2015年09月

クルマで行こう

三本さんの "新車情報" から始まって
岡崎五郎氏の "クルマのツボ" → "クルマで行こう" まで
ずっと奈良放送で視聴して来たのですが
先週の放映を最後に
奈良放送での放映が終了する事になりました。

まあ今の時代
公式 YouTube で視聴出来るので
別に良いんですけどね・・・。

しかし後の番組が TV 東京系列で放送されている
"綾小路きみまろの人生ひまつぶし" で
なんでも ライブ で訪れた地を ブラブラ 散策し
声を掛けてもらう・・・ と言う
この説明だけで番組の内容が解ってしまう
悲しい旅番組です。

奈良放送は TV 東京系列からの コンテンツ 購入が多いだけに
優良番組と セット で購入させられたんでしょうね・・・。

クルマでいこうTシャツ


F-4を作る

キャノピー や主翼の隙間は
溶き パテ で埋めました。

キャノピー の マスキング は
マスキンゾル を使う方法もありますが
今回は テープ を使用しました。

一応大きな パーツ は
これで終わりです。
後は塗装で表現するのですが
エアブラシ を持っていないだけに
筆塗り等でどこまで表現出来るでしょうね〜。

DSC01578DSC01593

移動映画館

先日 "移動映画館" なる 大型 バス を目撃して
最近は ワンボックスカー などに
凄い システム を搭載した物もあるので
大型 バス と言う事を考えると
ホームシアター 以上の物を期待していたんですが・・・
どうも ホームシアター 並みたいです。

消防の支援車みたいに
ボディー が広がる訳でもなく
座席は パイプイス を並べる・・・
みたいな感じで昭和な感じが漂っています。

また宗教団体が
この バス を運営しており
上映される コンテンツ も
それに順じた物になっていることから
広報活動の一環として
無料上映会を行っているみたいです。

o0640048012992182787

ベスパ

ベスパ は
ああ言う デザイン なので
大きくても 125cc くらいだと思っていたら
50〜300cc まであるそうです。
300cc と言えば
ビッグスクータークラス の大きさがありますね。

所でその ベスパ から
ベスパ を展開する ピアッジオグループ の
130 周年記念と アルマーニ の 40 周年 を記念して
限定 モデル が発売されました。

日本には 9 月下旬から導入されており
139万8000 円から購入可能だそうです。
しかし 125cc で 139 万円・・・
こんな スクーター どんな人が買うんですかね〜。

giorgio armani_201509011-20150911_002-thumb-660xauto-450313

不正プログラム

米国市場で ヒュンダイ が
燃費性能を捏造していた事が発覚し
品質評価が ガタ 落ちしたのは記憶に新しいと思います。

そして新たに発覚したのは
VW/Audi の排 ガス 規制逃れです。
両社が販売する クリーンディーゼルエンジン が
排 ガス 試験時において
浄化機能が フル 稼働するよう設定された
不正 プログラム が組込まれていたそうです。

この プログラム を組み込むと
試験時には優秀な結果が得られるものの
実際の走行では
基準値の 40 倍もの窒素酸化物が排出されるそうです。
今回の不正に対し 2 兆円を超える制裁金が科せられた場合
スズキ 株の売却益が吹き飛ぶと同時に
スズキ に対する賠償問題にも影響が出そうです。

20130507223025160

F-4を作る

コクピット の パーツ はこれだけです。
覗きこまないと見えないので
まあこんな物でしょう。

所で エアインテーク に継ぎ目が無いそうなので
ちょっと パテ で埋めてみました。

DSC01524DSC01567

タッチアップ

同乗者が
うっかり塀に ドア を ヒット させてしまい
丸印の所の地金が出てしまいました。

シルバー なので分かり難いのですが
指で触ると明らかに削れています・・・。
幸い閉めると見えない部分なので良かったものの
このままでは酸化してしまうので
同色の タッチアップペン で補修しました。

シルバー は一般的な色なので
ホームセンター の店頭でも購入出来るのですが
以前乗っていた オーリス の グレー は
スプレー 缶しか無かったので
飛び石などの小傷の補修際は
容器に吹いてから爪楊枝で塗っていました。

しかし他人の車でなくて良かったです。

DSC01663DSC01664

S300h

新型 Sクラス の ディーゼルハイブリッド
S300h が 1540Km を無給油で走破した事が
話題になっています。
今回の チャレンジ は鹿児島から東京を目指す物で
数名の ドライバー が交代で 21 時間を掛けて走破しました。

また ゴール 時点でも
タンク には 15% 程度の軽油が残っており
計算上では 270Km ほど走行可能だったそうです。

平均燃費は カタログ より約 5Km/L 上回っていたそうですが
やはり高速道路を多用したとは言え
渋滞など ストップ&ゴー が多い日本の道路事情を考えると
ハイブリッド が有利な事が改めて証明されたと思います。

ちなみに
S300h に搭載されている システム は
2.2L直列4気筒ディーゼル+高効率モーター となっており
最新の V8エンジン に匹敵する トルク を発生するそうです。
しかし 998万〜1340万円 と言う金額が出せる人は
あまり燃費を考えないと思いますけど
同じ様な パワートレーン は マツダ も持っているので
庶民でも購入出来る物を出して欲しいですね。

nZkJbxpNz2YOJXggeIdxsb0nvNMVGAXu


桃尾の瀧

奈良県天理市にある桃尾の瀧は
古今和歌集にも登場する滝で
かつては桃尾山蓮華王院龍福寺と呼ばれる
密教寺院の境内だったそうです。

また石上神宮の元宮でもあり
毎年 7 月の第 3 日曜に
滝開きの神事が行われます。

出掛けた日も
何やら行事が行われるらしく
神主さんが辺りの祠の前で
ホラ貝を吹いていました。

DSC01687


納車!

普通二輪を取ったら
バイク を買おうと言う事で
車との兼ね合い上
車検が無く丈夫で維持費が安い
250cc の ホンダ VTR を購入しました。
しかも
この クラス では数少ない日本製だそうです。

スペック や レビュー は
山のように出ているので省略するとして
まさか
この歳で バイク に興味を持ち
免許まで取って バイク を購入するとは・・・

取り敢えず
二輪は路上教習が無いので
近所の パトロール から始めて
徐々に公道に慣れて行こうと思います。

DSC01659


観光特急

近鉄が "しまかぜ" に続いて
新しい観光特急を運行するそうです。
運行区間は阿部野橋〜吉野間で
週 6 日の運行が予定されています。

流石に "しまかぜ" のような新型車両・・・
と言う訳には行かず
現行の 6200 系の 3 両編成 1 本を改造し
デラックスシート や ラウンジ が設けられます。

また現行の車両を改造する為
費用が抑えられる事から
運賃も "しまかぜ" より抑えられています。
運賃+特急料金(大人510円)+特別車両料金(大人210円)

150910_kintetsu_01-600x312

ドメイン更新

これまで ブログ の ドメイン は
年間 972 円の ライブドアドメイン を
使用して来たのですが
1 年振りに更新しようと思ったら
運営が ライブドア から EX-CLOUD へ移っていました。

6 月に移ったみたいなのですが
引継がれたのは ドメイン だけで
顧客情報は一から登録する必要がありました。

まあ ウェブ 上で出来るのですが
英文を直訳したような微妙な表現で
ややこしかったですね〜。
一応移行手続きは完了したので
ドメイン は継続して使用出来るのですが少し心配です・・・。

軽トラック

日本仕様の軽自動車は
基本的に海外へは輸出出来ないのですが
自社登録した新古車や中古車は輸出可能で
アジア 地域を中心に高い人気を誇っています。

中でも軽 トラック/バン の人気が高く
不動車を無料で引取っても
部品取り用として数万円で転売可能な事から
軽 トラック/バン 専門の輸出業者も存在するそうです。

以前から軽自動車の中古車は
割高感がありましたが
特にここ数年は
軽 トラック/バン の割高感が目立って来たのは
海外での人気が影響しているようです。

e443e5ff

クロスオーバー

クロスオーバー は
乗用車と同じ モノコックフレーム を採用し
大小様々な車種が販売されています。

最近国内で リリース されたのは
アクアの X-URBAN や up! の Cross up! です。
この 2 車種は乗用車を ベース にした
典型的な クロスオーバー で
Cross up! に至っては
3気筒1.0L と言う コンパクトカー の中でも
小排気量の部類に入ります。

up! は軽自動車と比べて
良く出来ていると言う話は聞くのですが
それ以外では駄目評価ばかりです。
しかし クロスオーバー を導入すると言う事は
それなりの台数が売れてるんでしょうけど
どんな ユーザー が購入しているのか気になる所です。
まあ アーバン も微妙ですけどね(笑)

930645

紅旗号

中国で行われた建国 70 周年の軍事 パレード
習主席が乗っていたのは
やはり紅旗でしたね〜。

最近は紅旗も
要人専用の リムジン だけでなく
一部の公用車や民生用の セダン 仕様も
販売されています。
主な車種は以下の通りです。
・紅旗L5/L7(リムジン)
・紅旗H7(セダン)

リムジン 仕様は
100% 国産技術で開発した事となっていますが
セダン 仕様は
クラウン の プラットフォーム が ベース になっており
エンジン も トヨタ 製の物が搭載されています。
車に限った話では無いのですが
リムジン/セダン 共に
見た目の豪華さに重点が置かれており
内側の性能は高級車とは程遠いそうです。

2013042110541855947
0021976eb5f51312a7e434

ヴィッツ 特別仕様車

現行型の ヴィッツ は
2017 年の フルモデルチェンジ で
1.0L の ターボエンジン の搭載が
予想されています。

その前に モデル 末期となる来年に リリース される
特別仕様車が発表されました。
見ての通り最近流行りの上下を塗り分けた外装で
キャビン の材質も一部変更されているそうです。

日本へ導入されるか未定ですが
こう言う ツートン は
欧州では人気なんですかね〜・・・

937200

F-4を作る

B6クーペ の次のお題として
F-4EJ改 を作ろうと思います。

戦闘機を作るのは今回が初めてで
見ての通り パーツ は少ないのですが
その分 パテ 埋めや塗装で再現しなければならず
それなりに時間が掛かります。

DSC01498

DSC01504DSC01507DSC01508
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ