まだまだ旅客機として
747-400 を運用している所は多いものの
定期で日本へ乗り入れている所は 2〜3 社くらいだと思います。

タイ 国際航空も 747 を乗り入れている数少ない航空会社で
2018 年現在でも 10 機保有していますが
しかし順次退役が進み 2020 年には全機退役する予定が発表されました。

画像の機体は HS-TGB で 2001年6月 登録と比較的新しい機体とは言え
2020 年まで運用すると 20 年選手になるので
きっちり メンテナンス をしていても
経年劣化に伴う サービス の低下は避けられないでしょうね。

HS-TGB