2017年12月

今年のまとめ

終盤は セーブ したんですが
年間で見ると昨年同様に出掛けましたね〜

来年も前半の予定が入り始めているので
今年と変らないくらい出掛けそうな予感がします。

こう言う生活を 5 年くらい続けていると
出掛けるのが普通になっていて
逆に 1 日家にいると罪悪感を感じてしまいます。


323系

大阪環状線 リニューアル の一環で
2016 年から導入が始まった 323 系は
2018 年までに 168 両が納入される予定となっています。

車両の製造は
近畿車両と川崎重工が担当し
近畿車両の車両から納入が始まりました。
2017 年現在大阪環状線のみの運用で
大和路線などへは入っていません。

今後更に導入が進めば
大和路線直通の区間快速での運用も始まるでしょうね。

20171214_大正駅

横浜スタジアム

横浜 スタジアム は
日本初の多目的 スタジアム として
1978 年に完成しました。

内野 スタンドの前段と ピッチャーマウンド が可動式で
アメフト の試合や コンサート の時には
マウンド を降下させる事で
グラウンド を水平にする事が出来ます。

2020 年の東京 オリンピック では
野球・ソフトボール の会場となる予定で
2017 年の 11 月から バリアフリー 化などの改修が行われています。

横浜スタジアム横浜スタジアム

アルファロメオ ジュリア

アルファロメオ は
現在 フィアット・クライスラー・オートモビルズ の傘下にあり
スポーツ 性を意識した車の開発を行っています。

今回発表された ジュリア も
スポーツ 性を意識した フラッグシップセダン で
159 の後継として ラインナップ されています。

現在の ラインナップ は主に以下の 4 車種で
日本にも正規輸入されています。
・ジュリア / クアドリフフォリオ
・4C / スパイダー
・ジュリエッタ
・ミト
よく見掛けるのが ミト と ジュリエッタ で
プレミアムコンパクト に位置付けられています。

DSC_6048


SV650X

国産 Vツイン と言えば
マグナ や VT
グラディウス や ドラッグスター
SV・・・ など層の厚い エンジン だったんですが
排 ガス 規制の煽りを受けて
現在生産されているのは SV のみとなっています。

その SV の派生 モデル として発表されたのが SV650X です。
現行 モデル を ベース に セパハン に ビキニカウル
タックロールシート など メーカーチューン の
カフェレーサー 仕様となっています。

SV は 650cc で大型になるので
400cc までの中型枠で
Vツイン を復活させて欲しいですね〜。

DSC_5813

比叡山

標高 848m の比叡山は高野山と同じ霊山な訳ですが
山頂までは ケーブルカー や有料道路が整備されているので
気軽に山頂まで行く事が出来ます。

かつては山頂に遊園地や スキー 場があったそうですが
2000 年代初頭に両方とも閉鎖となり
遊園地の跡地は ガーデンミュージアム として
営業しています。

せっかく比叡山まで来たんだから
山頂まで行く価値はあるんですけど
実は山頂は周りの山や木に邪魔されて景色は良く無いんですよ・・・。
琵琶湖を一望する景色が見たい場合
途中の夢見が丘展望台や比叡山登仙台 パーキング の方が
絶景が期待できると思います。

DSC_5655DSC_5676


X BEE

ヤンチャ な人は X(ペケ)BEE と呼ぶかも知れませんね(笑)

見た目通り ハスラー の普通車仕様で
エンジン は 1L 直列 3 気筒
インタークーラーターボ/マイルドハイブリッド
となっています。

現在 スズキ の ラインナップ で
この仕様の エンジン は軽自動車にしか無いので
ワゴンR などから流用しているのでしょう。
スズキ は軽自動車で ヒット した車種を
乗用車へも展開する事が多く
ワゴンR/スイフト/ジムニー がそれになります。

前から見た デザイン は
まんま ハスラー で ボリューム 感があって良いのですが
しかし リア は ベース が軽自動車なだけに
細い タイヤ が目立ち貧弱な感じを受けました。

DSC_5825


AMG GT S

AMG の GT/GT S は
AMG のみで生産されている モデル で
ベンツ の ラインナップ に ベースモデル は存在しません。

GT は 2013 年に生産を終了した SLS の後継 モデル として登場し
日本市場へは 2015 年から投入されています。
通常は GT / GT S / GTロードスター / GT Cロードスター
の 4ラインナップ で主な仕様は以下の通です。
GT:標準
GT S:チューン仕様
GTロードスター:オープントップ
GTCロードスター:チューン仕様

しかし SLS の生産が終了して
もう 4 年も経つんですね・・・。

DSC_5805


今宮駅

関西本線と環状線が乗り入れる今宮駅は
1899 年に大阪鉄道の駅として開業したのが始まりで
翌年に関西鉄道に継承されて現在に至ります。

国鉄になったのは 1907 年からで
大阪環状線で最も高い駅と言われる現在の駅舎は
1996 年から使用されています。

関西本線は名古屋が起点で
今宮駅は起点から 173.6Km の地点に位置しています。
ここから名古屋駅まで線路が続いていると思うと
ロマン を感じますね〜。

今宮-1今宮駅-3

ポルシェ 914

ポルシェ は ドイツ の天才技術者で創業者の
フェルディナンド・ポルシェ から来ています。
元々は フォルクスワーゲン の技術者で
ナチス 党の国民車構想受けて
ビートル を設計しました。

この流れを知らないと
ポルシェ914 が ワーゲン・ポルシェ だと言う話の
半分は理解出来ないのではないかと思います。

話のもう半分は
ボディー は ポルシェ が製造し
エンジン や トランスミッション は ビートル から流用しているので
ワーゲン・ポルシェ と言っても間違いではありません。
実際は エンジン だけでなく外装も供給されていたようで
ウィンド を見ると VW の エンブレム が
刻印されていました。

DSC_6034


ロータス エキシージ

ロータス で ラインナップ されているのは
大きく分けると 4 車種で
全てが スパルタン な ライトウェイトスポーツ と
なっています。

その中でも エキシージ は サーキット 仕様で
主な スペック は以下の通りです。
・車量:1110Kg
・エンジン:3.5L V 6 スーパーチャージャー
・最高出力:380ps
・サスペンション:前後ダブルウィッシュボーン

1.1t の車両に 380 馬力の エンジン・・・
流石は サーキット 仕様と言うべきなのか・・・
一応公道走行も考慮して ABS や トラクションコントロール
横滑り防止装置など一通りの電子 デバイス は標準装備とは言え
乗る人を選ぶ玄人好みの車と言えますね。

エキシージ


ハイラックス

ハイラックス と プラド の走破性を体験する
デモ 走行が行われていました。
プロドライバー が運転していた訳ですが
しかし性能を考慮した コース なので
走破出来て当然と言えば当然です。

実際はこれ位の オフロード を走破するには
まず プロペラシャフト など下回りの保護や
シュノーケル が必要であったりと
ノーマル の状態ではすぐに故障してしまいます。

しかし ベース 車両としての性能は高く
未舗装路など通常の オフロード では問題無い上
荷台に人も乗れるので アセアン 地域で人気があるのも納得できます。

DSC_6099


ランボルギーニ

ウラカン と アヴェンタドール の違いですが
エンジン は ウラカン が V10
アヴェンタドール は V12 を搭載しています。
見た目の違いは・・・
アヴェンタドール は跳ね上げ式の シザードア を採用しています。
ガルウイング じゃなくて シザードア です(笑)

何と言うかここまで来ると
いろいろ不都合な部分があっても
こう言う物だと割り切る物なんでしょうね。

所で歩行者保護を目的とした規制で
フロントグリル を立てた デザイン が主流になっていますが
2 台を見てみると グリル の 2/3 くらいは立っているので
これで規制を クリア しているのでしょう。

単体では解り難いのですが
カウンタック の デザイン からすると
明らかに立っていますね。

DSC_5905DSC_5923

魁コンセプト

新しい デザインコンセプト の "魁" が発表されました。
しかし フロントグリル の形状などは
先に出ている CX-5 と共通で
今後あの顔を全車に展開していくと言う事でしょう。

今回展示されていたのは次期 アクセラ で
市販仕様は車高と ホイール が変わるくらいで
出して欲しいですね〜。

また アクセラ は
搭載される エンジン にも注目が集まっていて
新型の デビュー に間に合うので無いかと言われています。

DSC_5745

クラウンコンセプト

現行型が発表された時は
その爬虫類的な ルックス に賛否が解れましたが
今ではすっかり馴染んだように思います。

そして次期 クラウン として発表された
クラウンコンセプト は
その爬虫類 ルック を正常進化させた デザイン なので
デザインコンセプト を踏襲すると言う事は
現行型は一定の支持を得ていたと言う事なんでしょうね。

展示されていたのは恐らく アスリート になるんでしょうけど
リアコンビランプ が Eクラス の様な印象を受けました。
これも中国へも投入するんですかね?
米国でも売れそうな気がする反面
カムリ と被りそうなので出さないでしょうね。

DSC_5860


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ