デミオ

右フェンダー 続

デミオ の修理が上がって来ました。
保険会社へ出す請求書の控えを見ると
あれだけの ヘコミ でも 15 万も掛かっています。

内訳を見ると
塗装一式が 7 万円となっているので
約半分が塗装に係る技術料と言う事になります。

確かに塗装は色合わせや下地処理など
今でも熟練の技術が必要な分野なので仕方ないですね・・・。
これが一部の輸入車や高級車になると
倍以上掛かるんでしょうね〜。

IMG_0001

右フェンダー

我が家には デミオ もあるんですが
先日 ドラッグストア の駐車場で
バック してきた車が
右 フロントフェンダー に接触しました。

駐車場と言う事で低速だった事と
こっちは停車していたと言う事で
双方とも怪我は無く
フェンダー が凹んだだけで済みました。

こっちは停まっていたので事故割合も 0:100 となり
修理費も全額相手の保険で賄ってくれるので
事故に遭ったのは運が悪かったものの
相手は逃げなかったし
保険にも入っていたし
怪我もしなかったので
まあ ヨシ としましょう。

DSC_3377

レンジエクステンダー

レンジエクステンダー と言われると
聞きなれない言葉ですが既に実用化され
BMW i3 や シボレー ボルト
先日発売された日産 ノート などが搭載しています。

要するに エンジン を発電機として使用し
発電された電気で モーター を回して
車を動かす システム で
バッテリー だけの EV と比べて
航続距離を飛躍的に延ばせると同時に
バッテリー 残量を気にしなくて済む メリット があります。

究極の エコカー として
燃料電池車が実用化されていますが
インフラ 整備なども含めて
これから 10 年後にどれくらい普及しているかと言われれば
今よりは普及しているでしょうけど
やはり レンジエクステンダー や プラグインハイブリッド の方が
遥に普及していると思います。

ちなみに マツダ は ハイブリッドシステム を
トヨタ から供給を受けていますが
しかし ロータリー を使用した レンジエクステンダー を開発していて
スカイアクティブ と組合わせた独自路線が期待出来そうです。

kl120604

yk_notee-power

リコール

デミオ の リコール 通知が届きました。
リコール 内容は
プログラム の書き換えで
まあ 1 時間もあれば終わりそうな内容です。

リコール を リコール として対応する分には
何の問題も無いのですが
一部の プレミアムブランド と呼ばれる欧州車では
明らかに リコール 対象にも関わらず
販売台数に対する割合云々・・・とか言い訳をして
有償修理を行っています。

要するに プレミアムブランド と呼ばれる物は
殿様商売って事なんでしょうね〜。

DSC03323

マツダ LM55

コンパクト な ロータリーエンジン なら
実走する LM55 も夢では無いと思うのですが
残念ながら ル・マン の レギュレーション では
ロータリー が禁止されているので
出るとするなら・・・スーパーGT ですかね?

しかし マツダ は
暗黒の フォード 提携時代から
よく立ち直った物ですね〜
まあ提携が無ければ倒産していた可能性もあるので
一概に暗黒時代とは言えないのですが・・・。

その フォード 時代の名残なのか
或は アップル と同じで
世界共通 CM となっているからなのか
CM に日本人が出てこないのは
どうしてなんでしょう?
ブランドイメージ と言う点で
敢えてそうしているのは見えますけど・・・。

DSC02336

DSC02331DSC02338DSC02340


サイオン IA

トヨタ が北米や カナダ で展開している サイオンブランド から
撤退することを発表しました。
サイオン は主に若年者向けの ブランド として 2003 年に立ち上げられ
最盛期には年間 17 万台を販売するも
間近では 4 万台までに落ち込み
ジリ 貧の状態となっていました。

この ニュース 記事で
IA なる見慣れた車種があるなと思っていたら
やはり マツダ からの OEM で
元は デミオセダン でした。

マツダ で販売している方は
クール な鼓動 デザイン なのですが
サイオン 仕様になると
すっかり ダサ くなってしまって
ジリ 貧になった理由が理解出来ました。

0002


半年点検

早いもので デミオ も
納車から半年が経ちました。

しかし僅か半年で 1万キロ を走破するとは・・・。
アクセラ は 1 年で 16000キロ なので
かなりの ハイペース だと思います。

これなら ディーゼル にすれば良かったかも知れません。

DSC02158DSC02157

ソリオハイブリッド

スズキ から
ソリオハイブリッド が発表されました。
ハイブリッド にも数種類あり
ソリオ に搭載されるのは
既に軽自動車に搭載されている
Sエネチャージ を ベース にした
マイルドハイブリッド です。

基本的には Sエネチャージ と同じ システム で
モーター や バッテリー は
加速時の アシスト や
アイドリングストップ 時に
電装への電力供給に使用されます。

同じ システム なのになぜ名称を変えたのか?
コンパクトカー では既に
アクア や フィット の ハイブリッド や
デミオ の ディーゼル など
個性派揃いの中において "ハイブリッド" を付ける事で
埋没しない事を狙ったのでしょう。

001_o022_o


納車!

我が家で 2 台目の マツダ 車となるデミオ が
本日納車されました。
今回は
以前紹介した アルト の置き換えで
ガソリン 仕様の 13S です。

本当は L Package が候補だったんですが
残念ながら白革しか無く
汚れが目立つので ファブリック 仕様の 13S に
差額分の オプション を付けました。

車種の候補として
スイフト や ヴィッツ も考えましたけど
値引き率も高かったので
同じ ディーラー で 2 台目となりました。

DSC01648

1ヵ月点検

早い物で
1ヶ月/1000Km 点検を迎えました。
この車も点検 パック に加入しているので
点検費用は無料です。

国産車なので特に初期不良も無く
洗車も含めて 30 分程度で終了しました。
まあ洗車と言っても機械洗車ですけど・・・。

しかし奈良県内の マツダデーラー 全部に言える事ですけど
ピット が見えないのは寂しいですね。
今後改装する時は ピット が見えるようにして貰いたい物です。

(1)

点検

マツダコネクト

マツダコネクト は
USBメモリ に保存した MP3 などの
音楽 データ が再生出来るので
オプション だった CDプレーヤー は省きました。

基本的な使い方は
音楽 データ を放り込んだ USBメモリ を
インパネ の USBポート へ差し込めば
コネクト 側で認識してくれます。

現在の私の環境では
問題無く全曲再生されたのですが
長年 PC で管理して来た音楽 データ は
いわゆる "ゴミ" が保存されている物もあり
その ゴミ が保存された データ は
認識されず再生出来ないそうです。

しかし
その場合でも フリーソフト で ゴミ を除去すれば
問題無いそうです。


DSC01072DSC01055


年内納車可能!

オーリス が
来年 3 月に車検を迎える事から
思い切って乗り換える事にしました。

当初は初回の車検を通して 5 年は乗るつもりだったんですが
2 回目の車検を向かえる頃には 6 万 キロ を超えており
査定が付かなる事と
消費税以外にも エコカー 減税の廃止や取得税に代わる
環境性能税金の導入・・・
自動車保険の参考純率の アップ など
自家用車を所有する環境が悪化する一途なので
この タイミング となりました。

アクセラ と言えば
クリーンディーゼル や ハイブリッド
セダン や ハッチ バック など
多彩な エンジン/ボディー バリエーション を揃えており
その中で私は
2.0L の ハッチバック を選択しました。

やはり ハイブリッド は
ガソリン 代の数十円分で元を取るのが難しい事と
ディーゼル は デミオ や アテンザ とは異なる
ハイパフォーマンス 仕様になる事から
除外となりました。

ギリギリ 年内に納車可能と言われているので
納車されたら追って アップ したいと思います。

DSC01031DSC01032

日本カー・オブ・ザ・イヤー

2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤー の選考会が行われ
全55台のノミネートの中から以下の10台が選出されました。

・プリウスα
・リーフ
・フィットシャトル
・デミオスカイアクティブ
・ミラ イース
・パサート
・Cクラス
・1シリーズ(BMW)
・508(プジョー)
・S60/V60(ボルボ)

この10台の中から
選考委員による投票でイヤーカーが決定し
東京モーターショーで発表されます。
予想としては
・パサート
・デミオスカイアクティブ
・ミラ イース
辺りが選ばれそうな気がします。

ハイブリッドシステムを搭載せず
エンジンの高効率化や小排気量エンジンを加給することで軽量化と低燃費を実現し
ハイブリッドカーと並ぶエコカーとして
選択肢を広げた功績は大きいと思います。
プリウスα?フィットシャトル?
あれは単なるグレードに過ぎないでしょ。


ダイハツ イース

20日から発売したダイハツ ミライースは
モーターショーでは2年程前から参考出品され
完成度が高かったので
そのまま発売されると思っていました。

しかし発売されたのは
ミライースというだけあって
ミラをシャープにしたデザインで
4ドア化されて燃費性能だけでなく
実用面も考慮されていると思います。

デミオのスカイアクティブもそうですが
「高効率エンジン=高価」
というのは昔の話で
ハイブリッドカーのような高価なパーツを必要としない為
車両価格を抑えることが可能となっています。
現にミライースは
79万5000円からという価格設定になっています。

365942P1020236
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ