鉄道を少しかじった事のある人なら常識ですが
レールの幅にも幾つか規格があります。
日本では

・広軌(1435mm)
・狭軌(1067mm)

が、一般的に使われています。
一部、軽便鉄道などもありますが、観光用などの目的で運行されている
保存鉄道が主になっています。
また、近鉄も、三重県で軽便鉄道を運行しています。
ちなみに、軌道は開業当時のままである
762mmの特殊軌道を使用しています。

広軌と狭軌
どの会社がどれを使ってるかと言いますと

狭軌 = JR
広軌 = 私鉄各社

と、考えるのが正しいと思います。
しかし、JRも新幹線は広軌(標準軌)を採用していますし
南海や京阪は狭軌を採用しています。
まあ、利用する側には全く関係の無い事ですが・・・。

所で
この幅の違う線路を相互に乗入れ可能な車両として
フリーゲージトレーンがあります。
随分前から開発されているので、そろそろ出てくるかと思いきや
軌間を変更するのに時間が掛かるなどの問題から
出てくるのは、当分先になりそうです。