ケースファン

デスクボード

地デジ/CSチューナー と HDD が
熱くなるので パンチングメタル を使用して
デスクボード を作ってみました。

パンチグメタル を使用した理由は
下から ファン で風を送る為で
これによって チューナー/HDD が
ある程度冷やされます。

熱を持つ物として設計上考慮されていると思いますが
しかし真夏は冷房を入れないと
室温が 40℃ 弱になる所に置いてあるので
やはり送風して冷やした方が製品の寿命も延びるでしょう。

ちなみに ファン は
USB 駆動の ケースファン で
間に 24 時間 タイマー を噛ませています。
 
デスクボード


ケースファン

ケースファン が 6 個ある内
CPU 裏に設置した ファン が
ファンコン の速度調整に対応していなかったので
交換してみました。

画像の左が交換前で
右が交換後です。

見た目は同じ ファン に見えますが
細かい所を見ると
ファン の ケーブル が
2 本から 3 本になっているのが分かります。

ケースファン

ケースファン

夏へ向けて
天面の排気ファン1機(140mm)と
側面の吸気ファン2機(120mm)を増設しました。
これで
フロントの吸気ファン1機(120mm)と
ケース付属のリアの排気ファン1機(120mm)を合わせて
5機体制となります。

フロントファンはHDDを
側面ファンはGPU及びその他補機を冷却し
天面/リアファンで排気します。
暖かい空気は上へ上がるので
天面ファンは効果的かと思います。

ただリアファン以外は
フィルターを付けているのですが
それを掃除するには
一度ファンを外さないといけません・・・。

P1020282P1020285





P1020397P1020399
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ