2013年11月

西名阪自動車道 大和郡山インターチェンジ

今回は 10月13日 分の投稿です。
久し振りに動画を撮影してみました。

池の中の橋脚が完成し
橋梁が設置され始めました。
盛土が完成すると
この辺りの風景も一変すると思います。


YouTube

ここ数日の間に
YouTube の仕様が変更されたのか
2~3 年前に投稿した一部の動画が
異常に横長に表示されるようになってしまいました。

一時的な物だと思っていたのですが改善せず
恐らくこのままだと思われます。
一応 PC にも保存してあるので
一部は再投稿しようと思います。

この ブログ に貼り付けた限りでは
大して変わりは無いように観えますが
YouTube 本体から観ると
かなり横長になっています。

一応 YouTube も クラウド に入り
ネット 上で共有出来る利点がある反面
いざ不具合が生じると
こちら側ではどうしようも無いので
やはり バックアップ は必要だと痛感させられました。




コペン

小学生以来 ミニ四駆 の世界から遠ざかっているので
ARシャーシ など
よく分からないのですが
何やら ダイハツ が 東京 モーターショー に参考出展した
コペン の ミニ四駆 が リリース されるそうです。

タミヤ の サイト を覗くと
なかなか良い感じのが アップ されているのですが
キャビン や リア がどうなっているのかは
分かりません・・・。

しかし検索すると画像が数枚 ヒット したので
それを見ると
リア 周りはそれなりに再現されているのですが
インパネ は省略されているみたいです・・・。
まあ ミニ四駆 の枠で作るのには
これが限界だったんでしょうね。

o0500037512751989745o0500037512751989744

本カー・オブ・ザ・イヤー

2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー が発表されました。

カー・オブ・ザ・イヤー :VW ゴルフ
特   別   賞   :ダイハツ ムーヴ(福祉車両)
イノベーション部門   :三菱 アウトランダーPHEV
エモーショナル部門   :マツダ アテンザ
スモールビリティ部門  :スズキ/マツダ スペーシア/フレアワゴン

今回受賞した ゴルフ は 6 月に発売され
シャープ で クリーン な デザイン と
先進の安全装備が評価され
発売から 5 ヶ月で 1万50000台 の受注を獲得しています。

輸入車が カー・オブ・ザ・イヤー に選ばれるのは
今回が初めてで
輸入車の シェア 拡大や信頼性向上が寄与した結果ではないでしょうか。

また今回から
イノーベション / エモーショナル / スモールビリティ
部門が新設され
軽自動車と高級 セダン が同一選考・・・という不公平が解消されました。


タートルズ

タートルズ の リメイク が
2014 年から地上波で放映されるそうです。
以前の シリーズ は
テレビ 東京で放映されていたので
今回も テレビ 東京で放映されるのではないかと思われます。

しかし CG で製作された映像は
良くも悪くも アメリカ 的で
日本の アニメ に慣れていると
少し違和感を感じます・・・。

また地上波と合わせて
劇場版も製作されており
こちらは 2014 年6月6日 に封切が予定されています。

タートルズ・・・
亀と忍者の コラボ と言う異色の組合せながら
一時は ゲーム になる程の人気あり
私も持っていました(笑)


西名阪自動車道 大和郡山インターチェンジ

今回は 9月28日 分の投稿です。
池の中に造られた橋脚に橋梁が設置され始めました。

この橋梁は大和郡山 ジャンクショ まで続き
ジャンクション と京奈和道に接続されます。

また 1 枚目の画像を見ると
この部分は盛土になるみたいです。

P1050029P1050022P1050027

物置兼洗濯干場に窓を作ってみました。

本当はアルミサッシ を入れたかったのですが
予算の都合と
補強が必要なことから断念して
木材で作ってみました。

あくまで
素人の日曜大工 レベル で考えると
合格 レベル ではないでしょうか?

P1050095


天理ダム

10 年振りくらいに天理 ダム まで出掛けました。
周辺はしっかり整備されているので
特に変わりは無かったのですが・・・

やはり ダム と言う性質上
人里離れた山奥にあり
膨大な水を湛えていることから湿度も高く
心霊 スポット になるのも無理はないと思います。

実際に年間数体の遺体も発見されているので
心霊 スポット と呼んで良いのかも知れませんが・・・
でもそんな事を言い出したら
少なくとも大都市圏は
戦争による空襲で何十万人と言う方々が亡くなっているので
町全体が心霊 スポット・・・となってしまうので
あまり考え過ぎない方が良いと思います。

P1050118


RJCカー・オブ・ザ・イヤー

NPO法人・日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)・・・
が主催する RJCカー・オブ・ザ・イヤー が発表されました。

国産車部門:アテンザ
輸入車部門:ボルボV40
技 術 部 門 :アウトランダーPHEV

やはり前回の記事で予想した通りの
結果となりました。
まあ予想したのは 日本カー・オブザ・イヤー の方ですが
たぶん同じような結果になりと思います。

ちなみに
RJCカー・オブ・ザ・イヤー は
日本カー・オブ・ザ・イヤー の審査員が
レーサー 出身の自動車評論家が多く
運動性能に偏重した選考が多い・・・という理由から
三本和彦氏 や 星島 浩氏 などによって設立されました。

E3839EE38384E38380E383BBE382A2E38386E383B3E382B61

スズキハスラー

スズキ ハスラー と言えば
二輪車の・・・ではなく
スズキ が東京 モーターショー へ出展する
クロスオーバー の軽自動車で
発売間近だと言われています。

初めて見た時は
軽自動車版 FJクルーザー かと思いましたが
よく見ると ヘッドライト や リアコンビランプ の形状が
ダイハツ ココア と近いように感じました。

一部では NEW MINI の パクリ だとも言われていますが
実物を見てないので何とも言えないですね〜。

001_o002_o

青函トンネル

北海道新幹線の整備に伴い
青函 トンネル の竜飛海底駅が営業を休止しました。
トンネル 内にはもう一箇所吉岡海底駅があり
こちらは 2006 年から営業を休止しています。

青函 トンネル は
線路を敷設した本坑
地質調査などを行った先進導坑
資材の搬入などを行う作業坑
の 3 本から構成されており
作業坑がそのまま避難所や機械室として運用されています。

映像では
記念館と トンネル を往復する ケーブカー や避難所
排煙設備などが映っています。
青函 トンネル 記念館の営業は続けられるそうですが
坑道の見学は今後再開されるのか
詳しく アナウンス されていません・・・。
産業遺産とも言えるだけに
一度行っておきたかったです・・・。


CFカード

先日 サンディスク が
256GB のCFカード を発表しました。
そもそも CFカード の始まりは
98 年に発売された 4MB~86MB で
それから 15 年掛けて 256GB まで到達しました。

その間には スマートメディア や XD など
既に市場から消えた物や
CFカード に HDD を埋め込んだ マイクロドライブ など
多種多様な メディア が登場しました。
しかし記録 メディア の規格も
ほぼ CF と SD に統一されたと思います。

ちなみに CFカード が 256GB まで拡大したということは
mSATA SSD と大きさや容量が被ってくるので
NUC 用の ドライブ など
使用環境が広がりそうです。
※画像はマイクロドライブです

02v

西名阪自動車道 大和郡山インターチェンジ

今回は 8月18日 分の投稿です。

上段中の画像ですが
現在 2 本の道路が完成予想 CG では
4 本になっています。

そしてその先には料金所らしき建物も建設される予定となっています。

P1040843P1040825P1040824P1040826P1040830

日本カー・オブ・ザ・イヤー

「第34回2013-2014 日本カー・オブ・ザ・イヤー」
一次選考の 10 車種が発表されました。

・トヨタ クラウン
・ホンダ フィット
・マツダ アテンザ
・ミツビシ アウトランダーPHEV
・スバル XV HYBRID
・フォルクスワーゲン ゴルフ
・メルセデス・ベンツ Sクラス
・MINI ペースマン
・ィアット パンダ
・ボルボ V40

デザイン は欧州車・・・と言いたいのですが
アテンザ の デザイン は日本車の枠を超えていると思います。
それに発表当時は恐ろしく奇抜に見えた クラウン も
街中で見掛けるようになると
悪くないと思えるようになりました。

テクノロジー 関連で言うと
やはり アウトランダーPHEV だと思います。
前後それぞれに モーター を配した四輪駆動方式は
今後 プリウスPHEV より大きな車体の
トレンド になる予感がします。

う〜んこの中で何が選ばれるのか・・・
カーオブザイヤー : アテンザ
インポートオブザイヤー : V40
実行委員会特別賞 : アウトランダーPHEV
だと予想してみます(笑)

40-hdrbg

新型オデッセイ

ホンダ オデッセイ が フルモデルチェンジ に伴い
5 代目へ移行しました。

初代は 94 年に登場し
乗用車 ベース の低床や ハンドリング の良さ
また スライドドア ではなく ヒンジドア を採用した スタイリング など
当時の ワンボックスカー の トレンド を取入れないことが新鮮さを生み
現在まで続く長い ヒット に繋がっています。

しかし 5 代目では
遂に両側 スライドドア を採用することになりました・・・。
低床 プラットフォーム などの コンセプト は
従来と変わらないのですが
背が高くなったからなのか
随分と大きくなった印象を受けました。
やはり ライバル と同じように
両側 スライドドア や 8 名乗車を取入れないと
オデッセイ と言えども
この クラス では生き残って行けないのでしょう・・・。

所で フロントマスク は
新型 フィット に通じる物を感じました。
しかし幅が広い為か
フィット より デザイン にまとまりがあるように思います。

010_o


86を作る

86 が完成したので
以前制作した AE86 と並べてみました。
こうして 2 台の "86" を並べてみると
車の進化が良くわかります。

まあ 86 は
2000GT の進化版に近いので
AE86 とは車の性質が異なり
それは価格にも現れています。

868686868686

訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ