2015東京モーターショー

ミライ

JTEKT は ミライ に搭載されている
高圧水素 タンク の減圧弁や供給 バルブ の
開発や生産を行っており
それらを説明する為の カットモデル が展示されていました。

量産されている燃料電池車は
ミライ だけなので
それの カットモデル は非常に貴重な展示だと思います。

実際は見た所で詳しくは解らないのですが
しかし実物を見ると何だか ワクワク しますね♪

P1030699P1030700

新型スマート

新型 スマート が日本市場へ導入されました。
今回も 3ドア と 5ドア があり
トゥインゴ と エンジン や プラットフォーム を
共通化しているそうです。

先代 モデル は非常に整備性が悪かったと聞くので
トゥインゴ と共通化する事で
少しは改善したのではないでしょうか・・・。

海外 メーカー
特に欧州 メーカー は コンパクトカー や
日本の軽自動車規格に収まる自動車が作れるので
米国の メーカー が軽自動車規格が作れないのは
単に技術力が無いだけだと思います。
所で今回の スマート
ダイハツ の キャスト と似ている訳ですが
個人的には維持費を考えると キャスト を購入しますね〜。

また今時 リアドア の ガラス が跳ね上げ式とか
時代遅れにも思いますが
今でも輸入車は ガラス が落ちたりするので
敢えて手動で跳ね上げ式にした潔さは
評価出来ますね。

P1030706P1030711P1030710P1030708

シビック タイプR

ホンダ でも主流になりつつある
ダウンサイジングターボ と違い
出力 アップ を目的とした ターボエンジン は
ホンダ の ラインナップ のだけでなく
最近の国産車でも珍しい存在となってしまいました。

残念ながら今回の モデル も
限定車と言う取り扱いで
日本仕様の生産台数は 750 台となっており
既に予約が締め切られています。

先代の 3ドアハッチバック からすると
大きくなった様に感じますが
インテグラ が無くなった事を考えると
その分を補っている様に感じます。

P1030740P1030743



クラブマン

クラブマン も
ドア が 1.5 枚分大きくなって 5 ドア となり
形に見合った使い勝手が出来るようになったと思います。
リア 周り も
縦型の コンビランプ から
横長の コンビランプ になり
この辺の デザイン も
日本車では出来ない粋な仕上がりになっています。

しかし展示車両は
500 万円弱と言う価格設定となっており
BMW の強気な姿勢が伺えます。

確かに デザイン や性能は価格に見合った
プレミアム な物となっていますが
その プレミアム な部分に
日本の使用環境に対する耐久性も追加して欲しい物です。

P1030785


新型プリウス

最近の トヨタ の デザイン は
ライト 周りと バンパー を繋げる傾向にあり
この流れは レクサス の
スピンドルグリル から始まったと思います。

2016 年に デビュー する新型 プリウス も
その流れを汲んでおり
現行型から比べると奇抜な デザイン となっています。
繰り返しになりますが
無難な デザイン は結局誰からも見向きされない物になるので
これ位やって丁度良いのでは無いかと思います。

ただ
この路線で行くなら
欧州車の様に キープコンセプト で
やって欲しいと思います。

所で リアビュー を見ると
W203 の スポーツクーペ を思い出しました。

P1030798


オーリンズ

オーリンズ は 1976 年に スックホルム で創業した
従業員 200 人程度の自動車部品 メーカー です。
あの黄金色の ダンパー が印象的で
2 輪の足回りの専門 メーカー だと 思っていたのですが
4 輪用も製造しているようです。

しかも パネル で展示されている様に
4 輪の レース 車両にも採用されており
幅広い分野の足回りを製造しているようです。

ブース では フルカスタム の YZF-R1M が展示されており
やはり今でも 2 輪の イメージ が強いです。

P1030668

P1030669P1030671P1030672_1

イグニス

今回の モーターショー で発表された イグニス は
現行型の アルト 同様
リア の スクエア な感じが
80 年代前半の アルト や セルボ を
思い起こさせました。

中身は 1.2L の デュアルエンジン と
簡易 ハイブリッドシステム を組合わせた
小型の クロスオーバー で
ほぼ市販仕様だと予想されています。

この スクエア な デザイン は
好き嫌いが分かれるかも知れませんが
万人受けする デザイン では
結局誰からも見向きされない物になってしまうので
もう少し尖ってても良いような感じもします。

P1030777P1030778

クロスフィールダー

クロスフィールダー の販売は既に始まっているのですが
モデリスタ の コンプリートカー なので
ディーラー に展示される機会が少なく
今回は実物が見られる貴重な機会となりました。

フィールダー の クロスオーバー と言う事で
かつて販売されていた
スプリンターカリブ を想像していたのですが
車高を上げただけで クロスオーバー と言うのは
少し違うような感じがしました。

あくまでも コンプリートカー なので
数を売る感じでは無い反面
数が売れる感じもせず
もう少し頑張って欲しかったですね〜。

P1030687


東京モーターショー 2015

やはり モータショー と言えば
世界の マッスルカー が見たいと言うのは
古い考えなのか・・・。

今回は自動運転技術の出展が多く
人間が運転する限り エコ 運転も大きく変動し
事故も無くならない事から
この方向への流れは止められないでしょう。

しかし日本の自動車 メーカー は
自動運転技術でも先頭を走っているとは言え
主な出展は国産 メーカー で
海外勢は上海へ流れている現状を考えると
地盤沈下は否めないですね・・・。

P1030552

東京モーターショー東京モーターショー東京モーターショー

東京モーターショー東京モーターショー東京モーターショー

東京モーターショー東京モーターショー東京モーターショー

東京モーターショー東京モーターショー東京モーターショー

東京モーターショー東京モーターショー東京モーターショー

東京モーターショー東京モーターショー東京モーターショー


東京モーターショー2015

東京モーターショー2015 の出展者が
発表されました。
今回は国内外の 47ブランド が出展し
10月30日 から一般公開となります。

特に今年は海外 ブランド の出展が
17 社 27ブランド と国内 ブランド を上回っています。
また 27ブランド 中 11ブランド が
新規又は復帰組となっており
再び日本市場に注目が集まっている事が伺えます。

内訳を紹介すると乗用車が
・マイバッハ
・ジープ
・DS
・アファロメオ
・フィアット
・アバルト

商用車は
・ボルボトラック

二輪は
・BRP
・インディアン
・ヴィクトリー
・ポラリス

となっています。
いや〜今から楽しみですね〜♪

001l

東京モーターショー2015

2 年に 1 度開催されている ""東京モーターショー"
2015 年の開催は 10月29〜11月8日 に開催される事が
決定しました。

場所は例年通り ビッグサイト で
一般公開は 10月30日 からとなっています。

今回の目玉は・・・
やはり市販仕様の NSX でしょうか?
取り敢えず今回も出掛ける予定なので
今から予定を空けておきます(笑)

モーターショー
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ