アップル

iPhone5

事の成行きで iPhone5 を購入しました。
事の成行きというのは
これまで加入していた イー・モバイル は
契約を見直すと
・音声通話契約
・データ通信契約
の二重契約となっていました。

なぜこう言うことになっていたのか・・・
恐らく データ 通信契約をする際
音声通話契約を解約すると解約手数料が発生するので
使用しなければ数百円という契約に変更して
手数料が発生しなくなるまで待つ・・・
と言うのがそのままになっていたのだと思います。

そして今回
データ 通信契約を解約すると
解約手数料 (19000円) が発生するので
手数料が掛らなくなるまで
使用しなければ月額 1000 円という契約に変更して
塩漬けにすることにしました。
残りの期間を考えると
この契約の方が 1000 円くらい安くなるのですが
なんか微妙な気がしないでも・・・。

所で今回購入したのは au の iPhone5 で
イー・モバイル の音声通話契約を解約して
NMP で契約しました。
NMP だと 2 万円 キャッシュ を受けることができ
その 2 万円で データ 通信契約の解約手数料を相殺出来たのですが
もう過ぎたことなので残りの期間が過ぎるのを待とうと思います。

P1040417

100ドル・スマホ

アップル の iPhone は
その スタイリッシュ な デザイン と
直感で使える iOS と相まって爆発的な ヒット となっています。
しかし皆が iPhone で個性が薄れるのと
デザイン よりも機能や価格重視という ユーザー も
確実に増えつつあり
とうとう "100ドルスマホ" と呼ばれる端末まで登場しました。

この ノウハウ を提供しているのは
米 クアルコム で
その内容は半導体から液晶
無線部品までの製造方法や調達先にまで及び
この ノウハウ を利用すると
スマホの開発から製造まで最短で 60 日で可能だそうです。

また低価格化の要因は製造 ノウハウ だけでなく
例えば キンドル や ネクサス は
端末を受け皿にして
サービス や 通販 で利益を出す ビジネスモデル を採用し
端末価格を下げています。

個人的には
スマートフォン の デザイン なんて
どの メーカー のも大して変わらないと思っているので
ネクサス や キンドル は非常に魅力的です。

mm20111116100331_132920601

手持ち回転iPadホルダー

スマートフォンが爆発的に普及していますが
私自身はタブレット派で
iPad第1世代を愛用しています。

しかしタブレットゆえに
大きさが気になる場面も多々あり
しっかりしたケースに入れると
更にかさばるということになります。
私はなるべくかさばらない様に
硬質ウレタンのケースを使用していますが
手袋などをしていると
うっかり滑り落ちる可能性があります・・・。

そこで
かさばらずしっかりしたケースが無い物かと探すと
「手持ち回転iPadホルダー」なる製品を発見しました。
自宅で使う時はスタンドになり
外で使う時は
リングに指を入れてホールド出来ると言う優れものです(笑)

パレットみたいになるのが少々気になりますが
1480円(アマゾン価格)なので
一度使ってみる価値はありそうです。


ヒット商品番付

今年も日経MJの
「ヒット商品番付」が発表されました。
どうやって番付を決めているのかは考えないようにして
やはり横綱は
「アップル」と「節電商品」でした。
この番付でアップルは常連ですが
節電商品が横綱に入ったのは世相を反映していますね。

また変わりだねでは
前頭に入っている「はちみつレモン」です。
思わず
は〜ちみつレモン♪
という懐かしいフレーズが出てきますが
サントリーが12年振りに発売した復刻版で
巷では再ブレークしているそうです。

ちなみに2010年の横綱は
東:スマートフォン
西:羽田空港
でした。
スマートフォントいうことは
今回のアップルやアンドロイドに共通する部分があり
連覇ということになりますね。

m_201120hits

さようならの向こう側

島田紳助氏の電撃引退は
「やっぱりな」と変に納得する部分もあり
特別な驚きもありませんでした。

しかし体調不安が囁かれるスティーブ・ジョブズ氏の
事実上の引退は
「必ずこの日が来る」と分かっていながら
なにか寂しい物を感じました。

私が使うアップル製品は
基本的にiPadしかありません。
しかしその機能性やデザイン性は
実用性重視のWindousと比べて
「使うことが楽しい」と思わせる製品です。
これ程の製品を生み出す発想力を持った人間は
やはカリスマ性のある
偉大な人物だと思います。

頂点を極めた者は
その引き際が難しいといわれていますが
両者に共通するのは「多くを語らず」だと思います。
全部知った所で何もならないものの
さようならの向こ側はどういうものなのか
少し気になる所です。


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ