2014年10月

オキュラスリフト

水中眼鏡の様な オキュラスリフト は
一体何が凄いのか?
見た目には何が凄いのか全く分からないのですが
実は見える映像が凄いのです。

通常 3D にしろ 2D にしろ
正面しか見えないのが
オキュラスリフト は首の動きに反応して
右を向けば右の映像が
左を向けば左の映像が スクリーン に映し出されます。

要するに実際にその場に居るような臨場感を
味わう事が可能だから
凄いと言われています。

以前これに近い物が
任天堂から バーチャルボーイ なる製品名で リリース
されていました。
赤色の単色表示だったものの
3D の ゲーム が出来る画期的な製品でした。
もう少し遅くに出ていれば
オキュラスリフト が登場する事は無かったでしょうね〜。

VR1


新型レガシィ

レガシィ が フルモデル しました。
今回の モデル で 6 代目となり
一層の大型化が図られています。

米国市場向けなのが大型化の一因で
国内では レヴォーグ が
補完する形となっています。
しかし 89 年に登場した初代は レヴォーグ より
一回り小さい ボディー でした。

元々 レガシィ は
過度な米国依存から脱却する為に開発され
アルシオーネ の販売終了後からは
スバル の旗艦車種として位置付けられました。
しかし現行型は
再び米国市場重視の設計となり
また他の モデル も輸出比率が高く
再び過度な輸出依存体質となっています。

703047


レイアウト

Bトレ の レイアウト は
今回で完成と言う事にしたいと思います。

前回浮いていた住宅二棟は
コンビニ へ置き換えました。

これで違和感が解消・・・されたと思います。

DSC_6994DSC_7003DSC_7008DSC_6992

西名阪自動車道 大和郡山インターチェンジ

今回は 9月21日 分の投稿です。

この ジャンクション は
西名阪と京奈和道を結ぶのが目的で建設されており
これまでは仮に "西名阪ジャンクション" と呼ばれていました。

しかし料金所の名板を見ると
"郡山下ツ道JCT" となっており
これが正式名称みたいです。

下ツ道・・・何でも
藤原京から平城京の朱雀門へ延びる道路の名前だったとか・・・。


Let's

毎回 PC を新しくする度に
今度こそ Mac にするか・・・ と悩むんですが
結局今回も Win を選択しました。

しかも
あまり持ち歩かないのに
ウルトラブック の部類に入る
Let's を購入しました。
もっと薄くて性能が良くて安い物もあるんですが
無骨な デザイン と "日本製" と言う所に惹かれました。

HP も MADE IN TOKYO と言っていますが
基本的に外資なので論外です。

P1060037P1060039P1060042

MRJ

2008 年の開発開始から早 6 年
3 度の開発遅延を経て
遂に MRJ の初号機が公開されました。

今後半年程度
地上での試験を行い
2015 年上半期に初飛行を行う予定となっています。
最終的に試作機は
この初号機を合わせて 5 機製造される予定で
既に 2 号機は翼胴結合中
3 号機は胴体結合が完了した状態です。

4 度目の開発遅延が無く
予定通り試験が進めば 2017 年上半期には型式証明を取得し
その後 ローンチカスタマー である ANA へ
量産初号機が引き渡されます。

20141018-MRJ_Rollout02


定期点検

車両購入時に加入した点検 パック による
無料点検へ行ってきました。
既に パック に含まれている オイル 交換は終了しており
今回の無料点検で点検 パック は最後となりました。

点検は無料でも
消耗品は有料なので
今回は エアコンフィルタ を交換しました。
エンジン の エアフィルタ は自分で交換するのですが
エアコンフィルタ は ダッシュボード の フタ が
固くて外せなかったのでお願いしました。

またリコールパーツ も
今回交換してもらおうと思っていたんですが
作業時間が 2 時間程掛かる事から
次回交換することで予約を入れました。
まあ今すぐ不具合が出る物でも無いので
車検の時でも良いんですけどね〜。

20141019 20140819

レイアウト

線路を敷設して
建物を仮置きしてみました。

何と言うか
右端にある二棟が浮いてますね・・・。

P1050885P1050881

リコール

先日 100 万台規模の リコール が発表され
私の所にも書類が届きました。

機械なので製造上の不具合は仕方無く
リコール を正しく届けて対応すれば
何の問題も無いと思います。

しかし一部の輸入車では
"日本で販売した台数に対する不具合の割合が・・・"
などと言って
リコール に相当する不具合でも
リコール を届け出ない ケース が多々報告されています。

ちなみに今回の リコール は
"燃料蒸発ガス排出抑制装置" の不具合だそうです。
この装置は蒸発した ガソリン を大気へ放出しない為の装置で
センダーユニット などと一緒に タンク 上部に搭載されています。
しかし装置 へ アクセス するには
後部座席を取り外さなければならず
作業時間は 2 時間が予定されています。

P1060021P1060023

マクラーレンホンダ

ホンダ が 2015 年 シーズン から
マクラーレン へ供給する パワーユニット の動画を
公開しました。

まあ CG なので
素人には タービン の位置と
バンク 角くらいしか分からないのですが
しかし来 シーズン から供給する予定なので
少なくとも形は出来ており
あとは調整するくらいなんでしょうね

それよりも
アロンソ が フェラーリ を離れると言う話が持ち上がっており
来 シーズン は マクラーレンホンダ で・・・
なんて事も考えられますね〜♪

パワーユニット


アクアMC

アクア が 12 月に
マイナーチェンジ(MC) する事が発表されました。
今回は ヘッドライト や フォグランプ などの形状変更以外に
クロスオーバー が追加されるそうです。

前回の "東京モーターショー" で
既に コンセプトモデル は発表されていましたが
それ程好評だったとは思いませんでした・・・。

同時に
オープン の AIR  
スピンドルグリル の Premi
そして G'z
なども発表されており
既に市販されている G'z を除けば
Premi の方が完成度が高く
評判が良かったと思うんですが・・・。

DSC_4970DSC_4976DSC_4977

レイアウト

前回作った Bトレ が
予想以上に完成度が高かったので
ちょっと レイアウト を作ってみようと思います。

用意する物は・・・
お馴染みの木版や スチレンボード
画用紙などです。

P1050837P1050840P1050851

じんりゅう

先日 そうりゅう 型の 7 番艦
じんりゅう が進水しました。

おやしお 型の後継となる そうりゅう 型は
X 舵や スターリングエンジン を搭載する次世代艦として建造され
実戦配備されている通常型潜水艦では
世界最大級を誇っています。
また通常型でありながら
2 週間以上潜行可能と言う脅威的な性能を秘めています。

最近この そうりゅう 型を
オーストラリア 海軍へ供与しようとする動きがあります。
確かに数カ国で分担し開発費の抑制や回収を図るのが世界の流れで
そうりゅう 型に搭載されている スターリングエンジン は
実は川崎重工が スウェーデン の コックムス 社から
ライセンス 供与を受けて生産した物が搭載されています。

要するに コア 技術は非公開にして
機密が漏れなければ良いのですが
オーストラリア の前政権は親中政権だっただけに
次回の選挙で再び親中派が政権を握ると・・・少し心配ですね。

そうりゅう


しんかい12000

これまで世界一の潜行深度を誇っていた
"しんかい6500" も
登場から早 25 年が経過し
2012 年には 7000m まで潜行可能な
中国の "蛟竜" に世界一の座を明け渡してしまいました。

また世界各国も
6000m 級の潜航艇を実用化しており
深海有人探査の分野で
日本の優位性が失われつつあります。

そこで 2023 年の運用開始を目指して
12000m まで潜行可能な "しんかい12000" の
開発に着手する事が発表されました。
新型は居住 スペース となる圧力殻を
チタン から強化 ガラス にするなど
様々な案が出されており今後計画がまとめられる予定です。

ちなみに
なぜ有人探査が必要なのか?
やはり カメラ を通してではなく
研究者が肉眼で直接観察する事に
新たな発見の可能性があるそうです。

e383e76f

ジャガーマーク を作る

パーツ 一覧です。

ワイヤーホール や フロントグリル なども
しっかりと抜けており
タミヤ の意欲を感じます。

しかしこれだけの パーツ で
エンジン まで再現されている事に
毎回関心させられます。

P1050879P1050872

2014 日本GP

今年も日本 GP の
フリー 走行へ出掛けました。
シーズン 前から
"アリクイノーズ" などと批判されていた ノーズコーン は
空力の解析が進み少しは良くなったものの
それでも フェラーリ などは無理矢理感が見えました・・・。

今回の フリー 走行は
小林可夢偉が出走すると言う事で
可夢偉 フラッグ が無料で配られるなど
期待を集めていましたが
3 周目で クラッシュ し
そのまま日程を終えました・・・。

5 日の決勝は
台風の影響で天気が大荒れの予報が出ており
レース も大荒れになる可能性があります。

DSC_7076DSC_7084DSC_7090DSC_7093DSC_7111DSC_7117DSC_7136DSC_7165DSC_7167DSC_7203DSC_7303DSC_7333


ジャガーマーク を作る

護衛艦 "いせ" が完成したので
次のお題へ行きたいと思います。

今回は タミヤ の
ジャガーマーク競汽襦璽 です。

既に スポット 生産となっており
なかなか店頭では見つからず
たまたま アマゾン で 1 個だけ出品されていたのを発見して
思わず ポチ ってしまいました・・・。

P1050867P1050870
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ