タブレット

UMPC

ウルトラモバイルPC(UMPC) の歴史は古く
1996 年には Win95 を搭載した リブレット が
販売されていました。

しかし タブレット や スマートフォン の台頭で
今ではすっかり市場から姿を消してしまいましたが
先日 GPD から Win10 を搭載した
UMPC が発売されました。

UMPC である メリット とは
オフィス の簡単な修正や プロジェクター への出力は
既に タブレット でも可能な訳で・・・
私としては メンテナンス 分野では
この サイズ で Win が動く メリット は大きいと思います。

画像の モデル は 5〜6 万なので
ウルトラブック の半額程度の価格で半分程度の大きさなら
現場の狭い場所でも活躍してくれそうです。
 
img012

タッチスクリーン

銀行の ATM や スマートフォン/タブレット など
タッチスクリーン が当たり前の世の中となり
PC でも Win8 は タッチスクリーン での使用を視野に入れた仕様となっています。

しかし マルチ 画面環境や
高性能な ディスプレイ を使用している場合
Win8 の為に タッチスクリーン 対応の ディスプレイ に入れ替えるのは・・・

なので USB 接続の タッチパネル が リリース されています。
まあ以前からこれはあったんですが
Win8 の登場で
ようやく日の目を見る時が来たみたいです。

取付けは簡単で
液晶画面に対応 サイズ のパネル を取付けて
USB 接続するだけで
今までの ディスプレイ が タッチスクリーン 対応となります。
ただ USB 接続なので
反応が鈍いと言う意見もありますが
文字入力などは キーボード を使用すれば
気にならない レベル かと思います。

051

Windows8

10 月 26 日に リリース される Win8 は
Win7 より エディション 数が整理され
全 4 種類となりました。
内訳は
・Windows 8
・Windows 8 Pro
・Windows 8 Enterprise
・Windows RT
となっており
Windows 8 がこれまでの Home Premium や Home Edition
に相当する家庭用となっています。

また 64/32bit は別々ではなく
統合した パッケージ になる予定となっています。

所で今回の Win8 は
スマートフォン との連携が図れら
大半の機能は タッチスクリーン で可能なものの
エクセル での範囲指定や数値入力
PP での作図などは タッチスクリーン では逆に操作性が悪く
従来通り マウス+キーボード があった方が良いのではないでしょうか?

この タッチスクリーン での操作性を重視している為
スタトートボタン が廃止され スタート 画面になった訳ですが
この影響で 20 型以上の デスクトップ で使用するより
タッチスクリーン に対応した ノートPC や タブレット で使用する方が
スタート 画面の恩恵を受けられそうです。

win8-04-1_566x303


モバイルモニタ

USB 接続の液晶 ディスプレイ が多数リリースされていますが
殆どの ノートPC には ディスプレイポート が装備されているので
いまいち使い道が分かりませんでした。

しかし モバイルタイプ のモニタは
USB 給電が可能で
ノートPC の背面に取付けて ダブルモニタ として使用したり
プレゼン で使用したりと
ようやく使い方が見えて来ました。
また タブレット や スマートフォン と接続出来たりと
それなりに応用も可能なことがわかりました。

まあ使い道が分かった所で
個人的にはあまり必要無いのですが
非力なマシーンでも手軽に ダブルディスプレイ が構築出来る点は
評価出来ると思います。

 ON-LAP1302


手持ち回転iPadホルダー

スマートフォンが爆発的に普及していますが
私自身はタブレット派で
iPad第1世代を愛用しています。

しかしタブレットゆえに
大きさが気になる場面も多々あり
しっかりしたケースに入れると
更にかさばるということになります。
私はなるべくかさばらない様に
硬質ウレタンのケースを使用していますが
手袋などをしていると
うっかり滑り落ちる可能性があります・・・。

そこで
かさばらずしっかりしたケースが無い物かと探すと
「手持ち回転iPadホルダー」なる製品を発見しました。
自宅で使う時はスタンドになり
外で使う時は
リングに指を入れてホールド出来ると言う優れものです(笑)

パレットみたいになるのが少々気になりますが
1480円(アマゾン価格)なので
一度使ってみる価値はありそうです。


訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ