ウイルス

家庭用ロボット

ソフトバンク が発表した低価格 ロボット は
傘下の アルデバラン・ロボティクス が開発し
製造は ホンハイ が行うそうです。
面白い試みだと思いますが
しかしインターネット に接続して
データ を共有すると言う点が引っ掛かります。

うっかり ウィルス に感染してしまうと
さり気なく クレジットカード の番号などを聞いて来る事も・・・。
また突然自我に目覚める・・・なんて事も・・・。

まあ新しい物が出てくると
必ず批判的な意見が出るのは自然な流れとして
それより
この ロボット は一部では革命だと言われています。

しかし
この ロボット が発売される遥か昔に
ファミコンロボット なる製品が発売されていました。
その名の通り
ファミコン と連動させる ロボット で
当時としては革命的な製品として話題になったものの
ソフト が 2 本しか リリース されず
ひっそりと姿をけしました・・・。


スマートテレビ

ウェブブラジング などが出来る スマートテレビ で
ユーティリテ の セキュリティホール を利用して
遠隔操作可能なことが判明しました。

現在のところ被害は確認されておらず
メーカー に対する改善や
検査の強化などを呼び掛けて行くそうですが
実際のところどうなんでしょうね〜。

例えば家庭用の スマートテレビ は
今後 PC に取って代わると言われています。
そうなれば ネットショッピング など
PC や スマートフォン でやっていることが テレビ で可能になり
そこには当然 クレジットカード 情報等が含まれて来る訳で
情報の漏洩に繋がります。

しかし PC や スマートフォン でも
セキュリティ 対策をしていても
不正侵入や遠隔操作が行われている現状では
検査を強化しただけでは防げないと思いますね〜。
また大陸系の メーカー では
あえて ホール や バックドア を設けて
個人情報の収集を行っていると言う噂も・・・。

column84_588x

USBメモリ

企業によってはUSBメモリを鍵付きのロッカーで管理し
持出す際は管理者の承認を得てから
ウイルスチェックをして使用/返却するという手順を踏んでいる所があります。

安易に私用のメモリを挿してウイルス感染した場合
解析すれば挿した日付はおろかメモリの型番まで
ログに残ってしまうので動かぬ証拠となってしまいます・・・。

所でエレコムから
トレンドマイクロ社のウイルス対策ソフトを搭載したモデルが発売されました。
新しいデータが書込まれると
自動でウイルスチェックが行われ
感染したファイルが発見されると専用フォルダに隔離され拡散を防ぎます。
またパスワードロック機能も搭載しているので
紛失や盗難にも
ある程度効果があるそうです。

しかし業務で使用する場合
パスワードロックに暗号化機能も追加されていると
セキュリティ上ベストなんですが・・・。

K0000351722_0002
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ