来シーズンF1に復帰する名門ロータス。
その市販車部門の新車
エヴォーラです。
軽量高性能が特徴なエリーゼに対し
乗り心地重視で快適装備を充実させた
仕様となっています。

エリーゼから13年振りの新設計となっていますが
エリーゼ系のプラットフォームをベースに開発されました。
このエリーゼ系のプラットフォームは
アルミ押出し部材をエポキシ系の接着剤で固定すると言う
航空機の製造で使われる技術が応用されています。
リベットを使わず接着剤で固定すると言うことは
それだけ軽量化出来
エリーゼの最もグレードは軽トラック並の690Kgだそうです。

最近話題のテスラ・ロードスターは
このエリーゼ系のフラットフォームを使用して
製造されています。
画像からは分かり難いのですが
簡単にエンジンからモーター、バッテリーへの
置換えが可能だそうです。
凄く簡単に言えばミニ四駆と同じで
床板だけで車が構成されていて
ボディーは何でも良い…と言う感じです。

P1020150