
スナップ 感覚で撮って ネット で共有するのであれば
わざわざ嵩の高い一眼である必要は無いと思います。

また デジタル一眼/一眼レフ ユーザー は大抵 PC を持っており
撮影した高画質の画像を生かした
余分な所を切り取る トリミング などの編集も楽しみの一つなので
GALAXY NX は一定数以上は売れないのではないでしょうか。

20130621_galaxynx-1

オイル交換

走り出しや加速時に
ジリジリ と異音が鳴っていたので
ファンベルト の調整と グリースアップ を
オイル 交換のついでに行いました。

どうも ベルト の張り具合が
基準の下限値を下回っていたらしく
それで異音が発生していたようです。

今回は無償対応の対象だったので
オイル の グレードアップ の差額分と
オイルフィルタ の交換代金のみでした。

54IMG

空中庭園

先日
久し振りに スカイビル の空中庭園へ行って来ました。
最後に行ったのは・・・ 10 年くらい前ですかね〜。

空中庭園からの風景は
大阪駅周辺で劇的に変化し
その他も前回撮影した物と比べると
細部が結構変わっていました。

この違いは次回 アップ したいと思います。

DSC_3790DSC_3842DSC_3845


SLR 722

内装色は サフ をそのまま生かしました。

また マスキング の必要が無いほど
殆どの パーツ が分かれており
しかも パーツ の合いは完璧です!

SLRSLRSLR

アップスキャンコンバーター

USBケーブル は基本的に変換 プラグ を使用すれば
ミニ であろうが マイクロ であろうが
関係無く使用することが出来ます。
これと同じように
RCAケーブル から ステレオミニ 等に変換するのも
簡単に出来ます。

所で PC 用の液晶 ディスプレイ を有効活用するのに
地上 デジタルチューナー を接続する方法があります。
しかし両方に HDMI 端子が搭載されていれば
ケーブル 1本で良いのですが
どちらかが アナログ 端子しか搭載していない場合は
ケーブル 1本で・・・と言う訳には行きません。

例えば チューナー の S 端子から
液晶 ディスプレイ の D-SUB 15ピン に接続する場合
アップスキャンコンバーター が必要になります。
これは信号方式が違う為で
そのまま接続しても表示することが出来ないからです。

アマゾン では以下のような
S→D-SUB 変換 ケーブル が販売されていますが
使えない物を販売するって詐欺のような気がします。

アマゾン

ヒット商品番付

2013 年上半期の
ヒット 商品番付が発表されました。
あっと言う間の半年で
番付を見ていると
既に忘れ掛けているのもありました。

去年の上半期と比べてみると( 2012上半期 )
関脇に入っていた LINE は
今回も関脇で番付入りしています。
また フルメークウォッシャブルベース で
番付入りしている資生堂は
前回もエリクシールデーケアレボリューション で
番付入りしていました。

しかし住宅 ローン が西の横綱と言うのは
何だかな〜という感じです。
去年は西の横綱が不在だっただけに
何としても入れたかったのかな(笑)

P1040607

矢田寺

ワイコン を購入したので
久し振りに矢田寺まで行って来ました。

2 年くらい前にも一度行った事があるのですが
特に変わりは有りませんでした。
今年の梅雨は空梅雨の様相を呈していますが
確実に植物には梅雨が来ているようです。

アクセスは・・・車で行くことをお勧めします。

DSC_3987DSC_3997DSC_3972


SLR 722

指定では ライトユニット の真ん中以外を残して
黒で塗装することになっているので
キッチンハイター で メッキ を落として
逆に真ん中のみを塗装することにしました。

そこでせっかくなので
フレーム に組付けた後
ボディー を被せてみました。

実写もこんな感じで組付けて行くので
なかなかいい感じです♪

SLRSLRSLR

ワイコン

デジタルキング の ワイコン を購入してみました。
同じ メーカー から
マクロレンズ と セット になった物も リリース されていますが
値段や重量を考えて
ワイコン のみの物にしました。

画像でも分かりますが
ワイコン のみでも レンズ 径がかなり大きく
今回は ステップアップリング を介して カメラ に装着しています。

レビュー 動画を一応撮ってみましたが
言ってしまえば違いは僅かです。
しかしその僅かな違いが
実は効いてくるという物です。
まあ自己満足の世界なんですけどね(笑)

DSC_4052DSC_4055


カローラ

米国市場での カローラ の販売台数は
29 万台(2012年)と
主力車の カムリ に次ぐ販売台数で
トヨタ 全体では約 14% を占めています。

そんな米国市場向けの カローラ が
5 年振りに モデルチェンジ しました。

先代も日本仕様とは異なる デザイン でしたが
今回は更にその差が大きくなり
同じ カローラ とは思えない
スタイリッシュ な デザイン となっています。

若手 ユーザー 向けの サイオンブランド も展開していますが
カローラ は トヨタブランド として販売し
トヨタブランド の若返りを図る狙いがあるそうです。


横須賀基地

海上自衛隊が配備する "そうりゅう型潜水艦" は
水中排水量 4200トン を誇り
通常動力潜水艦としては世界最大級の潜水艦となっています。

この潜水艦を中心に編成された潜水艦部隊は
呉基地と横須賀基地に配置され
司令部は横須賀基地に置かれています。

横須賀軍港めぐりでは
そんな貴重な潜水艦を間近で見られる貴重な機会なんですが
護衛艦のような識別番号が無く
何が何なのかさっぱり分かりません・・・。
それでも
米空母を間近で見られるなど
行くだけの価値はあると思います。

横須賀基地横須賀基地横須賀基地横須賀基地横須賀基地横須賀基地


SLR 722

これで エンジンルーム は
ほぼ完成です。
少ない パーツ で見事に再現されています。

これでは少し寂しい気もするので
エンジンブロック の エンブレム を
クロームシルバー で塗ろうかな・・・。

P1040068

スモール・オフセット

自動車を各国へ輸出する場合
各国の安全基準に適合させる必要がありますが
灯火器などの細かい所を除けば
大体の基準は各国同じ物となっています。

ところが最近
米国道路安全保険協会が独自に行っている
スモールオ・フセット テスト が話題になています。
従来の オフセットテスト が フロント の 40% を 64km で衝突させるのに対し
スモール・オフセット は
25% まで減らして 64km で衝突させる為
フロントサイドフレーム で衝撃を吸収することが難しく
従来よりも大幅に キャビン への強度が求められます。

ちにみに ”2013トップセーフティピック” の認定を受けた プリウスα は
4 段階評価で最低の POOR(不可) という結果となりました。
しかし日本車に限らず
欧州車でも対応出来ているのは一部の車種に留まっています。

また言い方を変えれば
スモール・オフセットテスト に適合させた設計ではないので
当然と言えば当然で
適合していないからすぐに危険かと言われれば
そういう物でも無い訳で・・・
"安全"を言い出したらキリが無いので
ある程度の所で割り切る必要がありますね。




西名阪自動車道 大和郡山インターチェンジ

今回は 4月27日 分の投稿です。
久し振りに動画を撮ってみました。

完成予想図を見ると
池を取り壊して移設してるんですが
現在の状況は
池の中で建設作業が行われています。

完成後に池の堤防などを取り壊すのだろうか・・・。


SLR 722

あっと言う間に足回りが完成しました。
フルディスプレイキット とは言っても
エンジン などは一体成型
塗り分で再現する手法となっています。

取り敢えず
エンジンブロック を塗装する際
塗料が抜けるよう底を貫通しておきました。

しかしこれが完成すると
一体成形に見えない所が
流石は タミヤ です!

SLRSLR
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ