エンジン

スイフトスポーツ

新型 スイフトスポーツ は先代と比べて
前後の トレッド が 40mm 延長された事から
3ナンバー となりました。

しかし ボディー が大きくなった反面
超高張力鋼を多用するなどの結果
70Kg の軽量化に成功し 1t を切る
970Kg を実現しています。

エンジン は
1.6L から 1.4L へ ダウンサイジング し
それを ターボ で過給する仕様で
国産車では珍しい Aセグメント の
ダウンサイジングターボ となっています。

スイフト


ハイラックス

13 年振りに日本でも
販売されることになった ハイラックス ですが
確かに日本の道路事情を考えると
5m を超える全長は市街地で苦労しそうです。

13 年前まで販売されていた モデル は
4ナンバー 枠に収められていた訳ですが
現行型は海外の ピックアップトラック 枠に合わせてあり
1ナンバー 登録となります。

しかし 300 万円台半ばからと言う価格は高いですね〜
ラダーフレーム や 4 駆の機構などを考えると
高くなるのは解るんですけど
もっと装備を省いた実用重視の グレード も
300 万円弱で ラインナップ して欲しいですね。

ハイラックス


パッソ / ブーン

パッソ/ブーン が FMC の時期を迎え
あの ファニー な ルックス から
最近の ダイハツ の流れである
筋肉質な ルックス へと大きく路線変更しました。

パッソ は初期型から ダイハツ が製造しており
今回も ダイハツ からの供給となりますが
OEM ではなく共同開発・・・と言う微妙な関係だそうです。

所で私も初期型の 1.3 Lモデル に数年ほど乗っていたのですが
現行型は 1L の設定しか無く
軽いとは言え車重が 1t 近くあるので
やはり 1.3L の設定も欲しいですね〜

1040402


F355

95 年式 F355 の エンジン が
即決価格 230 万円で出品されていました。
走行距離は 49400Km で車体から降ろした際に
タイミングベルト を交換したそうです。

ちなみに F355 は
94〜99 年まで生産されており
日本へは 94 年から導入されていました。
当時の新車価格は以下の通りです。
ベルリネッタ:1490万円 / GTS:1550万円 / スパーダ:1625万円

しかし動く エンジン とは言え
エンジン 単体で 230 万円は少し高いような気がします。
また サブフレーム は 50 万円で出品されていました。

p1

F355

MRJ

4〜6 月に予定されている MRJ の初飛行へ向けて
エンジン の試運転が地上で行われました。

今回は右側の エンジン を始動させて
油圧・燃料・空調・電気系統などの
各 システム の動作確認する事が目的で
問題無く終了したそうです。

飛んでからも先は長いのですが
やはり飛ぶまでが一つの山ですね。

819511

86/BRZ

予想通り アオシマ から 86/BRZ の
エンジン 付が リリース されました。

元々 アオシマ は意欲的な キット が多く
また最近は パーツ の精度も
一昔前の タミヤ 並に上がっているので
一層期待させられます。

しかし残念ながら私が持っているのは
エンジン 無しの キット なので・・・
まあ ボンネット を閉めれば見えないので
よしとしましょう(笑)

dsc03759

66年型ビートル

現代のような快適装備は無く
必要最低限にまとめられた内装は
良くも悪くも質素です。

今回で内装は完成なので
次回からはボディーに移りたいと思います。

ビートルビートル

66年型ビートル

キャビン後部の塗分けです。
いわゆるバスタブ型ではなく
それぞれ独立したユニットになっていますが
エンジンルーム及び足回りの組付けがタイトです。

フジミやアオシマは最近のキットですら
パーツの合いがイマイチな物もありますが
タミヤはこの時代のキットで既に
最新キットと変わらない精度なのには
"やっぱりタミヤだね" と関心させられます。

ビートルビートルビートルビートル
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ