セレナ

スズキ ランディ

ニッサン セレナ が新型になったのに合わせて
スズキ ランディー も新型になりました。
ランディー は ニッサン からの OEM で
内装も外装も大きな変更を加える事無く
そのまま販売されています。

ミニバン 市場も競争が激しく
1 から車両を開発しても利益が見込めない事から
ニッサン から供給を受けていますが
スズキ も アルト や ハスラー を
マツダ への供給を行っています。

しかし ランディー は
年間 1200 台の販売目標を掲げていますが
ダイハツ の アトラス や メビウス と同じように
販売店社員向けの様な気がしてなりません。

ランディ

セレナ S-HYBRID

トヨタ や ホンダ の ハイブリッドカー に対抗する勢力として
高効率 エンジン で
ハイブリッドカー 並みの低燃費を実現した スカイアクティブ や
小排気量 エンジン を加給する事で効率を高めた TSI
それに ディーゼルエンジン などがあります。

そこへ新たに
日産が開発した S-HYBRID が加わりました。
これは従来からある
モーター式アイドリングストップシステム を
モーター と サブバッテリー の容量を拡大した物で
エンジンルーム 内で システム が完結する コンパクト 設計となっています。

容量を拡大した バッテリー は
アイドリングストップ の頻度を高め
時間を長くする事で燃費向上に貢献します。
また同時に容量が拡大した モーター は
回生効率が高められ電力に余裕があれば
発進加速時の アシスト や エアコン などの電装品の駆動に用いられます。

ちなみに サブバッテリー には鉛電池を採用され
減税分考慮すると
システム の追加負担は 2 万円弱という低価格を実現しています。

セレナS-HYBRID

訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ