レアメタルと言えば
チタン、プラチナ、ニッケル などが直ぐに思い浮かびますが
レアアースと言えば・・・
なかなか思い浮かびませんね〜。
それどころか
「レアアース」と言う言葉も知りませんでした。

ちなみに、日本語にすると
希土類だそうです。

ネットで調べてみると
スカンジウム、イットリウムと
ランタンからルテチウムまでの17元素の総称みたいです。
あまりイメージが沸かないので
どう言う用途で使われているかと言うと

材料の性質を変えるのに使用されています。
レアアースは、微量を添加するだけで、材料の性質を
簡単に変える事が出来るので
俗に言う、添加剤みたいな感じで使われています。

例えば、モーターに使用する磁石の耐熱性を上げたりするのにも
使われているそうです。
ウ〜ン
例えが悪いですね。

酸化イットリウム