吉野駅は
1928 年(昭和3年)に吉野鉄道の駅として開業し
翌年に大阪電気軌道と合併後
現在の近鉄吉野駅となりました。

開業当時から
金峯山寺や桜の名所として観光客で賑わい
山間にありなが
3 面 4 線の頭端式 ホーム を備える
ゆとりのある駅舎となっています。

ちなみに吉野線は
吉野線⇔南大阪線
間を相互乗り入れしており
軌道は 1067mm の狭軌が採用されています。

P1020098P1020108P1020103P1020092