2016年07月

オイル交換

アクセラ の メンテナンスパック が終了したので
次回から オイル 交換は有料となります。

見積によると
鉱物油 :1L ¥1080
全合成油:1L ¥1836
となっています。

サーキット 走行するなら別ですけど
普通に乗る分には
グレード よりも適切な交換なので
鉱物油でも問題は有りません。

ただ交換後の レスポンス や
燃費を考えたら全合成ですかね〜。
カード 会員に入ると割引があるみたいなので
どうするか悩ましい所です。

IMG_0004

新宮駅

南国の雰囲気が漂う新宮駅は
1913 年に新宮鉄道の駅として開業し
その後国有化され
1938 年に現在の場所へ移転しました。

実は紀勢本線は
新宮駅を境に JR西日本 と JR東海 に分かれており
運行上重要な駅となっています。

また奈良交通が運行する
営業距離日本一の路線 バス である
"八木新宮特急バス" の終点になっている事でも
知られています。

DSC_0679

DSC_0675DSC_0677DSC_0678

潮岬

紀伊半島一周で忘れてはいけないのが
本州最南端になっている潮岬です。

台風情報でもお馴染みの場所で
最南端を示す碑や太平洋が一望できる潮岬 タワー もあり
また タワー の入場券は "本州最南端訪問証明書" も兼ねていて
裏面には スタンプ が押せるようになっています。

以前は奈良から出掛けると
片道 6 時間程度掛かっていたのが
最近は高速道路もすさみ町まで延伸し
片道 4 時間もあれば着くようになりました。
ただ対面通行で トンネル も多いので バイク 出掛ける場合は
その点を注意する必要があります。

DSC_0645

DSC_0639DSC_0670DSC_0672

DSC_0635DSC_0656DSC_0651


ビスタカー

ビスタカー も新塗装が順次投入されており
記憶に留めておこう記事にしてみました。

新塗装は以前紹介したので省きますけど
同じ車両でも カラーリング が変わると
新型車両みたいに感じます。

まだ見慣れないので少し違和感もありますが
慣れてくれば気にならなくなるのでしょう。
しかし物心付いた時からこの カラーリング だったので
無くなるのは寂しいですけど
これも時代の流れ何でしょうね〜・・・。

DSC_0877

串本駅

串本駅はJR西日本管轄駅の中で
最も南に位置し 1936 年の開業当初は
国鉄紀勢中線の終着駅でした。

所で当初の予定では
南紀白浜空港で飛行機の写真を撮って帰る予定だったのが
走ってると気分が乗って来たので予定を変更して
今回ここ 2〜3 年来の夢であった
紀伊半島一周をする事にしました。

しかし画像を観ると解りますが
串本に近付くにつれて雲行きが怪しくなり
駅に着く頃には小雨が パラ ついていました・・・。

幸いにも日頃の行いが良いのか(笑)
これ以上悪くなる事は無く
逆に持ち直してきたので助かったのですが
実を言うと雨具関係は一切持っていないので
これを機に真剣考えています。

DSC_0630

DSC_0631DSC_0629DSC_0620


DSC_0619DSC_0625DSC_0626

シートカウル

アンダーカウル を黒にしたので
どうしてもそこだけ浮いて見えるような気がするので
シートカウル と ビキニカウル も黒くしてみました。

シートカウル は ヤフオク で落札し
ビキニカウル は缶 スプレー で塗装しました。

やりだすと切りが無いのですが
しかし黒で合わせると全体的に締まって見えますね。

DSC_0681


NOTTV

携帯端末向けの マルチメディア 放送の一つである
NOTTV が 6月30日に サービス を終了しました。
放送開始以来黒字転化した事が無く
累積赤字は 1000 億円とも言われていますが
なぜ ヒット しなかったのか?

実は視聴するには専用 チューナー を搭載した ドコモ の端末か
外部 チューナー が必要で キラーコンテンツ があれば別ですけど
例えば auユーザー の人がわざわざ チューナー を買って視聴するか・・・
と言われたら厳しいですね。

また WOWOW や J SPORTS も オンデマンド で観られるし
その他にも Hulu や FireTV も定額で見放題なので
それも伸び悩んだ理由の一つでしょう。

ちなみに NOTTV を視聴すると
すぐに パケット 制限が掛かると誤解されていますが
実は地上 アナログ 放送で使用されていた
VHF 帯を使用して配信されており
基本的に パケット 通信せずに視聴可能です。

img_a7a8cf3a87809e11795b0d3de6d8706c4237188


替えゴム

ワイパー に ビリビリ 音が出て来たな〜と思ったら
前回の交換から早い物で 1 年が経っていました。
前回は ブレード ごと交換したので
今回は ゴム だけの交換です。

両方交換しても 5 分も掛からないのですが
同じ車種であっても年式によって
長さや幅が異なるので注意が必要です。

そんな事も含めて メンテナンス 記録として
ブログ を活用しています。
メンテナンスノート に記入しておけば同じなのですが
書き込むのが面倒ですしね〜。

DSC03794

月ヶ瀬口駅

月ヶ瀬と言えば奈良県ですが
月ヶ瀬口駅は月ヶ瀬の入り口と言うことで
京都府に位置しています。

月ヶ瀬口駅は関西本線の中では比較的新しく
1951 年に開業しました。
基本的に係員がいるので無人駅では無いのですが
平日の 07:00〜15:00 の間しか係員がおらず
週末などは無人駅となっています。

つまり駅務室内にある駅 スタンプ を押すには
係員がいる平日の 07:00〜15:00 までに行く必要があり
旅行で押しに行く場合は注意が必要です。

DSC_0051

DSC_0046DSC_0035DSC_0074


ビッグマイナー

アクセラ が ビッグマイナー を受けて
2.0Lガソリン が廃止となり
その代りに 1.5Lディーゼル が加わりました。

見た目は小変更に留まりますが
ディーゼル の ラインナップ が増えた事で
選択肢の幅が広がったものの
1.5Lディーゼル は
ハッチバック の スポーツ のみなので
セダン にも展開して欲しかったですね〜・・・。

また G-ベクタリング コントロール なる技術も搭載されました。
この技術は横 G などに合わせて エンジン 出力を制御することで
車の挙動を安定させる・・・そうなのですが
ディーラー の営業曰く 
"良く言えば違和感が無い・・・" "悪く言えば有り無しが解らない・・・"
だそうです。

DSC_0572DSC_0576

ラビットカー

吉野線開業 100 周年を記念して
特別塗装の 6020 系が運行されています。

この特別塗装は
かつて運行されていた ラビットカー の復刻塗装で
側面にある ウサギ を モチーフ にした "ラビットマーク" は
岡本太郎氏が デザイン したそうです。

今でも近鉄の特急は
オレンジ 色で塗装されていますが
ラビットカー の オレンジ は
オレンジバーミリオン と呼ばれる
より ビビット な オレンジ で塗装されています。

運行期間は設定されていませんが
運行から 4 年近く経過している事から
そろそろ消えそうな予感がします。

DSC_0491DSC_0496

タンクキャップ

タンクキャップ を
ステッカーチューン してみました。
高い物は 3000 円くらいする物もありますが
この製品は アマゾン で 610 円でした。

怪しい パッケージ ですが脱脂して貼り付けると
しっかり密着したので問題無さそうです。
後は耐久性ですね。

DSC03756DSC03757

サクラライナー

大阪阿倍野橋⇔吉野
で運行されている吉野特急は
1990 年に運行開始 25 周年を迎えた事から
現行型の 26000系(サクラライナー) が投入されました。

しかし 26000 系も
投入から 21 年が経過し
2011 年に 4 億円を掛けて リニューアル が実施され
より吉野の観光を意識した内外装へと生まれ変わりました。

吉野山の桜や宿坊は
国内だけでなく世界的な名所にもなっており
わざわざ専用の特急を走らせても充分採算が合うんでしょうね。
しかし運行距離を考えると
"しまかぜ" のような新型車両を導入する程でも無いのでしょう。

DSC_0487DSC_0493

大名古屋ビルヂング

2016 年 3 月に開業した
大名古屋ビルヂング は 5 階部分に
名古屋駅前が一望できる スカイガーデン が設置されています。

この スカイガーデン は
初代大名古屋 ビルヂング の屋上部分にあるのかと思いきや
初代は 12 階建てだったので半分にも満たない訳ですが
しかし低層階部分は初代の頃を思い出させる デザイン となっています。

名古屋駅前は再開発中で
JPタワー の オープン も控えていますが
こっちは展望などは設置されていない様です。

大名古屋ビルヂング_1

大名古屋ビルヂング_2大名古屋ビルヂング_3大名古屋ビルヂング_4


TS020を作る

あの バースト さえ無ければ・・・
当時 オンタイム で観ていたので
今でもあの衝撃は覚えているのですが
今年もまた残り 3 分で エンジン が停止し
なんとか周回したものの
規定時間内に戻ってこられず完走扱いになるとか
優勝目前だっただけに
あの バースト 以上の衝撃を受けました。

こうなると
いかに マツダ が偉大な存在である事を
改めて考えさせられます。

と言う事で
TS020 は今回で終了と言う事にしたいと思います。

DSC_7537

DSC_7541DSC_7544DSC_7547



訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ