トヨタ博物館

300SL

跳ね上げ式の ドア を
世間一般では "ガルウイング" と呼ばれていますが
実は ガルウイング は地面から垂直に展開する ドア のことで
例えば画像の 300SL のような ドア の事を指します。

300SL は ガルウイング を世界で初めて採用した意欲作で
1954 年から 3 年しか生産されず
その後は オープン の ロードスター として
1963 年まで生産が続けられました。

トヨタ博物館 に展示されているのは 1955 年製で
敗戦から僅か 10 年で
ここまで工業力が回復した事に衝撃を受ける 1 台となっています。

DSC_6760


LS400

1989〜94 年に掛けて生産された初代 LS は
トヨタ が高級車 ブランド へ打って出る為に設計した意欲作で
現在生産されている モデル は 5 世代目になります。

この初代の成功があったからこそ
現在まで レクサスブランド が続いているので
功労者として トヨタ博物館 だけでなく
トヨタ産業技術記念館 などでも展示されています。

機械面では 4 速 AT を採用しているなど
若干時代を感じるものの
しかし今でも軽自動車の AT と比べたら格段に
滑らかに変速するんでしょうね。
ちなみに現行型は 10 速 AT となっています。

DSC_6815

モーガン

英国の自動車 メーカー で
今も経営者が変わらず生産が続けられているのは
モーガン くらいだと思います。

モーガン は今でも フレーム の一部に木材を使うなど
独自路線を進んでいる訳ですが
1910 年に自動車業界に参入した当時生産していたのが
この 3ホイラー の エアロ でした。
その後 1936 年から 4 輪へ移行し
現在に至るまで基本設計が当時のまま生産が続けられています。

ただ エンジン は ローバー 倒産するなど何度か変更され
現在販売されている モデル には
英国 フォード の V6エンジン が搭載されています。
所で 3ホイラー ですが 2011 年から復活し
当時と変わらない デザイン で販売されています。

DSC_6739DSC_6740

クラシックカー

クラシックカー の レストア には
オリジナル を忠実に再現する方法と
オリジナル を活かしつつ
中身は現在の パーツ で構成する方法の
二種類があります。

前者から言わせれば後者は邪道だそうですが
メンテナンス が楽で手軽に クラシックカー の雰囲気が楽しめる点で
個人的には後者を選びたくなります。

しかし トヨタ の 2000GT を例に出すと
生産台数が少なく
ボロボロ の車両でも高額で取引されている現状では
欲しくても手が出せない代物となっています。

そこで第三の方法として登場したのが キットカー です。
ベース となる車両は様々で
ロードスター を ベース に制作された車両は
2 台しか制作されなかった オープン 仕様を
見事に再現しています。




トヨタAA型

トヨタ 自動車が
本格的に自動車の量産を開始したのは
1936 年に登場した AA 型からで
1943 年までに 1404 台が生産されました。

トヨタ 博物館では実車が展示されていますが
実は オリジナル の AA 型ではなく
トヨタテクノクラフト が 1986 年に製作した復刻版です。
当時と同じ方法で製作したにも関わらず
加工精度や素材自体の性能が向上しており
オリジナル よりも性能が アップ しているそうです。

所で世界の タミヤ から
AA 型が リリース される事になりました。
3Dスキャニング により
流線型の ボディー が忠実に再現されており
おまけに ドライバー まで付属しています。
廃版になった自動車を身近で楽しむのも
模型の楽しみの一つですね〜♪

01__309
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ