9月10日から運行を開始した
観光特急列車 "青の交響曲" は
実は南大阪線用の一般車両の 6200系 が
ベース となっています。

特急車両の 16000系 などを
ベース にする案もあったそうですが
実は特急車両は 2 両単位の偶数編成しか組めず
2 両編成ではゆったりとした空間を作るには狭く
4 両編成では過剰輸送になることから
一般車両を改造して 3 両編成となりました。

現在は 3 両 1 編成での運行となっており
吉野駅へ見に行った時は休日と言う事もあり
阿部野橋行の上り電車は満席となっていました。

DSC_1216DSC_1226