クーペ

初代シルビア

1965~68 年まで生産された初代 シルビア は
ダットサン・フェアレディ の シャーシ に
クーペ―ボディー を被せた スペシャルティカー
として登場しました。

継ぎ目の少ない ボディーパネル など
ドイツ 人 デザイナー の助言を参考にした
意欲車でありながら 1968 年に生産を終了しました。

こうして見ると クーペ の流麗な デザイン は
今でも通用すると同時に
どちらかと言うと欧州ではなく
マスタング を訪仏させる米国寄りの
デザイン だと思います。

DSC_4415


LC500h

LC の エンジン は
LC500:V8 5.0L  / LC500h:V6 3.5Lハイブリッド
の 2 種類で各 3グレード ずつ用意されています。
今回展示されていたのは ハイブリッド の Sパッケージ ですが
内装の構成は基本的に ガソリン も同じです。

国産 ブランド で
これだけの車を出してるのは
レクサス くらいですが
しかし 1500 万は庶民では手が届きませんね。
まあ専用の工場を作って生産しているので
無理も無いのですが・・・。

LC500h

LC500hLC500hLC500h


コペン クーペ

以前から アフターマーケット では
コペン を クーペスタイル にする
ルーフキット が販売されていましたが
それなりの需要が見込めるのか
コンセプトモデル ではありながら
ダイハツ 純正の ルーフキット が
出品されていました。

しかも クーペ と ワゴン の両方出品されており
その完成度はいつでも市販出来そうなくらい
作り込まれていました。

確かに メタルトップ を取っ払うのは残念に思いますが
積載性が アップ すると共に
比較的 デザイン が保たれている事から
この辺りが妥協点なんでしょうね。

DSC02319


DSC02324DSC02326DSC02328


i8

現行型の BMW の キット は皆無で
先日制作した B6クーペ も
20 年以上前に発売された キット でした。

しかし ドイツレベル から
現行型の i8 が リリース されました。
i8 は次世代 スポーツカー として開発され
フロント に モーター
床下に リチウム 電池
リア に 1.5Lエンジン を搭載する PHEV です。

キット は
あの特徴的な フォルム を見事に再現し
左右の ガルウイング や リアハッチ の開閉も
可能となっています。
また組上げると見えなくなる
フロント の モーター 部分まで再現されています。

レベル に限らず
海外の キット は
パーツ の精度が イマイチ なのですが
最新の キット とあって
10 年前の タミヤ くらいの精度だそうです。

DSC09012DSC08735

BMWを作る

フロントアクスル を仕上げて
エンジン を搭載しました。

残念ながら エンジン の補器類が
ボンネット と少し干渉しているので
調整が必要です・・・。

しかしエンジン が組み上がった状態で
調整するのは面倒なので
見えない ボンネット 裏の パーツ を省いて
何とか収めようと思います。

P1060026P1060024

BMWを作る

ジャガー の次の ネタ は
BMW B7Turbo Coupe です。
BMW の キット は数が少なく
今回の キット は中古で入手した
フジミ の エンスージアストモデル です。

エンスージアスト は
誰もが認める意欲作ではあるものの
パーツ点数/精度 や材質の低さから
その悪名を轟かせている キット です。
現在の技術で
この シリーズ が復活すれば・・・
と思うんですが
シリーズ 化の予定は無いようです。

では次回から制作をして行きたいと思います。

DSC00655DSC00671

アクティブツアラー

東京モーターショ にも出展していた
BMWアクティブツアラー が
12 月より販売が開始されました。

この クラス は既に
メルセデス や VW からも リリース されており
特に目新しさは無いのですが
しかし BMW が初めて作った ミニバン として
話題になっています。

基本的に 2シリーズ の派生車となっていますが
駆動方式は FF を採用し
エンジンは 3気筒1.5L の ダウンサイジングターボ と
なっています。

DSC_4995

CLAクラス

メルセデス に新たな ラインナップ が加わりました。
それは CL-Aクラス です。

CL-"A" と言うことなので 
つまり Aクラス の派生車です。
パワートレイン や プラットフォーム は共通で
Aクラス でとらえきれなかった客層の取込を狙っての投入ですが
同じ "エントリークラス" という カテゴリ に属しているだけに
共食いになる可能性も・・・。

基本的に 4ドア は ”セダン” という カテゴリ に分類されますが
あえて "4ドアクーペ" と銘打っている所から
CL-Sクラス の廉価版と考えるのが良いのかも知れません。

しかしこの筋肉質な フロントマスク
個人的には好きなんですけど
現行型の クラウン 同様
好き嫌いが分かれるでしょうね〜

007_o


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ