SLR

SLR 722

SLR の製作過程を
サムネイル 動画にしてみました。

あれだけ長かった製作期間も
動画にしてみると
わずか 2 分弱です・・・。

しかしこれはこれで面白いですね♪
次回製作分も
動画を作りたいと思います。

SLR 722

SLR 完成です。
フルディスプレイキット ということで
ボンネット や ドア が可動します。

しかし パーツ の合せ目がぴったりなので
恐らくもう開けることは無いと思います・・・。

途中何度も書きましたが
特に何も加工する事無く組上げることが出来ました。
塗装を艶消しの マット な感じで仕上げれば
ビギナー でも簡単に完成度の高い物が来ると思います。

SLRSLRSLRSLRSLRSLR

SLR 722

クリアー が硬貨したので
研ぎ出しを行いました。

角を出してしまった所もあるのですが
遠目には分からないので
ヨシ としましょう。

次回 シャーシ と合わせたのを アップ して
SLR は終了とします。

P1040226

SLR 722

クリアー 乾燥中に リアコンビランプ を仕上げます。

見事に パーツ が分割されており
マスキング すること無く仕上げられました。

P1040220

SLR 722

色を乗せました。
今思えばもう少し派手な色にしても良かったのかも知れません・・・。

今からでも
溶液に漬ければ取れますが
このまま進めたいと思います。

この上から クリアー を吹いて
コンパウンド などで磨けば完成です。
クリアー が完全に乾くまでの間に
ウインドウ や ライト 類を仕上げたいと思います。

P1040176

SLR 722

ボディー に サフ を吹きました。
最近は艶消しの マット な感じも流行ですが
この上に色を乗せて クリアー で艶を出したいと思います。

SLRSLR

SLR 722

内装色は サフ をそのまま生かしました。

また マスキング の必要が無いほど
殆どの パーツ が分かれており
しかも パーツ の合いは完璧です!

SLRSLRSLR

SLR 722

指定では ライトユニット の真ん中以外を残して
黒で塗装することになっているので
キッチンハイター で メッキ を落として
逆に真ん中のみを塗装することにしました。

そこでせっかくなので
フレーム に組付けた後
ボディー を被せてみました。

実写もこんな感じで組付けて行くので
なかなかいい感じです♪

SLRSLRSLR

SLR 722

これで エンジンルーム は
ほぼ完成です。
少ない パーツ で見事に再現されています。

これでは少し寂しい気もするので
エンジンブロック の エンブレム を
クロームシルバー で塗ろうかな・・・。

P1040068

SLR 722

あっと言う間に足回りが完成しました。
フルディスプレイキット とは言っても
エンジン などは一体成型
塗り分で再現する手法となっています。

取り敢えず
エンジンブロック を塗装する際
塗料が抜けるよう底を貫通しておきました。

しかしこれが完成すると
一体成形に見えない所が
流石は タミヤ です!

SLRSLR

SLR 722

Mercedes-Benz SLR McLaren・・・
非常に長い名前ですが今回のお題です。

SLR は メルセデス の車でありながら
マクラーレン の工場で全 6グレード が
手作りで製造され
2009 年に製造が終了しました。

今回の 722エディション は
6グレード の中の 1グレード で
専用の サスペンション や エアロパーツ などを装備し
エンジン は 650PS まで強化された高性能仕様です。
価格は 6300 万円で
150 台限定で発売されました。

P1040254P1040042
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ