エンジン には
ウエットサンプ 式と ドライサンプ式 があるのを
ご存知でしょうか?

多くの量産車に採用されているウエットサンプ 式とは
供給 ポンプ で供給された潤滑油が
重力による自由落下を利用して
エンジン 下部の オイルパン に回収される仕組で。

エンジン の コンディション によって回収量が不安定になったり
横 G によって オイル が傾き
供給 ポンプ が空気を噛むことで供給量が不安定になったりします。

一部の高性能車に採用されているドライサンプ 式とは
供給 ポンプ で供給された オイル を
自由落下で回収するのではなく
ポンプ(スカベンジポンプ) で強制的に回収する方式です。

また ドライサンプ 式は主に
・通常の オイルパン に ポンプ を設置した タイプ
・極めて容量の少ない オイルパン に ポンプ を外部に設置した タイプ
の 2 があります。
量産の高性能車には
メンテナンス 性の問題から
前者が採用されるのが一般的となっています。

drysmp