E6 系や 500 系などは ダイヤ 公開されており
時刻表や ネット で調べればすぐに分かります。

しかし N700A 系は ダイヤ が公開されておらず
しかも固定 ダイヤ ではない為
乗車当日に JR 東海へ問合せるしか
ダイヤ を知る術はありません。

さて N700A 系の "A" は "アドバンス" の略で
ブレーキ の強化や吸音材の変更などの他に
ダイヤ の遅れを自動で取戻す システム が追加されました。
これは大きな進化で
本来 ダイヤ の遅れは "スジ屋" と呼ばれる方が
1本1本線を引いて修正する物で
非常に専門性が職種となっています。

また通常運転でも
勾配や カーブ が記憶されており
その区間の最高時速を保つよう プログラム されています。
元々自動運転に近い新幹線ですが
一層自動化が進んだと言えます。
現在の導入率は 5% 程度ですが
今後 700 系との入換えや
N700 系の改造により
N700A 系が全体の 8 割になるそうです。

456