福岡空港の前身である太刀洗飛行場が開港したのは 1919 年で
第二次大戦後は GHQ に接収となり
1972 年に日本へ返還され現在に至ります。

滑走路が 1 本で日本一過密な空港として知られていますが
2024 年の完成を目指して現在改築が行われています。
その主な改築内容は以下の通りです。
.拭璽潺淵襯咼襪僚弧
滑走路の増設

の ターミナルビル の集約は
これまで 3 つに分かれていた国内線 ターミナル を 1 つへ集約する計画で
建替えと言っても過言ではない レベル の工事となっています。
の滑走路の増設は
ターミナルビル の集約で出来た スペース を活用し
2500m の滑走路を国内線 ターミナル 側へ新設すると言う物で
完成すれば混雑が大幅に改善されると期待されています。

しかし敷地を広げずに滑走路を増設するとか
世界的に見ても日本ならではの試みではないでしょうか?

DSC_7915