ジャンプ

遼寧

今年初め中国軍の遼寧が何とか太平洋まで出て行って
演習を行った事が話題になりました。
この遼寧は カタパルト を使用せず
ジャンプ 台の様な甲板から戦闘機を発艦させる為
燃料や兵装を減らした軽い状態にする必要があり
沿岸警備にしか使えないと言う噂が
事実であった事が判明しました。

また遼寧を基に国産空母の建造にも着手しており
大連にある造船所の ドック には
既に甲板部分まで完成した空母が入っています。

これが完成しても
空母を運用するには最低でも 3 隻必要な上
運用に伴う ノウハウ も必要な為
実際に脅威となるのは 20〜30 年後でしょうね。

空母

勝鬨橋

「こち亀」の愛読者なら
お馴染みの「勝鬨橋」まで行って来ました。

勝鬨橋は1940年に完成した
隅田川に掛かる可動橋で
現在重要文化財に指定されています。

かつては1日5回20分開いていましたが
交通量の増加や大型船の往来減少で
1970年11月29日を最後に開閉が停止され
現在はロックが掛かった状態です。

橋の真ん中から開閉する仕組みで
真ん中まで行くと振動が大きく
かつて可動橋であったことが体感出来ます。

訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ