中国ではiPadのバッタ物である
ePadやeRobotが1〜2万円で売られ
人気を集めているそうです。

性能はどうかと言うと
画像の偽物では
OS:アンドロイド2.1
CPU:Cortex−A8(1GHz)
となっていました。
この他にも
USBポートやGPSを搭載し
Windowsが動作するモデルまであるそうです。

ここでCPUとOSの解説をすると
アンドロイドはご存知の通りグーグルが開発したOSで
ソースコードが公開されていて
自由にカスタマイズが可能です。
またCortex−A8は英ARM社が開発した
組み込み機器用の低消費電力CPUです。

つまりiPadと同じ方法で部品を調達して作られているので
異母兄弟とも言える訳です。
しかし性能や用途が同じでも
あからさまに同じデザインにするのは
いかがな物かと思いますね〜。
中にはアップルのロゴが入っているモデルもあるみたいです。

1