Z32

Z32

残りの パーツ を取付けて シャーシ と合わせました。
ホイール と タイヤ は ジャンク で買った ポルシェ のを流用しました。
純正よりも トレッド が広く径も大きいので
迫力が増したと思います。

一応今回で Z32 は完成という事にしたいと思います。

一眼 レフ で撮影すると
光が柔らかくなって
良い具合に荒隠しが出来るのが好きです(笑)

Z32Z32Z32Z32Z32Z32

Z32

クリアー 乾燥のあと研ぎ出しを行いました。
前後の ライト 類の裏側には
アルミフィニッシャー を貼り付けて
リフレクター を再現しました。

Z32Z32

Z32

ボディー に色が入りました。

ここから先が クリアー → 研ぎ出し で
最も時間が掛かる工程であるものの
これをやるのとやらないのとでは
完成時の見栄えが全然違うので
今回も根気強く頑張ります。

Z32Z32

Z32

キャビン を組んで
ボディー と合わせて見ました。

まずまずなので
次回は ウインドウ か ボディー の塗装に入りたいと思います。

ボディーカラー は
プラットフォーム と同じ ブルーメタリック で
Tバールーフ の部分がもろく
研ぎ出しの時に注意しないと折ってしましそうです。

Z32Z32Z32

Z32

足回りを サックリ 組みました。

Z32 の足回りは
前後 マルチリンク で
リア は R32 と同じ電子制御式 4WS 機構を搭載しています。

Z32Z32Z32

Z32

プラットフォーム を塗装して
エンジン を載せました。

リア の ホイールハウス は
特に塗装の指定は無かったのですが
摂り合えず セミグロスブラック で塗装してみました。

毎回そうですが
古い キット でも タミヤ だけあって
パーツ の合いは完璧です。

フェアレディZフェアレディZP1030381

Z32

ビートル が完成したので
次のお題に移りたいと思います。
今回は Z32 です。

Z32 は タミヤ と フジミ からリリースされていますが
エンジン まで再現されている タミヤ の Tバールーフ 仕様を作ります。
かつては コンバーチブル も含め数種類 リリース されていましたが
現在は絶版となり購入できるのは Tバールーフ 仕様のみとなっています。

ちなみに Tバールーフ とは
フルオープン では安全基準を クリア 出来なかった時代に考案され
ルーフ の中央に T 字形のフレームが通っているのが特徴です。
ガラス が取外せるなど
クーペ と オープン の良い所取をしたような感じですが
経年による雨漏りや ボディー 剛性の低さから
不人気の部類に入ります。

P1030372P1030371
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ