雑談

JALセレブレーションエクスプレス

日本航空と オリエンタルランド が
東京ディズニーリゾート開業35周年 を記念した タイアップ企画 で
機体側面に ディズニー の キャラクター を塗装した
JALセレブレーションエクスプレス を国内線に就航させました。

使用機材は 767-300ER で記念塗装だけでなく
機内も ヘッドレストカバー や紙 コップもディズニー 仕様となり
航空 ファン だけなく ディズニーファン の
コレクターズアイテム としても人気が高まりそうです。

運行は 2018年6月22日 〜 2019年3月 までで
駐機してるだけでも華やかになりますね〜。

P1180355

ISS きぼう

ISS の "きぼう" の 1/1 模型ですが
確かに ISS では最大規模を誇ってはいるものの
ここに半年とか缶詰になる事を考えると・・・
やはり鋼の精神力でないと持たないですね。

模型ではれんも再現されていて
実はのれんの向こうは欧州や米国の実験棟となっいるので
この部分は モジュール の継ぎ目になっています。

壁一面に設備が設置されていますが
内壁と外壁の厚さは一番厚い部分でも 100mm と言う事で
南極の昭和基地で運用されている モジュール の方が
壁の厚みがありそうです。

きぼう


あいち航空ミュージアム

調べてみると前回小牧空港へ来たのは5年前で
当時はまだミュージアムは無く
もちろんMRJの工場もありませんでした。

この5年の間に試験機ではあるもののMRJが完成し
ミュージアムが開館するなど
短いようで長い5年だったと思います。

ミュージアムのメインはYS-11で
YS-11自体は空港や公園に展示されるなど
日本中どこでも見られるんですが
しかし自衛隊で使用されていた機体が展示されているのは
このミュージアムだけです。
内部の見学はイベント期間に限られますが
自衛隊ファンならイベントに合わせて出掛けるのも良さそうです。

あいち航空ミュージアム

あいち航空ミュージアムあいち航空ミュージアムあいち航空ミュージアム


名古屋空港

久し振りに名古屋空港まで出掛けたんですが
空港の正面に MRJ の最終組み立て工場ができていて
MRJ は幻では無かった事がわかりました。

前回いつ出掛けたのか調べてみると・・・
5 年前の 2013 年でした。
当時は工場は無く立体駐車場も基礎工事中だった思います。

しかし ターミナル の対岸にある小牧基地では
常に自衛隊機が行き来し
また ミュージアム が隣接しているなど
定期的に出掛けても飽きない スポット ですね〜。

小牧基地

福岡タワー

日本各地に タワー が点在していますが
現在海浜 タワー として日本一の高さを誇るのは
この福岡 タワー となっています。

しかし海浜 タワー とは単に海辺にあると言う
微妙な定義でもあるんですが・・・。

博多は小さな街だと聞いていて
それは地下鉄や バス の平面移動でも実感していましたが
さらに展望台から三次元的に眺めると
山側にある福岡空港から海辺の ヤフオクドーム まで
ほぼ市内全部を見渡せて改めて コンパクト な街だと納得できました。

福岡タワー


能古島

博多駅から姪浜渡船場までは
地下鉄で行くと姪浜駅から バス に乗る必要があるので
その乗り換えが面倒臭かったので博多駅前から
バス で向かいました。
時間的には両方とも変わらず 40 分程度です。

渡船場から能古島までは 10〜15 分程度の船旅で
当日は波も穏やかで船酔いする事もありませんでした。
また沖合には噂になっていた
ロシア の富豪が所有する クルーザー が停泊していました。

能古島は博多方面を一望できる高台や
季節に応じた花の絨毯などを レンタサイクル の周るのが
観光の定番になっていますが
残念ながら 1 時間後の折り返しの便で姪浜まで戻りました・・・。

能古島


阪神百貨店

2022年 の全面開業を目指し
現在建替え工事が行われている阪神百貨店梅田本店は
第一期工事が終了し 6月1日 に東側が開業しました。

西側も早々に取り壊しが始まりますが
まだ往年の姿を留めており
新旧の違いを見る事が出来ます。
今は東西に分かれていますが元は 1 つの ビル なので
分かれているのも今だけなんでしょうね。

動画は 2015年 に撮影した物と合わせてみました。
いずれは当時の姿を伝える貴重な動画になる気がします。

阪神百貨店阪神百貨店


福岡空港

福岡空港の前身である太刀洗飛行場が開港したのは 1919 年で
第二次大戦後は GHQ に接収となり
1972 年に日本へ返還され現在に至ります。

滑走路が 1 本で日本一過密な空港として知られていますが
2024 年の完成を目指して現在改築が行われています。
その主な改築内容は以下の通りです。
.拭璽潺淵襯咼襪僚弧
滑走路の増設

の ターミナルビル の集約は
これまで 3 つに分かれていた国内線 ターミナル を 1 つへ集約する計画で
建替えと言っても過言ではない レベル の工事となっています。
の滑走路の増設は
ターミナルビル の集約で出来た スペース を活用し
2500m の滑走路を国内線 ターミナル 側へ新設すると言う物で
完成すれば混雑が大幅に改善されると期待されています。

しかし敷地を広げずに滑走路を増設するとか
世界的に見ても日本ならではの試みではないでしょうか?

DSC_7915


金魚自動改札

金魚電話 ボックス は結局撤去となりましたが
それで金魚自動改札や自動販売機など
商店街周辺には水槽が点在していて
見所は残っています。

しかし手入れが悪く
水草で中が見えない物も多く
また電話 ボックス が巨大で インパクト が大きかっただけに
撤去された後の寂れ感は否めないですね。

まあ水槽の清掃などの手入れは
地域でやっていたり設置している個人がやっていたりと
なかなか行き届かない面があるのは仕方ないですね・・・。

DSC_7872

天保山渡船場

大阪市には現在 8 箇所の渡し船場があり
今回は天保山渡船場を見て来ました。
ここは 天保山⇔桜島 の
400m を結ぶ路線の乗り場で
明治 38 年に開設されました。

当時は重工業が盛んだった地域で
工場労働者の通勤に重宝された路線で
最盛期には 1 日 1700 人もの利用者があったそうです。
現在は 1 日 790 人と最盛期の半分以下まで落込んでいますが
しかし海遊館(天保山側)やUSJ(桜島側)など
時代が変わって観光の足として活躍しています。

ちなみに道の延長と言う考え方なので
乗船料は無料となっています。
映像では穏やかに見えますが
実は時化で波が高く僅か 400m の航海で
酔ってしまいました・・・。

DSC_7821


大阪国際空港

大阪国際空港こと伊丹空港は現在 リニューアル 工事中で
グランドオープン するのは 2020 年の予定となっています。
しかし先日一部が先行開業し
連休中は飛行に乗らない人でに賑わったそうです。

私は連休前に覗いて来たんですが
確か リニューアル 工事が始まったのは 2016 年からで
そうなると最後に伊丹空港へ行ったのは・・・
調べてみると 2011 年 8 月でした。

もう前過ぎて以前はどうだったのか覚えて無いんですが
確か展望 デッキ への入り口がある フロア に
空港グッズを取り扱う売店みたいなのがあったんですけど
すっかり無くなっていました。
今後 リニューアル が完了すると復活するかも知れないので
またその頃に散策したいと思います。

伊丹空港

伊丹空港伊丹空港伊丹空港

南紀白浜空港

本州最南端にある南紀白浜空港は
1968 年に開港し 50 周年を迎えました。

現 ターミナル は 1996 年に完成し
2000 年には滑走路を 2000m に延長するなど
着実に進化しているものの
定期便は 1 日 3 便と言う地方空港ならではの
お寒い状況となっています。

私が空港を訪れた時も
私しか客は客はおらず貸し切り状態だった訳ですが
しかし流石は日本の空港だけあって
レストラン は開いており注文すれば
ちゃんと料理が運ばれて来ました。

南紀白浜空港

南紀白浜空港南紀白浜空港南紀白浜空港


奈良基地

今年も 4月8日 に奈良基地の一般開放が行われ
例年この開放は基地内の桜が メイン なんですが
今年は流石に葉桜となっていました。

ほぼ毎年来てるとは言う物の
食堂で食事を摂った事が無かったので
今年は カレー を食べてみました。
残念ながら ミリ飯 では無く普通の カレー でしたが
ご飯が強めで私好みでした。

また 6月 にも開放があって
こっちは基地祭なので奥の グラウンド まで行けるので
行けたら行こうと思います。

奈良基地


南天満公園

中之島の桜を撮ってから
もう 1 年になるんですね。
去年は一気に温かくなって満開を迎えたものの
その後気温の低い日が続いたので
4 月の半ばの撮影でも 7 割程度花が残っていました。

今年も一気に温かくなって満開を迎えたまで同じですが
そのまま暖かい日が続いているので 4 月の半ばには
すっかり散っているでしょうね。

今年は久し振りに水上 バス にも乗船して
水都らしい風景が堪能出来ました。

P1180098

P1180157P1180163P1180176


難波高島屋

難波高島と OIOI の間は道路になっていて
中央に バス 乗り場や タクシー の待機場があるなど
ごちゃごちゃした感じになっています。

しかし 2019 年の春には道路を封鎖し
タクシー の待機場も移設して
広場になる予定だそうです。

単に広場になるだけなの
カフェ などを設置するのかは解りませんが
せっかくなので屋根を付けて
天候に関係無くくつろげる空間にして欲しいですね(笑)

難波


エミレーツ航空

UAE の 2大 フラッグキャリア と言えば
エミレーツ 航空と エティハド 航空です。
関西から中東へ行く場合
関空へ就航している エミレーツ を利用するのが
便利だと思います。

中東の航空会社と言えば豪華な内装の
最新機材をそろえて・・・と言う イメージ があり
実際 エミレーツ は A380-800 を
2017 年現在で 101 機保有しています。

エミレーツ の拠点は ドバイ 国際空港で
そこには A380 専用 コンコース があり
更に全長645m 全幅90m の巨大な ターミナル には
A380 が 20 機駐機出来るそうです。
しかし高価な A380 を
7〜8 で リタイヤ させるとか流石ですね〜。

エミレーツエミレーツ

雑賀崎灯台

1960 年に初点灯した雑賀崎灯台は
紀伊水道に面した "鷹の巣" と呼ばれる断崖前壁に位置し
灯台からは四国まで一望できる絶景となっています。

かつては灯台の辺りに雑賀崎城があり
番所の鼻と呼ばれる岬の番所庭園には
紀州藩が海上への見張り番所を設置していました。

灯台に面している駐車場は私有地らしく
駐車料金を取っていたそうですが
出掛けた時は誰も居なかったので
払う必要はありませんでした。

Ninja400


針テラス

旅行口 コミサイト の トリップアドバイザー が実施した
"旅好きが選ぶ!道の駅ランキング 2017" で
針テラス が 29 位に選ばれました。

針テラス は ツーリングライダー の中継地や
集合場所としても人気の場所で
全国にある道の駅の数を考えると
ベスト30 に入れたと言うのは
ライダー 票の影響もあったんでしょうね〜。

ちなみに近畿の最高位は
兵庫県にある 道の駅あわじ の 7 位でした。

針テラス


大阪港第三突堤第七岸壁 ( ナナガン )

撮影 スポット として有名な大阪港第三突堤第七岸壁
通称 ナナガン が閉鎖になると言う ツイート を見たので
急遽出掛けて来ました。

何度か画像は見た事があるんですが
いざ出掛けてみると思いの外狭い範囲だったのと
ギャラリー が多かったのとで
撮れる絵と言うのは限られていました。

しかし景観が良くて
一般人が車や バイク で乗入出来る岸壁は限られるので
閉鎖にと言うのは非常に残念ですね・・・。

CX-3

謹賀新年

今年は正月の奈良の様子から スタート です

今年も月間 15 回くらいの更新を目標に
続けて行こうと思います。

今年のまとめ

終盤は セーブ したんですが
年間で見ると昨年同様に出掛けましたね〜

来年も前半の予定が入り始めているので
今年と変らないくらい出掛けそうな予感がします。

こう言う生活を 5 年くらい続けていると
出掛けるのが普通になっていて
逆に 1 日家にいると罪悪感を感じてしまいます。


横浜スタジアム

横浜 スタジアム は
日本初の多目的 スタジアム として
1978 年に完成しました。

内野 スタンドの前段と ピッチャーマウンド が可動式で
アメフト の試合や コンサート の時には
マウンド を降下させる事で
グラウンド を水平にする事が出来ます。

2020 年の東京 オリンピック では
野球・ソフトボール の会場となる予定で
2017 年の 11 月から バリアフリー 化などの改修が行われています。

横浜スタジアム横浜スタジアム

比叡山

標高 848m の比叡山は高野山と同じ霊山な訳ですが
山頂までは ケーブルカー や有料道路が整備されているので
気軽に山頂まで行く事が出来ます。

かつては山頂に遊園地や スキー 場があったそうですが
2000 年代初頭に両方とも閉鎖となり
遊園地の跡地は ガーデンミュージアム として
営業しています。

せっかく比叡山まで来たんだから
山頂まで行く価値はあるんですけど
実は山頂は周りの山や木に邪魔されて景色は良く無いんですよ・・・。
琵琶湖を一望する景色が見たい場合
途中の夢見が丘展望台や比叡山登仙台 パーキング の方が
絶景が期待できると思います。

DSC_5655DSC_5676


梅小路公園

梅小路公園の紅葉が見頃を迎えていました。

梅小路公園は真剣に散策した事が無かったのですが
思いの外紅葉が綺麗で
しかも東海道線や山陰本線が脇を走っているので
良い絵が撮れました。

極端な話をすると
山へ出掛けても植林された山は杉ばかりで紅葉しないので
身近にある公園や寺院へ出掛けた方が
逆に紅葉が綺麗だったりしますね。

梅小路公園


大さん橋

横浜港の大さん橋は
横浜港大さん橋ふ頭と横浜港大さん橋国際客船 ターミナル
から構成される客船の主要発着埠頭となっています。

大さん橋の全身は 1894 年に完成した鉄桟橋で
その後 GHQ の接収などを経て現在に至ります。
ちなみに現在の大さん橋は1989 年から改修工事が始まり
2002 年に完成しました。

大さん橋の 2F は
出入国 ロビー や多目的 ホール になっているのですが
どう言う訳か異常に暗い印象を受けました。
まあ屋上の ウッドデッキ は "くじらのせなか"
と言う愛称が付いているだけに内部が暗いのは
くじらの中・・・と言う設定なのでしょうか(笑)

大桟橋

大桟橋大桟橋大桟橋

溶結凝灰岩

前回の赤目の続きですが
滝や川沿いを歩いていると
火山由来の岩が目に付いたので調べてみると
赤目がある谷や周辺全体が
火山灰由来の溶結凝灰岩の地層だそうです。

何でも 1500 万年前は室生火山群があって
その 1 つの噴火に伴い噴出した火砕流が
この谷に降り注いで溶結凝灰岩の地層を形成したそうです。

画像の薄い緑の部分が溶結凝灰岩の地層で
これだけの地層を形成すると言う事は
火山活動が活発だったんでしょうね〜。

溶結凝灰岩2赤目四十八滝

滝のほとりで春雨を食べる

せっかく ローテーブル を買ったのに
このままでは使わないまま シーズン が終わりそうだったので
赤目の滝のほとりで使ってきました。

まあ レビュー と言っても
テーブル なので特に言う事も無いのですが
折畳み式で風呂の蓋みたいに グニャグニャ するので
こういう岩場の デコボコ した所でも
それに合わせて設置出来ます。

今 シーズン はこれが最初で最後になると思いますが
来 シーズン は月 1 くらいでやりたいですね〜。
一応 バイク での ソロキャンプ が目標なので
それには テント/ベッドorマット/寝袋 を揃える必要があります。

DSC_5564


師崎港

羽豆岬にある師崎港は
知多半島の先端にある南知多町に位置しています。

かつては伊良湖行の フェリー も発着していましたが
現在は篠島行と日間賀島行の
高速船/カーフェリー のみとなっています。

比較的 アクセス が良く
奈良や大阪からは日帰り ツーリング で行くには
丁度良い距離だと思います。

師崎港


氷川丸

氷川丸も随分前から行きたかったんですけど
なかなか横浜で降りる機会が無く行けず仕舞いで
やっと今回見る事が出来ました。

来歴などは皆さんがご存知の通り
軍に徴用されて病院船になったりと
敢えて説明するまでも無いのですが
しかし建造されたのが 1930 年で
戦前に建造された貨客船で唯一現存するだけに
一見の価値はあると思います。

所で 2016 年に重要文化財に指定されましたが
しかし重要文化財の保守は原則所有者が行う為
大規模修繕が 1961 年以来行われていないだけに
更に老朽化が進めば再び公開中止となり
再開される事は無いかも知れません。

氷川丸

氷川丸氷川丸氷川丸

羽豆岬

知多半島の最南端にある羽豆岬は
1600 万年前に砂岩と頁岩が交互に積層して出来たと言われています。

また三河湾国定公園に指定されており
羽豆神社もそれに含まれています。

去年は対岸の伊良湖まで出掛けたので
これで愛知の半島は制覇出来ました。
ただ住んでた時に行かなかった事が悔やまれます。

羽豆岬

熱海ロープウェイ

熱海 ロープウェイ は 1958 年に開業し
東京 ドーム の関連企業が運営を行っています。

後楽園駅 ⇔ 八幡山駅
の間で運行されており
後楽園駅の前には熱海港があり
八幡山駅は熱海城となっています。

バス で熱海城へ向かう場合
熱海港で降りて ロープウェイ に乗る訳ですが
しかし土地勘が無いので先の錦ヶ浦まで行ってしまい
そこから熱海城まで 100m の八幡山を徒歩で登りました・・・。

DSC_5067熱海


熱海城

地下 1 階 地上 6 階の熱海城は
1959 年に海抜 100m の錦ヶ浦山頂に建設されました。

天守を模した建物なので
かつて存在したかの様に思われますが
実は歴史的に実在した物では無く
展望台として建設されました。

当初は地下に温泉施設があったり
宿泊施設があったりしたそうですが
天守のみとなっています。

熱海城熱海城

雷門

最近は足場を覆う幕も景観に溶け込むよう工夫されていて
雷門でも雷門が プリント された幕が張られています。

まあ工事中で残念な事には変わり無いのですが
それでも次の工事はいつになるか解らないので
これはこれで貴重な物だと納得しておきます。

ちなみに現在の雷門は 1960 年に松下幸之助氏が寄進した物で
提灯は 10 年ごとに新調されています。

雷門


二条城

大政奉還が行われて今年で 150 周年となり
その判断は正しかったのかどうか
個人的な考えとしては
第二次大戦までの日本の発展を見れば
正しかったのではないかと思います。

その大政奉還が行われた二条城は
西暦で言うと 1603 年に築城されているので
築 400 年と言った所でしょうか。

流石に全部残っている訳では無いのですが
単に古いと言うだけで無く
歴史的にも世界遺産にふさわしい建物だと思います。

二条城二条城

道の駅龍神

高野山の大門から
高野龍神 スカイライン を 50Km 進んだ所に
道の駅龍神があります。

日高川のほとりに位置し
川沿い設けられた テラス 席では
この季節は涼みながら休憩する事が出来ます。
また川の対岸へ渡る吊橋もあり
いわゆる "インスタ映え" する写真が
撮れるのではないでしょうか。

去年は 20Km 手前の
ごまさん スカイタワー で引き返したので
龍神まで行けただけでも進展はあったものの
しかし山の反対側にある十津川まで抜ける事が目標なので
まだまだ先は長そうです・・・。

道の駅 龍神


五月橋

五月橋は木曽川は名張川にあり
今回は三重の名張川の方を見てきました。

名阪国道の 五月橋IC の由来ともなっていますが
実は名阪国道に掛かっているのは新五月橋で
こっちが先に建設されました。

1927 年に着工し 1928 年に完成した五月橋は
中央部に プラットトラス
前後に ポニートラス を配した構造で
国道 25 号線に掛かる橋梁としては
最も古い部類に入ります。

五月橋

デスクボード

地デジ/CSチューナー と HDD が
熱くなるので パンチングメタル を使用して
デスクボード を作ってみました。

パンチグメタル を使用した理由は
下から ファン で風を送る為で
これによって チューナー/HDD が
ある程度冷やされます。

熱を持つ物として設計上考慮されていると思いますが
しかし真夏は冷房を入れないと
室温が 40℃ 弱になる所に置いてあるので
やはり送風して冷やした方が製品の寿命も延びるでしょう。

ちなみに ファン は
USB 駆動の ケースファン で
間に 24 時間 タイマー を噛ませています。
 
デスクボード


Robi

デアゴスティ〜ニ の ロビ を完成させるのに
全 70 巻を購読する必要があり
根気と 20 万弱かかる金額が ネック となり
手が出せない人も多いと思います。

そこで登場したのが フジミ の ロビ です。
流石に実物の 1/2スケール ですが
それでも完成すると全長 16cm もあるので
ロビ の雰囲気は味わえると思います。

塗装などの工程が必要なものの
頑張れば 2 日もあれば完成するので
2800 円と言う価格を考えれば
これはこれでありでしょう。

6bb6cf03ad

御在所

御在所岳は ロープウェイ が整備されており
山頂公園駅まで 12 分で結んでいます。
開業は 1959 年で
三重交通傘下の御在所 ロープウエイ 株式会社が
運営を行っています。

山頂は スキー 場になっていて駅に リフト が併設されています。
この リフト は夏期でも運行されていて
駅から スキー 場側の頂上までを 8 分程度で結んでいます。

今回はこの山頂まで行かなかったのですが
しかし流石に 1000m を越えて来ると
普段 ジム で走っていても
少し動くと息切れすると言う情けない事になりました・・・。

DSC_3549

御在所御在所御在所



共同通信会館

共同通信の発行部数は約 1800 万部あり
読売や朝日の 3 倍の発行部数を誇っています。

しかし
あまり ピン と来ないのは
メディア に記事を提供する通信社なので
表立って新聞を発行している訳では無いからです。
地方紙になると
ほぼ全てが記事の提供を受けているそうです。

共同通信の前進は同盟通信で
戦後に解体されて現在に至る訳ですが
その本社があったのが
この共同通信会館です。
現在は オフィスビル として活用されており
1F には DHシアター が入っています。

共同通信会館

金魚電話ボックス

大和郡山は金魚の養殖で全国に知られており
金魚すくいの全国大会が開催されるなど
金魚を生かした地域の活性化を図っています。

そんな大和郡山には近鉄と JR の駅があり
その中間地点に "金魚電話ボックス" がります。
その名の通り電話 ボックス が水槽になっていて
そこで金魚が飼われています。

話は変わりますが CS に "魅惑のアクアリウム" と言う番組があって
この番組は ジュークボックス や冷蔵庫など
何でも水槽にして アクアリム を作る内容なんですが
しかし実際にそう言う アクアリウム が目の前にあると
何とも変な感じです。

これは実物を見た人にしか解らない感覚だと思います。

金魚電話ボックス


フェスティバルタワー

2013年4月 に開業した フェスティバルタワー (東地区)は
フェスティバルホール の跡地に建設された オフィスビル で
フェスティバルホール は 2~7F に入居しています。

あまり知られていないのですが
13F の スカイロビー は平日限定で一般に無料開放されており
そこから夜景を見る事もできます。

ここは柵が低く アクリル の ガード も無いので
撮影しやすい場所だと思います。

フェスティバルタワーフェスティバルタワー


中之島

満開宣言が出てから初めて
安定した快晴になった様な気がします。

この中之島の中央公会堂一帯は
ビジネス 街でありながら桜が密集しており
この時期は桜の名所となっています。

嬉しい事に
週末は雨の予報だったのが
月曜日に ズレ たみたいで
週末は今 シーズン 最後の花見になりそうです。

DSC_3346


吉良邸

赤穂浪士が討ち入りをした
吉良上野介の邸宅があった場所は
現在公園となっています。
しかし公園と言うものの
討ち入りを説明する パネル などが設置されているだけなので
史跡と言うのが正しいのかも知れません。

最寄り駅は両国ですが
駅からかなり離れている上住宅街の中にあるので
地図 アプリ を参照しないと発見するのは難しいかも知れません。

公園として小さくまとまっていますが
当時の武家屋敷は大きく
時代劇の忠臣蔵でも大きな スケール で描かれているので
実際はこの公園の 10 倍位はあったんでしょうね〜。

DSC_2431

関ドライブイン

1991年10月28日 に開業した名阪関 ドライブイン は
三重交通の関連会社である
三交興業が運営を行っています。
また北側には関 バスセンター が併設されています。

亀山 サービスエリア から近く
必要性に疑問を感じる反面
バスセンター が併設されている関係からか
1F のお土産売り場は バス の乗客でごった返していました。

しかし伊勢道を利用する場合
亀山 サービスエリア は利用できず
また伊賀 サービスエリア から
安濃 サービスエリア までは約 30Km あるので
やはり中間点である関 ドライブイン は必要って事になります。

関ドライブイン

風景印

先日も スタンプ の話題を アップ しましたが
すっかり スタンプ 集めが趣味となってしまいました。

そこで今回紹介するのが
郵便局で押してもらう風景印です。
風景印とは正しくは "風景入通信日付印" と呼び
郵便局近辺の名所や旧跡等にちなむ図柄が描かれています。

葉書でなくても
切手が貼ってあれば押して貰えるので
今回は 2Lサイズ の用紙にまとめてみました。
ちなみに
上 : 国会内郵便局 / 墨田両国三郵便局 / 東京中央郵便局
下 : 八重洲地下郵便局 / 最高裁判所内郵便局

国会内/最高裁判所内とは言っても
要は敷地内に食い込んでいるだけで
基本的に外にあるので一般でも利用可能です。
旅の思い出にご当地の郵便局の風景印を集めるのも面白いのですが
しかし首都圏で無ければ郵便局を回るのが大変なので
趣味として集める場合を除けば地方は辛いですね・・・。

風景印

謹賀新年

アクセラ

2016年のまとめ

2016 年も今日で終わると言うことで
今年 1 年間で出掛けた所をまとめてみると
64 地点も出掛けてることが判明しました。

いや〜よく出掛けた物ですね〜。

来年はどうでしょう?
恐らく 70 地点を超えるような気がします。
出掛けた地点ごとに記事を アップ するので
来年もよろしくお願いします。
記録


デアゴスティーニ

デアゴスティ〜ニ〜♪
遂にと言うか
あの バック・トゥ・ザ・フューチャー の
デロリアン が リリース されることになりました。

お馴染みの タイムマシーン を
いつもの 1/8 の ビッグスケール で再現した キット で
全 130 号で完成します。
130・・・ 完成までに 2 年は掛かると同時に
23 万円と言う高額な製作費が掛かります。

ここだけの話し
タイムマシーン よりも オリジナル の方が好きなんですよ。
せっかく 20 万以上つぎ込むんだから
オリジナル を リリース して欲しかったですね〜。
また ローターリー50 周年を意識してか
1/8スケール の コスモ も リリース されるそうです。

DMC

みたらい渓谷

渓谷の下まで降りて辺りを見渡していると
宇多田ヒカルの "道" が聞えて来るような気がします。

ここは天川村のみたらい渓谷で
洞川温泉まで整備されている遊歩道からは
紅葉の季節には渓谷美が楽しめます。

実は出掛けたのは 11 月上旬だったので
紅葉は二分って感じでしょうか。

DSC_1809


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ