近鉄に「はかるくん」
なんて車両があるようです。
正式には「電気検測車」と言うらしく

・電車線の磨耗
・電車線の位置
・パンタグラフの接触状態
・パンタグラフの状態
・ATSの周波数

などの検査を走行しながら行うことが出来ます。
これまでにも同じような車両はありましたが
時速30Km/hでしか検査する事が出来ませんでした。
しかし、この「はかるくん」は
時速110Km/hで走行しながら行えます。

ちなみに、この車両は新たに新造したのではなく
1968年頃から登場した2410系を改造した車両です。
まあ元の面影は全く残っていませんが・・・。

はかるくん