シートバッグ

トップケースの取付け 

ケース 内は クッション 性 ゼロ なので
気休め程度に カーペット を貼ってみました。
残念ながら大まかに型紙を作ったせいで
端の丸くなっている所に隙間が出来たものの
剥き出しだった ビス などが隠れるようなったので
まあ良しとしましょう。

また
せっかく リフレクター が付いているので
汎用品の チューブLED を使用して
ハイマウントストップランプ にしてみました。
配線は フタ の縁にはわせて
コネクター で車体の電源と接続できるようにしています。

いずれは
あと 2 本追加して
テールランプ も点灯するようにしたいですね〜。

DSC03943DSC03952


トップケースの取付け 

トップケース を取付ける場合
バイク に合った リアキャリア が必要で
VTR 用のも出てはいるのですが・・・
耐加重が 5kg 程度と ケース の本体の重量で
耐加重を超えてしまうので シートバッグ を使用していました。

しかし容量が少ないので
今回 グラブバー を利用して
トップケース を取付けてみました。
取付けるのは 46L の ケース で
本体重量が 5.2Kg もあります。

取付けは ケース を取付ける ベース を
グラブバー に L 金具で固定すると言う物で
ケース と荷物で 10 Kg 弱の加重を加えても
特に ベース に歪みも見られず
実用上大丈夫そうです。

しかし 46L もあるので
フルフェイス の ヘルメット が 2 個入るなど
積載量が劇的に増えたと同時に
鍵が掛けられて雨も染み込まないなど
ハードケース ならではの恩恵が受けられる反面
やはり バイク 便みたいになるのは否めないので
見た目を取るか実用性を取るかですね・・・。

DSC03937


シートバッグ

ロードスポーツ は
荷物を入れる スペース が全く無く
トップケース にするか シートバッグ にするかが永遠の テーマ で
今回はシートバッグ を選択しました。

購入したのは ゴールドウィン の GSM17303 で
通常は 10L で使用し最大 15L まで容量が増やせます。

実際に カメラ などを入れたのが下の画像で
一泊二日分の荷物なら余裕で入るそうですが
雨具等を入れると少し厳しいかも知れません。

DSC01949DSC01950DSC01952
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ