今回は 7 月 22 日分の投稿です。

積まれている砂利は
解体した橋梁の コンクリート を
コマツ の ガラパゴス で粉砕した物だと思います。
ガラパゴス とは「大型自走式破砕機」のことで
前回の記事に画像があります。

ところで対岸から見ると
堤防のすぐ裏で新たに橋脚建設用の足場が
組まれているのがよくわかります。
古い部分を解体出来ないのは
堤防と一体になっているからなんでしょうね〜。

大和郡山IC大和郡山IC大和郡山IC