カウル

隼を作る

タンク や カウル 類の塗装を仕上げました。

指定では ブラック や ブルー になっていますが
バイク なんて目立ってなんぼなので
ハチ みたいな カラー にしてみました。

一番手間の掛かる パーツ が仕上がったので
後は フォーク などの細々した物を組むだけです。

隼隼

ビキニカウル

ネイキッド の宿命として
高速走行時の走行風がきつかったので
ビキニカウル を付けてみました。

今回購入したのは
4000 円で売られている汎用品で
期待していなかったものの意外にもぴったりでした。
しかし裏側は無塗装で素材丸出しの値段相応だったので
下地処理をして艶消し ブラック で塗装しました。
ボディー と同色の パールホワイト も考えたんですが
やはり計器周りは ブラック の方が良いですね。

取付けは
ライトユニット と共締めする形になるので
スペーサー が セット になった ボルトセット も
一緒に購入しました。
スペーサー を樹脂で自作する人もいますが
加工などの手間を考えたら
ボルトセット を購入した方が早いように思います。

それで カウル を付けて変わったのか?
流石に フルカウル には負けますが
それでも首から胸に掛けての走行風が緩和され
少しは楽になした。

DSC02183

VTR250VTR250VTR250

VTR250VTR250VTR250
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ