パナソニック

雷門

最近は足場を覆う幕も景観に溶け込むよう工夫されていて
雷門でも雷門が プリント された幕が張られています。

まあ工事中で残念な事には変わり無いのですが
それでも次の工事はいつになるか解らないので
これはこれで貴重な物だと納得しておきます。

ちなみに現在の雷門は 1960 年に松下幸之助氏が寄進した物で
提灯は 10 年ごとに新調されています。

雷門


東福寺 陸橋

東福寺駅から徒歩 5 分くらいの所にある
陸橋から撮影してみました。

残念ながら金網越の撮影となり
少し工夫が必要なのですが
今回は FZ1000 の最大望遠である
400mm で撮影してみました。

上から直線を走るのを撮ると
ヘビ のように ウネウネ する様子がより解り
良い感じですね〜。

P1030886


VAIO フォン

一瞬だけ話題になった VAIOフォン ですが
どうやら パナソニック からの OEM だそうです。
厳密に言うと
台湾の EMSメーカー が生産した パナソニックブランド の
OEM です。

基本的に PC と同じで
OS が共通の アンドロイド なので
OEM だろうが何だろうが
どの メーカー の製品でも大して差はありません・・・。

今回の VAIOフォン は低価格での展開なので
OEM は仕方ない反面
付加価値を追求して自社生産した所で
その高級機は採算 ライン に乗るのか微妙な所です。
余談ですが
パナソニック では 3 万で販売されているのが
VAIO の ロゴ に変わった途端
2 万円も高くなるそうです。

1d9b3085

タフパッド

パナソニック から
法人向けの新型 スマートフォン が リリース されました。

同社は法人向けに特化した タフシリーズ を多数 リリース し
今回 リリース された製品も
防塵/防水だけでなく
MILスペック 順守の耐衝撃性能を備え
内臓された ヒーター により
-20℃ の環境でも使用可能となっています。

流石にそれらの性能を有するだけあって
5インチ でありながら横綱級の
165×87×31-430g となっています。
MILスペック・・・ と言われると一瞬心が動くのですが
値段以上に寸法を考えると
諦めた方が良さそうです・・・。

79621_1287_713d08ccb0b6aeeeefffdad1333e0c30

電池ケース

サンワサプライ の ケース は
クリアー と ブルー があるので
充電済:ブルー
使用済: クリアー
と言う風に使い分けています。

一方 パナソニック の ケース は
クリアー しか無く
使い分けには不向きなのですが
単三/四両方に対応している点が評価出来ます。

また大きさも サンワ の ケース とほぼ同じで
使い分けの方も
印を付ければ何とかなりそうです。

P1050800P1050799

エボルタ×プラレールチャレンジ

今週末
エボルタ で ギネス に挑戦する イベント が
東京都北区立滝野川第七小学校で行われました。

告知 CM が流れていたので
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
閉校に伴う最後の思い出作りとして
全校生徒 41 人が参加しました。

挑戦内容は
単 3 エボルタ 1 本で
"約 5Km の プラレールコース を何分で走破出来るか!"
又は
"最後まで走りきれるか!"
という物で
結果は 5.608Km を 4時間25分34秒 で走破し
ギネス に認定されました。

131214evolta_realtime_17_1H8A0442


Video streaming by Ustream

エネループ

エネループ が出た当時は
充電せずにすぐに使えると言いながら
それでも
残量が無くなれば充電しなければならず
その上充電中の時を考えて
もう 1セット 用意しなければならないなど
コスト 面なども含めて面倒臭いと考えていました。

しかし店頭価格が下がり
数 セット 導入すると
いちいち乾電池を買いに行くの手間が面倒となり
今では エネループ を使うのが日常となりました。

エネループ の ラインナップ は
プロ / プラス / ライト の 3 種類が基本で
その他に プラス の パッケージデザイン を変更した
限定 モデル から構成されています。

ちなみに プロ は
容量が 30% 拡大されており( 2450mAh )
カメラ の フラッシュ や LEDライト などの
長時間稼動させたい多種多様な機器に最適となっています。
私も今回 プロ を購入してみました。

P1040525

AT9941

先日購入した HC-V700M に
オーディオテクニカ の AT9941 を購入しました。
取付けは簡単で
カメラ 付属の シュー にはめ込み
マイク から伸びている ケーブル を カメラ に接続するだけです。

購入を決めた理由は
やはり風切音の低減で
レビュー 動画を観ている限りでは
かなり期待できそうです。

マイク を購入したので
後は ワイコン ですね。
これは モーターショー などで威力を発揮してくれるので
早々に購入したいと思います。

DSC_2887


白物家電

日経リサーチの調査によると
白物家電を選ぶ際
国内メーカーにこだわる割合が85%に達し
国内メーカーのブランド力が残っている結果となりました。

しかし
「こだわらない」14.2%
「価格」7.6%
など今後の先行きを示唆する部分もあり
サンヨーの家電部門を買収したハイアールの本格進出など
黒物家電の様に衰退していく可能性をはらんでいます。

そもそも
「白物家電」「黒物家電」と分けている時点で
時代の流れに取り残されているのかも知れません。

IMG

新装開店

近所のジョーシンが22日に今年2回目の新装開店します。
年に数回新装開店するなんてパチンコ屋みたいですが
競争激化により開店セールなどの客寄せがないと
集客が厳しくなっているのでしょう。

事前に届いたハガキによると
  • シャープ アクオス 40型 ¥50000
  • 東芝 ダイナブック ¥49800
  • エプソン 複合プリンタ ¥5800
  • パナソニック ブルーレイレコーダー ¥34800
となっています。

型落ちや台数限定ではあるものの
2〜3年前までは
数万円〜数十万円した製品ばかりです。
パナソニックがテレビ事業を縮小するなど
その原因の一端が
こういう所から読み取ることが出来ますね。

P1020867

グローバル競争

海外企業に買収されることに対して
悲観的になることは
これからのグローバル競争時代に反すると言われています。
しかしパナソニックが行った
サンヨーの家電事業(冷蔵庫/洗濯機事業部、東南アジアの販売網)売却は
悲観的になりました。

サンヨーがハイアールと提携した当時(2002年)
ハイアールの品質はサンヨーに対して10年ほど遅れていたのが
今となっては同等の品質となり
遂には親会社となってしまいました。

世界に目を向けると
IBM(PC部門) → レノボ
MGローバー → 南京汽車
TCL    → 仏トムソン
など
かつて圧倒的な力を誇ったブランドが
軒並み中国企業に買収されています。

売却することで身軽になり
経営資源を集中して競争力を高められる反面
低価格で高品質な製品を
ブランド力で販売攻勢を掛けられれば
これまで以上に競争が激化するのではないでしょうか?

3

バッテリー交換

容量が落ちていたバッテリーを交換しました。
今回使用したのはパナソニックのカオスです。
ボッシュにしても良かったんですが
信頼の日本製であることと
日本メーカーが国内生産した製品を買って
低迷している個人消費を盛り上げようと
これに決めました。

このバッテリーは高性能バッテリーに分類され
軽量化しつつ大容量であったり
カーオーディオの音質を改善したりと
付加価値の高い製品となっています。

交換してその効果が体感できたのは
AMラジオのノイズが
ほぼ無くなったことです。
まあ容量が落ちていたのでノイズが出ていたのかも知れませんが
目に見える効果を体感できました。







訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ