北海道新幹線の整備に伴い
青函 トンネル の竜飛海底駅が営業を休止しました。
トンネル 内にはもう一箇所吉岡海底駅があり
こちらは 2006 年から営業を休止しています。

青函 トンネル は
線路を敷設した本坑
地質調査などを行った先進導坑
資材の搬入などを行う作業坑
の 3 本から構成されており
作業坑がそのまま避難所や機械室として運用されています。

映像では
記念館と トンネル を往復する ケーブカー や避難所
排煙設備などが映っています。
青函 トンネル 記念館の営業は続けられるそうですが
坑道の見学は今後再開されるのか
詳しく アナウンス されていません・・・。
産業遺産とも言えるだけに
一度行っておきたかったです・・・。