ビキニカウル

SV650X

国産 Vツイン と言えば
マグナ や VT
グラディウス や ドラッグスター
SV・・・ など層の厚い エンジン だったんですが
排 ガス 規制の煽りを受けて
現在生産されているのは SV のみとなっています。

その SV の派生 モデル として発表されたのが SV650X です。
現行 モデル を ベース に セパハン に ビキニカウル
タックロールシート など メーカーチューン の
カフェレーサー 仕様となっています。

SV は 650cc で大型になるので
400cc までの中型枠で
Vツイン を復活させて欲しいですね〜。

DSC_5813

カーボンラッピング (続)

カーボンフィルム を貼る動画で
ハンドル 周りがどうなっているのかと言う質問があったので
解説も含めて記事にしてみました。

ハンドル 周りは
カウル があってあまり見えないので
ある程度の大きさに切って重ね貼りしています。

真横から見た限りでは
フレーム の元色である赤色は見えないのですが
フレーム 正面である カウル の裏側は
少し赤い部分が残っています。
この辺りは部分的に貼り直す時に貼れたら貼ろうと思います。

VTRVTR 250VTR 250

シートカウル

アンダーカウル を黒にしたので
どうしてもそこだけ浮いて見えるような気がするので
シートカウル と ビキニカウル も黒くしてみました。

シートカウル は ヤフオク で落札し
ビキニカウル は缶 スプレー で塗装しました。

やりだすと切りが無いのですが
しかし黒で合わせると全体的に締まって見えますね。

DSC_0681


ビキニカウル

ネイキッド の宿命として
高速走行時の走行風がきつかったので
ビキニカウル を付けてみました。

今回購入したのは
4000 円で売られている汎用品で
期待していなかったものの意外にもぴったりでした。
しかし裏側は無塗装で素材丸出しの値段相応だったので
下地処理をして艶消し ブラック で塗装しました。
ボディー と同色の パールホワイト も考えたんですが
やはり計器周りは ブラック の方が良いですね。

取付けは
ライトユニット と共締めする形になるので
スペーサー が セット になった ボルトセット も
一緒に購入しました。
スペーサー を樹脂で自作する人もいますが
加工などの手間を考えたら
ボルトセット を購入した方が早いように思います。

それで カウル を付けて変わったのか?
流石に フルカウル には負けますが
それでも首から胸に掛けての走行風が緩和され
少しは楽になした。

DSC02183

VTR250VTR250VTR250

VTR250VTR250VTR250
訪問者数
  • 累計:

Archives
QRコード
QRコード
YouTubeアーカイブス
  • ライブドアブログ