話題の映画
「THIS IS IT」
を観てきました。

50公演のリハーサール映像を
取り急ぎで繋ぎ合せて作ったイメージを持ちつつ
いざ始まると
それを感じさせない程の仕上がりでした。
内容としては、ドキュメンタリー構成で
オーディションに合格したダンサーのインタビューから始まり
実際のライブと同じ曲順で
リハーサル映像を繋いで擬似ライブを再現しています。

ゴシップ紙では度々
ライブはクチパクだとか車椅子生活だとか書かれていましたが
実際には
50歳とは思えないほど絞られた体や声
ダンスの切れなどは、今でも十分通用する位でした。

50公演・・・
現実は幻の50公演となったものの
世界同時公開された映画は
限定公開にも関わらず50公演を軽く超えています。
むしろ
これを狙っていたのかも知れませんね〜。

下の動画(リンク)にあるバック映像の製作風景も
映画の中で紹介されていました。
あんなに手間が掛かっていたなんて驚きです。

this_is_it_poster