大阪唯一の路面電車である阪堺電気軌道
通称阪堺電車が
18 年振りに新型車両を導入することになりました。

導入される車両は
低床車両で堺市にゆかりのある千利休が追求した
「わび茶」を イメージ した ボディーカラー が採用されています。
今月下旬から試験走行開始し
秋頃をめどに営業運転が開始される予定となっています。

ところで阪堺電車の経営状況は厳しく
今回の新型車量の購入代金である
2億5000万円 は
国と堺市の補助金で賄われました。
また堺市は 22 年度から 10 年間で
50 億円の支援を予定しており
現在の経営環境が改善しない限り
旧型車両の置換えは進みそうにはありません・・・。

20130214-00000035-mai-000-3-view